2015年02月26日

シャンパーニュに行って夕食


シャンパーニュ地方の中心都市、ランスに到着してこの日の夕食はホテルからバスで 15 分ほど移動。

CHÂTEAU LES CRAYÈRES というホテルの中というか同じ敷地内の庭園内にあるブラッセリー、

Le Jardin で。

同じホテル内には、Le PARC という、こちらはミシュラン星付きのレストランがあるんですが、こちらはそこのセカンドラインというか、カジュアルブランド。

といっても、
超高級ホテルの超高級レストランのブラッセリーバージョンなので、それは期待できますねわーい(嬉しい顔)るんるん

店内はこちらも直線モノトーンが基本仕様ぴかぴか(新しい)

CIMG4713.jpg



落ち着いた感じですね。

で、この日のメニューに対して飲み物は、全てシャンペンが付いていますわーい(嬉しい顔)バー手(チョキ)

まずはアミューズ

CIMG4714.jpg



茶碗蒸しのように見えますがわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)、これチーズケーキのようなお料理でした。

もちろんお食事前なので全然甘くはなく、チーズの濃厚さと、さっぱり感が全面に出ていました。

そしてシャンパンを飲みながら、まずは前菜。

Saumon fumé à Mardeuil servi mi cuit, pomme de terre et échalote

スモークサーモン マルドゥイユ ( シャンパーニュ ) 風 ミキュイで
じゃがいもとエシャロットをのせて


CIMG4717.jpg



はい、きましたねぇわーい(嬉しい顔)るんるんるんるん

ミキュイ ( 半生状態の調理法 ) ですよ。

なかなか難しい火入れ状態で、最高においしくいただけました。

全体構成の盛り付けはこちらで

CIMG4715.jpg



そしてメインその1

Dos de bar aux poireaux, sauce champagne

スズキのグリルとポロネギを シャンパンソースで

CIMG4718.jpg



見た目濃厚なんですが、ノルマンディーのように生クリームを使ってないので、軽くいただけました。

また、シャンペンにもよく合いましたよ。

お次はメインその2

Ballotine de volaille de Champagne, Farcie de foie gras Caviar d’aubergine

鶏肉のファルシ・フォアグラとナスのピューレを詰めて

CIMG4719.jpg



鶏は胸肉かな。

もも肉ほど脂ののりはないんですが、でもパサパサ感はなくほんと上手に調理されてますねるんるん

多分ナスを使うので、脂をたっぷり使う...
ということでもも肉を使うと脂っこくなりすぎるからかな?

ほんと、おいしくいただけました。

ところで飲み物のシャンペン、写真を撮るの忘れてしまいましたがあせあせ(飛び散る汗)

アペリティフ & アミューズのときに一種類

前菜のサーモンでまたまた一種類

メイン1のスズキ料理でまたまた一種類

メイン2の鶏肉でもう一種類

ということで、4種類のシャンペンを...

本当はグラス一杯ずつだったような気がしましたが、飲みまくりましたねぇ...

10 人ちょっとで、11 本...がく〜(落胆した顔)

堪能しましたわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

最後のデザートは、

Tarte sablé aux raisins et son sorbet

レーズンのタルトサブレ シャーベットとともに

CIMG4720.jpg



こうきたか...わーい(嬉しい顔)

レーズンとリンゴも使ってましたね。

この後コーヒーでしめてこの日のお食事はおしまい。

ごちそうさまでしたわーい(嬉しい顔)手(チョキ)


お店
名前 : Le Jardin ( CHÂTEAU LES CRAYÈRES )
住所 : 64 Boulevard Henry Vasnier, 51100 Reims, France
TEL  : 33 3 26 24 90 00
URL  : 
http://www.lescrayeres.com/#/le-jardin/

ミシュランの星付きシェフ、Philippe Mill のブラッセリーバージョン。
地元の料理をアレンジした作品は、カジュアルではあるがオリジナリティーあふれる料理です。
€ 30 ちょっとからコース料理がいただけるので、パリなんかよりもずっとコストパフォーマンスはいいですよ。



にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村


  





posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | フランスの食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック