2015年04月19日

ムンバイの有名な観光場所


ムンバイの町を少し廻りました手(チョキ)

って、名所の解説は前回詳しく書いたのでそちらを見ていただくとして...わーい(嬉しい顔)

今回巡ったところもだいたい同じようなところ...

まずは、昨夜中まで入れなかったけど、一応ムンバイの玄関口と言われる海辺に建っている、
インド門

CIMG5134.jpg



そしてそこから見た、タージマハールホテルは定番ですね手(チョキ)

fdfd.jpg



そして、場所を移動して世界遺産である、
チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅

CIMG5137.jpg



前回もそうだったんだけど、今回も強烈な逆光でちょっと撮るのと後の若干の加工、苦労しました...

こちらは、市庁舎でしたよね。

CIMG5141.jpg



そして、インド建国の父とも言われている、マハトマ・ガンディーがムンバイで住んでいた家、
マニ・バワン

CIMG5147.jpg



ムンバイは、19 世紀後半から 20 世紀にかけて、紡績業の中心となっていました。

そこで、イギリスへの抵抗として、この場所で糸をつむいでイギリスの綿製品のボイコットを呼びかけたりもしました。

こちらがガンディーさんの像

CIMG5145.jpg



こちらがガンディーさんたちが使っていたと言われる糸紡ぎ機

CIMG5146.JPG



後はガンディーさんがいろいろな場所で教えを説いた物語が、場面場面の構成で展示してありました。

とても興味深かったですよ。

というわけで、ムンバイの観光を終えてまたまた空港へ移動です。


にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村


  






posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック