2015年07月03日

ホテルで優雅なコルシカ料理


ポルティッシオにあるホテルにチェックインしたあと、
夕食はホテルのメインダイニングでいただきました手(チョキ)

DSC00340.jpg



西・南・北の三方がガラス張りの窓だったので、夕食時には西日がものすごかったけど、ま、そのうち落ち着いてゆったりと食事の始まり。

まずは、コルシカのワインを注文して...るんるん

DSC00341.jpg



DOMAINE COMTE PERALDI AJACCIO 2012

地元アジャクシオの AOC ワインですぴかぴか(新しい)

ブドウは、コルシカ固有の品種シアカレロ60%

そして、トスカーナのサンジョベーゼの亜種であるニエルキオ 20%

後は、カリニャンサンソー各 10% ずつといった配合です。

コルシカらしいといえばコルシカらしい、しっかりとした、スパイシーでどっしりとした味わいでしたわーい(嬉しい顔)るんるん

ワインを注文した後はパンが来て...

DSC00343.jpg



アミューズの登場るんるん

DSC00345.jpg



南スペインの夏のお料理、ガスパッチョをアレンジしたものでしたわーい(嬉しい顔)

ここのレストランは、シェフのレジス・ロッシが繰り出す、
地元の食材を使ったオリジナル料理が自慢です手(チョキ)

楽しみですね〜わーい(嬉しい顔)るんるん

伝統的なコルシカ料理を最新技術なんかでかなりアレンジされてますよ。

この日のメニューは、2 種類のチョイスから選べたのですが、まず前菜で、

コルシカ産チーズを使ったリゾット

DSC00347.jpg



コースでいただくんでしたら、これくらいの量がちょうどいいですねぴかぴか(新しい)

チーズの濃厚さ...というよりも香りはしっかりしましたが、わりと軽くいただけましたわーい(嬉しい顔)

そしてメインは、

白身魚 ( 名前忘れた... ) のポワレ 季節の野菜とともに

DSC00350.jpg



ソースが 「 泡 」 になっていて、これもさっぱりといただけました。

あんまり濃厚な...というイメージはなかったですね。

お魚本来の味もしっかりしていましたよ。

最後のデザートは、

チーズケーキ レモン・ライムシャーベットとともに

DSC00352.jpg



そしてコーヒーでしめ喫茶店

DSC00353.jpg



この日もすばらしい料理とサービスを堪能させていただきましたわーい(嬉しい顔)


にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村


  






posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | フランスの食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック