2015年04月21日

アレッピーに停泊中の Vrinda 号


アレッピーの港にやってきて停泊中の Vrinda 号に乗船。

乗ってまずはおしぼりのサービスわーい(嬉しい顔)

そして、テラスで船の説明を受けた後、キャビンへ。

CIMG5159.jpg



キャビンは全てダブルベッドルームで、シャワー完備ぴかぴか(新しい)

CIMG5156.jpg

CIMG5158.jpg



こちらは部屋の窓と、テレビ。

CIMG5157.jpg



船は全部で 8 部屋というこじんまりとした船です。

19:00 からケララ州の民族舞踊が船内で行われるという頃なので、それまでちょっと探検しに行きましたわーい(嬉しい顔)

こちらは操舵室。

CIMG5189.jpg


とりあえず撮っておかないとねわーい(嬉しい顔)るんるん

そして屋上のテラス。

CIMG5160.jpg



四角いパネルのようなものには水が入っていて、強烈な太陽の光で温水を作っているそうですよ。

停泊しているところの景色。

CIMG5161.jpg



ここ南インドのケララ州...ケララって意味は、ヤシの生えた場所って意味だそうです。

ちょっと曇っていたけど、水辺とヤシの木、いい感じですねるんるん

翌日からはそのあたりをクルーズするので、楽しみですわーい(嬉しい顔)

というわけでまた船内に戻って、こちらがダイニングルーム

CIMG5162.jpg



ショーの準備中でした。

というわけで、時間になってショーのスタート。

こちらは音楽を奏でる人たち。

CIMG5164.jpg



そしてダンスの始まりるんるんるんるんるんるん

CIMG5165.jpg

CIMG5168.jpg



ケララ州の伝統的な宗教舞踊で、カターカリ・ダンスと呼ばれています。

一応、踊り手さんが英語で解説してくれたのによると、王子様とお姫様の出会いと恋の物語だったそうです。

でも...

よくわかんなかった...ふらふら

一緒にいたイギリス人のご夫婦に、さっきの解説、なんて言っていたのか聞いてみたら、彼らも全然わからなかったらしい...

話ししてたら、まだ僕の方が少しは理解できていたかも...

でも、ま、顔の筋肉から指先の動きまで細かく表現していて、
なんとなくの解説でも十分思いは伝わってきましたよ。

というわけで、40 分ほどのショーの後一旦退出して、夕食となりました。


にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村


  






posted by まいど! at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック