2014年11月08日

ピラン.....海沿いの街


トリュフ料理を堪能した後は、山を下って海沿いの街ピランへ。

CIMG4367.jpg



イストラ半島の北に位置していて、人口は約 18,000 人。

海沿いにはヨットもたくさんとまっていましたよわーい(嬉しい顔)

CIMG4360.jpg



13 世紀からベネツィア共和国に支配され、その時の建物群もたくさん残っています。

こちらは町の中心地、タルティーニ広場

CIMG4362.jpg



時計のついた鐘楼がなんとなくベネツィアのサンマルコ寺院の面影がありますかね。

18 世紀の作曲家でバイオリニストでもあった、ジュセッペ・タルティーニこちらピランの出身だったそうで、そこからこの広場の名前がつけられていますが、彼の生誕 200 年記念の 1892 年に彼の像を作ることが決められ、1896 年に右側にちょこっと見えると思うけど、そこに建てられたそうです。

鐘楼の下の赤っぽい建物も、なんとなくベネツィアの建物の感じがしますが、
ここはお塩を売ってるお店です。

CIMG4366.jpg



ピランは塩田があって、今でも塩が重要な産業になっています。

旧市街からちょっと離れたところにある、700 年前から昔ながらの方法で作られているセチョヴィリエ塩田は、1993 年からラムサール条約によって国際的に保護され、また 2001 年からはスロベニア政府からも自然公園に認定された塩田です。

そこでとれた塩を売っているお店 Solnce

中は塩製品がいっぱいるんるん
るんるんるんるんCIMG4363.jpg

CIMG4364.jpg



特にこちらに山積みになってるけど、完全天日干しの塩の結晶、フラワー・ソルトは逸品ですね。

CIMG4365.jpg



煮込み料理になんか使うのはもったいない、最後の最後に振りかける、素材のうまみを最高に引きだす塩として使うのがいいです。

お吸い物に最後の調整として使うのもいいですね。

で、このお店には塩入りチョコレートも売っていますが、これもなかなかいいですよ。

カカオ含有率が高く、ビタータイプのチョコでいいお土産になりますよ。

なんとなく塩味がする、そんなに甘くないちょこです。

この日はこの広場でなんかのイベントをやっていたんですが、近づいてみると、
市長さんの選挙運動をやっていました。

こちらがスロベニア初の黒人の市長さん。

IMG_7341.jpg



帆立貝を無料配布していますが、いいのかな?
こんなことして...

ま、我々は選挙権がないので、ありがたく頂きましたがわーい(嬉しい顔)


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村


   





posted by まいど! at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スロベニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック