2015年07月30日

ニュイ・サンジョルジュの村


ボーヌから、グラン・クリュ街道 ( Route des Grands Crus ) を北に少し走ったところに、
Nuits-Saint-Georges の村がありますぴかぴか(新しい)

ここは、ブルゴーニュのワイン村の中では、ボーヌの次に大きな村。

といっても村の中心は、200m ほどのメインストリートにいくつかのショップがあるくらい。

観光客向けというより、地元民の、またワイン業者さんのための村という感じですね手(チョキ)

村の中には、ムサン川が流れており、
その北側と南側で全く性格の違ったワインが生産されていますバー

北側は、お隣が特級畑がたくさんある、ヴォーヌ・ロマネ村で、土壌もほぼ同じなのですが、標高が若干高いのと、南東向きの斜面のため、より直射日光を受けるということで、またちょっとニュアンスの違うワインとなるそうです。

南側は、粘土質や小石・礫などを含む土壌となるので、パンチの効いたワインになるそうですよ。

そんなニュイ・サンジョルジュの村の中心がこちら。

CIMG5599.jpg



蔦の絡まった村の教会です。

その反対側には、歩道が広くとられていてテラスが出ていました。

CIMG5597.jpg



観光客の少ない、でもワイン通にとってはこたえられない村ですよわーい(嬉しい顔)手(チョキ)

CIMG5598.jpg



ニュイ・サンジョルジュのワインはいわゆる特級ワイン畑というスター不在なので、なんとなく地味なイメージがありますが、一級畑は非常に多く、全栽培面積の約半分が一級畑という、これまたとんでもない場所です。

品質も、レ・サンジョルジュを始めとして、レ・ヴォクランプルリエレ・ダモドとか特級ワインにも引けをとらないところもたくさんあります。

やっぱりその場所に行くと、そこのワインのことももっともっと詳しく知りたくなりますねわーい(嬉しい顔)手(チョキ)


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村


  





posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック