2015年01月31日

ジャングルの子供達と触れ合い


午後は、ジャングルの中にある村の一つ、ワラシー村に上陸。

ここで、ジャングルに住む人たちの生活を見学

例えば、ユッカの収穫や調理の仕方とか、サトウキビの搾る作業とか、これまた熱帯地方のフルーツ、カムカムのジュース...を発酵させてお酒を作って、それを味見させてもらったりとかるんるん

こちらは島の一角にあった、稲作農場

IMG_0931.jpg



そんなのを見た後、村の小学校に行って子供たちとの触れ合い

IMG_0933.jpg



ガイドのジョージさんが、地元のスペイン語と英語で仕切ってくれて、お互いの自己紹介や、歌を歌ったりと。

我々はみんなで 「 カエルの唄 」 の輪唱をしましたよわーい(嬉しい顔)るんるん

そして、寄付する品物を皆さんで渡しました手(チョキ)

AQUA はボランティアで、ジャングルの環境保護や密猟者の排除などのほか、ジャングルに住む方々の医療補助や子供たちの教育のお手伝いなどをしています。

その一環として、乗客にジャングル地方の小学生たちに何かしら持ってきてくれたらありがたいと。

ほんと、何でもいいんですよ。

我々は、よくキャンペーンで配ってるボールペンとか、使わないノートとか、ちょっとした文房具、子供服、ハンガーなど、いろいろ持って行きましたよ。

IMG_0937.jpg



この日は、23 人ほどのお出迎えで、みんなで交流。

楽しかったです...わーい(嬉しい顔)るんるん


にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村


  






posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ペルー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック