2015年01月12日

ロンドンの新旧建築物を3つ


ロンドンの象徴的な建築物といえば、まずはこれですねぴかぴか(新しい)

IMG_8450.jpg



はい、これ。

たまに、ロンドン橋と間違える人がいるんですが、こちらはタワーブリッジです。

1886 年に着工され、1894 年に完成しました。

大きな船が通るときには真ん中が上に上がるという橋で、現在でもたまーーに開閉しますよ。

橋の長さは 224m。

二つの塔の高さは 65m。

上部の通路も展示室を兼ねて通行できるようになっていますよ。

そしてその近くにあるこのひときわ高い建物は、The Shard ( ザ・シャード )

IMG_8451.jpg



2008 年 9 月に着工し、2012 年に完成。

87 階建で高さ 310m の建物は EU で一番高い建物だそうです手(チョキ)

建築設計は、パリのポンピドゥー・センターや関西国際空港旅客ターミナルビルで知られる、イタリア人建築家レンゾ・ピアノ氏です。

なんか上の方が中途半端っぽく見えますが、これで完成なんだそうな。

シャード = かけら

という意味で、てっぺんのところがかけらっぽくなってるのかわからないけど、ちょっと上の方、詳しく見てみたいですね。

オフィスやレストラン、シャングリラホテルやマンションなんかが入ってます。

ロンドンの現代を象徴する建物ですね。

そしても一つは、これまたロンドンといえば...的な建物

IMG_8507.jpg



国会議事堂とビッグベンですね。

正式な名称は、ウエストミンスター宮殿

そして、時計塔は、クロックタワーと呼ばれていたんですが、エリザベス女王在位 60 周年を記念して、
エリザベスタワーと名称変更されました。

でも、まぁ、世界中のほとんどの人が、ビッグベンと言ったら通じるし、逆にエリザベスタワーといってもわからないから、ま、いっか。

1859 年に完成した 96.3m の塔の中には、高さ 2.2m、直径 2.9m、重さ 13.5t の鐘が入っています。

15 分ごとに時を告げるんですが、毎日正午の音は、学校の授業開始のチャイムでもおなじみの音階です。

こちらから聞いてみてね。


というわけで、新・旧のロンドンの建物3つを紹介してみました。

まだまだ沢山の名所旧跡のあるロンドン、とても楽しいですよ。


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村


  






posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック