2015年01月10日

ロンドンにもできた一風堂


今回イギリスに行く前にニュースを見ていて、ぜひとも行ってみたかったんですよわーい(嬉しい顔)手(チョキ)

ここ 3 ヶ月で、東京ニューヨーク機内と食べて、次はロンドンわーい(嬉しい顔)

ということで、行ってきました手(チョキ)

IMG_8482.jpg

IMG_8486.jpg



ロンドン在住のブログ仲間とともにるんるん

ガラス張りのモダンな建物で、中は相変わらず、白と赤のどんぶりのディスプレイ。

IMG_8483.jpg



これはイメージカラーであるとともに、こだわりですね。

僕もなかなか時間がなくって、17:00 オープンのちょっと前に到着して、外観の写真を撮って、それからオープンとほぼ同時に入ってみました。

ロンドンではここんところラーメンブームで、それまでも日本のラーメン店はあったのですが、どれもいまいち感が...

ところが、2012 年に、大阪・堺に本店を持つ塩ラーメン 「 龍旗信 」 が 「 麺屋一点張 」 という屋号でピカデリーサーカス近辺に出店。

その後、ロンドン三越 ( 現在は閉店 ) が館内レストランにラーメンコーナーを設けたり、「 昇竜 」 「 Tonkotsu 」 「 ボーン・ダディーズ 」 「 cocolo 」 などといった本格派豚骨ラーメン店が次々と出店。

2014 年 9 月には、福岡の行列店 「 金田屋 」 がオープン。

そしてそのまん前に、一風堂のロンドン店が 10/10 にグランドオープンしました。

今やロンドンでラーメンと言ったら、もう福岡スタイルの豚骨ラーメンのことを指すようですよ。

まるで福岡ですね。

そんなこんなで、注文してみましたわーい(嬉しい顔)るんるん

メニューには当然、赤丸新味白丸元味をはじめとし、
ニューヨークで評判の、平田バンズや、
ロンドン特有の、ベジタリアン向けラーメン
そして、フィッシュアンドチップスまでありました。

ちなみに、フィッシュアンドチップス、わさびタルタルソースで...って書いてあったのでとても気になったのですが...

というわけで、やはり今まで食べ続けてきた 赤丸新味 £11 を注文。

IMG_8493.jpg



はい、見た目は同じような感じですねわーい(嬉しい顔)

ニューヨークのもの東京のものと比べてみてくださいわーい(嬉しい顔)

見た目はあまり変わらないかな...

ニューヨークのものは、安定供給ができたいためもやしを入れずにキャベツを代わりに入れているとかあったのですが、ロンドンのものはもやしがしっかり入っていました。

レンゲも、ニューヨークと同じく外人スタイルなのかな?
ちょっと大きめのものを使用。

スープの味とか比べたんですが...

ううん...

わからん...わーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

麺は同じく細麺で。

IMG_8504.jpg



というわけで、ロンドンの一風堂も制覇 わーい(嬉しい顔)るんるん

ちなみにお値段は、日本円で今のレートで、一杯 ¥2,000 くらいがく〜(落胆した顔)

高いかなとは思うんですが、これ、ロンドンの物価が日本に比べてとっても高いんですよね。

地下鉄初乗り ¥1,000 とか、
マクドナルドのビックマックセットが ¥780 とか。

それを考えたら、ま、妥当な線なのかな?

一風堂...後はアジア諸国とオーストラリア...

まだまだ世界制覇には程遠いですね。


お店
名前 : IPPUUDO LONDON
住所 : Central Saint Giles, WC2H 8AG London
予約不可
営業時間 : 11:00 〜 15:00 / 17:00 〜 22:30 【 月 〜 金 】
       12:00 〜 22:30 【 土・日曜 】
年中無休
ただし、クリスマス、年末・年始は休業日または短縮営業日あり。
URL  :
 http://www.ippudo.co.uk/


ニューヨークに続き、ロンドンの SOHO エリアに出店した一風堂。
豚骨ラーメンブームにわくロンドンで、本格的なラーメンはしばらく人気が続くと思います。
ラーメンだけではなく、日本にも無いメニューやロンドン特別メニューも充実しています。
おつまみ、お酒もあるので、ラーメンだけではなくって日本の居酒屋のような使い方もできます。
ただし、そのような注文をするとかなり高額になってしまいますよ。



にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村


  





posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック