2015年04月02日

まずはロッジでお昼ごはん


ロッジの部屋でひと通り荷物を片づけたり、そして少し落ち着いた後、時間も時間なのでまずは本館のレストランでお昼レストランるんるん

こんなインドのジャングルでどんなお食事が食べられるのかな...

ここは、イギリス人やアメリカ人などのお金持ちがよく宿泊されるということもあって、レストランはしっかりしているんですよ手(チョキ)

本日のランチはこんな感じで。

IMG_1316.jpg



必ずと言って、インドのレストランでは、
通常の料理ベジタリアンの料理と両方あるのが特徴ですね。

インドの方々のベジタリアン率はとっても高いんですよ。

ま、宗教とか生活風習とかいろいろとあるんですが、基本的にベジタリアンの方々は、

生きている動物はダメ

ということで、肉・魚はもちろん、なんかも NG です。

でも、ミルクチーズなどはもともと生きてない、というか殺してないから大丈夫なんですよ。

これがもっともっと厳しい人になると、土の中のものもダメとか...

ショウガ、にんじんなどの根菜類もね。

なので、ベジタリアンの方々もおっしゃってましたが、決して健康にいいわけではないんです。

めちゃ偏食になるので...

やっぱり何でも食べられるってのがいいですねぴかぴか(新しい)

わりとインドでも上流階級の方々はベジタリアン率は高いそうです。

ちなみに今回のガイドさんもベジタリアンの方だったのですが、ま、両親がベジタリアンだったら、生まれてくる子供は、肉類なんかは食べモノではない...って認識になるので、食べようともしないみたいですよね。

でも、一部の人たちはいわゆる悪友にそそのかされて肉や魚なんか食べてみて、おいしいと認識して、親に内緒で食べたりしている人たちもいるみたいですよ。

ま、そんなこんなで、ランチは一部チョイスになっていて、僕は特にベジタリアンでも何でもない、
雑食系男子なので、食べたいものを食べていますわーい(嬉しい顔)

まずはスープは、ローストパンプキンスープ

IMG_1317.jpg



そして前菜が、すいかのサラダ バルサミコソースをかけて

IMG_1318.jpg



すいかをこんな風に出してくるのはびっくりしましたね。

すいかの味とバルサミコの味があいまって...複雑でした。

ちなみに上にのっかってるのは、カテージチーズとアーモンドのスライス。

これも一緒に食べるとますます複雑な味わいに...

そしてメインがチョイスで、僕は

フライパンでローストしたチキンとキャベツの炒め物 ザクロのソースで

IMG_1319.jpg



ちょい甘ソースとチキンのグリルの相性は、なかなか良かったですよ。

どことなくカレーの風味も効いていましたるんるん

ちなみにインドでは肉と言えばほとんどが鶏肉になります。

インド人、14 億人のほとんど全部と言っていいくらいの人達は牛肉を食べないし、半分以上のにとたちも豚肉は食べないし...

ということで、羊・ヤギ、そして鶏肉がメインに食べられることになります。

一番鶏肉が手軽ですからね。

そんなわけで、インドから帰ってきた我々の仲間は、

日本に帰ってきて何が食べたい?

って聞いたら、ま、寿司とか刺身とかの生ものもあるんですが、肉食いたい...という回答もかなり多いですよ。

牛肉...ね。

焼肉屋とか...結構行きます。

そんな話は置いといて..

次はデザートで、

チョコレートタルト

IMG_1320.jpg



というわけで、ゆっくりお食事をいただいた後、またまた部屋に戻って、少しゆっくりして、午後のサファリの出発の準備をしました。


にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村


  





posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | インドの食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック