2014年09月24日

ディナーショーのメニュー


ロンドンのホテルで、ビートルズのトリビュートバンド、

Counterreit Beatles を迎えてのディナーショー...

メニューをいってみます。

まずは最初の 30 分の演奏の後、前菜は、

Halibut Sashimi with keta caviar
おひょうの刺身 いくらを添えて

CIMG4054.jpg



ここで完全イギリス料理でお刺身が出てくるとは...ぴかぴか(新しい)

決して日本人を意識した料理ではなく、ごくごく普通のメニューなんですよ。

お醤油ではなかったけど、いくらの塩味でさっぱりといただきましたわーい(嬉しい顔)

その後のメインは、

Monkfish osso bucco, saffron risotto, red wine sauce
アンコウの煮込み サフランリゾットと赤ワインソース

CIMG4056.jpg



アンコウはもうちょっと味濃くても良かったかな...なんて思ったけど。

リゾットがちょうどいい塩梅でおいしかっただけに、ちょっとぼやけたかな...ってのが僕の感想でした。

ま、噛みしめてたら徐々に味わい深くはなってきたんですが、そしたらリゾットの方がちょっと強く感じてきたんですよね...

ま、プロの味付けにどうのこうの言うのもお門違いですが...

でも、サフランリゾット、赤ワインソースで煮込むんではなくって、後からかけてあるがゆえに、それほどしつこくなくいただけたのかな?

というわけで、ここまで食べて、またまたコンサート。

そして 30 分後、デザートの登場わーい(嬉しい顔)るんるん

Exotic fruit ravioli with coconut ice-cream
エキゾチックフルーツラヴィオリとココナッツアイスクリーム...

って、訳、そのまんまやん

CIMG4065.jpg



ラヴィオリって言うくらいなので、パイ生地のようなものにフルーツが入っているのかなと思ったら、写真の右側で、ムースのようなものの中にフルーツが入っていたんですね。

出てきて、エッって思って、食べてみて、ホーって思えるような... ( どんなんやねん ) そんなデザートでしたわーい(嬉しい顔)


今回の旅で、リヴァプール、ロンドンとたくさんのレストラン行って来たんですが、あらかじめ予約をとってくれていたところ、自分たちで探したところ...
いずれもとってもおいしくいただけましたわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)

イギリス料理は、またはイギリスの料理はまずいなんて言ってる人、かなり多いんですが、ほとんどの人たちは、イギリスに行ったことない人たちなのかな?

もしくはおいしいレストランで食べてない人たちですね。

ちゃんとおいしいところ、たくさんあるんですよ。

ま、はずす確率の方が高いかもしれませんがく〜(落胆した顔) が、
イギリス料理がまずいってのは過去の話ですね。

でも、格式があっても伝統的なお店に行ったら...

味も伝統的だと思いますが...


にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村


  





posted by まいど! at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イギリスの食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック