2015年08月11日

夕食はサヴォワのチーズ三昧


アヌシーの夕食は、みんなで町をぶらぶらと歩いてなんとなく気になったお店に入りました。

L' Etage Restaurant

IMG_0492.jpg



一応、ラクレットが食べたいという声があり、それだったら本物の食べ方...

って言うか、ほとんどのお店は、ラクレットを頼むとジャガイモに溶けたチーズがかかった状態で持ってくる...そんなところが多いんです。

やっぱり、暖炉であぶって...というのはこの時代には無理にしても、
ラクレット用の電熱で溶かしながら食べる...

それでなくっちゃ、雰囲気で無いですよねわーい(嬉しい顔)

一応お店に入るときに、おっちゃんに、

「 ここのラクレット、電熱で溶かして食べるん? 」

って聞いて、

「 Oui 」

という返事をもらってから入店しましたわーい(嬉しい顔)

やっぱりサヴォワ地方の伝統料理をいただこうと、
メニューからサヴォワのハム盛り合わせを。

IMG_0497.jpg



あ、もちろん僕のパターンは、コースメニューであろうが何であろうがみんなでシェアしよう...わーい(嬉しい顔)るんるん

ということで、いろいろなものを少しずつ食べるようなそんな感じですよ。

なので、これもみんなでシェア手(チョキ)

そして、サヴォア地方の郷土料理といえば、チーズ、ポテト、ハム類を使ったものが代表的で、その中でも代表的なのは、こちらのタルティフレットです。

TARTIFLETTE AU REBLOCHON FERMIER 16 €
Salade verte, pommes de terre, lardons, oignons et reblochon fondu


IMG_0496.jpg



一口大に切ったジャガイモをベーコンと玉ねぎで炒め、その上にサヴォア産のロブロッション
( Roblochon ) チーズをたっぷりのっけてオーブンで焼いたもの。

超濃厚グラタンのような感じですが、意外に食べやすいんですよわーい(嬉しい顔)

トローリチーズとジャガイモのコンビネーションぴかぴか(新しい)

このチーズで無いとダメなんですねるんるん

それから、スイスでもおなじみのラクレット...の準備るんるん

RACLETTE AU LAIT CRU DE HAUTE SAVOIE 16 € / pers.
Fromage, pommes de terre, oignons et cornichons


IMG_0494.jpg



こちらは 2 人前だそうです手(チョキ)

で、この上の電熱でチーズを溶かし、溶けてきたところをそぎ落とします。

こんな風にわーい(嬉しい顔)

IMG_0495.jpg



ラクレットって名前はフランス語で、「 削る 」 とか 「 引っかく 」 とかいった意味の動詞から来ています。

この前にも書いたかな?

アルプスの少女ハイジの第 2 話で、

ハイジが山のおじいさん所に行き、そこでおじいさんが木の棒の先にチーズを刺して、暖炉の火であぶってちょっと溶かし、黒パンの上にのせて食べた...

というシーンがありますが、あれがまさにラクレットだという意見が多いみたいですよ。

通常、ラクレットに使うチーズは、その名の通り 「 ラクレット 」 というチーズを使うのが一般的ですが、そのほかにもグリュイエールチーズなんかも使われます。

ハイジのおじいさんところでは、ヤギのチーズを使ってたと思いますよ。

ということで、こんな感じになってきます。

IMG_0493.jpg



かなり食べ応えがありました。

もちろん、チーズ以外にも、サラダやお肉なんかもシェアして、みんなでわいわいとワインを飲みながらおなかいっぱいいただきましたわーい(嬉しい顔)


お店
名前 : RESTAURANT L'ÉTAGE
住所 : 13, rue du Pâquier - 74000 Annecy
TEL  : 04 50 51 03 28
営業時間 : 12:00 〜 14:15 / 19:00 〜 22:30 【 月 〜 土曜日 】
       12:00 〜 14:00 / 19:00 〜 22:00 【 日曜日 】 
URL  :
 http://letageannecy.com/

アヌシーの旧市街と新市街の間辺りにあるレストラン。
いくつかレストランが固まっている一角にある、郷土料理を食べさせてくれる雰囲気のいいお店です。
ちょっぴり落ち着いた感じの店内で、サヴォワ地方の郷土料理を手ごろな価格で、おいしいワインとともにいただけます。



にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村


  
posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | フランスの食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック