2015年04月18日

ムンバイの最高級ホテルで夕食 & 宿泊


アウランガバードから飛行機でムンバイまで、1 時間 40 分ほど。

CIMG5118.jpg



アウランガバードの空港は結構混んでいたけど、ま、スムーズにチェックインできてムンバイに予定通り...というより若干早く到着したんですが、そこからホテルまでが大渋滞がく〜(落胆した顔)

CIMG5121.jpg



結局、2 時間 30 ほどかかってしまいました...たらーっ(汗)

って、飛行機で移動時間より長いやんexclamation

というわけで、ムンバイの宿泊ホテルは、海に面した
ランドマークにもなっているホテル

THE TAJ MAHAL PALACE

まずはチェックイン。

お部屋は、

CIMG5130.jpg

CIMG5132.jpg

CIMG5131.jpg



クラシカルでいいでしょ?

こちらは旧館のパレス棟です。

このホテルは、現在でもインドの大財閥で、タタグループの創始者である、ジャムセットジ・タタがムンバイの超高級ホテル、ワトソンズホテルに入ろうとしたところ、そのホテルは白人専用なので、インドの方はちょっと...
と言って断られたそうな。

そこで、そしたら自分で超高級ホテルを建てたら誰にも文句は言われないんとちゃうん

ということで建てたホテルがここ、タージ・マハールホテルですぴかぴか(新しい)

それ以来、ムンバイを訪れる各国の政治家・王侯貴族・有名人たちがよく宿泊するようになりました。

このホテル、2008 年 11 月 26 日 に起きたテロで制圧された時、一部が爆発損傷したことは記憶に新しいですね。

というわけで、この後このホテルのレストランでお食事るんるん

イタリアンを基本としているレストランらしく、そんなメニューがそろっていました。

まずはサラダ

CIMG5124.jpg



って、普通にサラダとか食べていますが、インドで生ものは基本ご法度なんですよね。

衛生上の問題とかいろいろあるんで。

でも、これくらい超高級ホテルだったら全く問題ないですよ手(チョキ)

日本やヨーロッパにいるのとほとんど変わらない環境で滞在できますからねぴかぴか(新しい)

で、次のメインは、チョイスだったんですが、僕はリゾットを。

CIMG5125.jpg



チーズリゾットの上に、チェリートマトとモッツァレラチーズが載っていて、これまたとてもおいしかったですわーい(嬉しい顔)るんるん

そしてデザートはものすごくお洒落に持ってきてくれたこちら。

CIMG5127.jpg



はい、おいしくいただけました。

ゆったりとお食事した後、道路をはさんだ向かい側にあるインド門のライトアップを見に行こうとホテルでたら、ものすごい売り子の人だかり...

とりあえずかき分けて近づいたけど、入場制限していて入れなかったので、バリケードの外から撮ってみました。

CIMG5129.jpg



こんな感じで。


にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村


  






posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック