2015年09月10日

ヘリコプターでノリス氷河へ


ジュノーもう一つのアトラクションは、ヘリコプターに乗ってジュノー氷河の一部である、ノリス氷河へ向かいます。

といっても天候がいまいち安定せず、ずーっと雨 & 台風

夕方になって、何とかヘリコプターを飛ばしてくれるわーい(嬉しい顔) と言うことで、乗り場まで向かいました。

結構風吹いていて、大丈夫かなぁ...とは思いましたが、ここはアメリカ

ぜぇぇぇったいに大丈夫と言う確信がないと、飛ばないはずですからね。

安心・安心手(チョキ)

と言うわけで、ヘリコプター基地で説明を受けた後、乗り場へるんるん

DSC01192.jpg



だんだん興奮してきましたよ手(チョキ)

だって、生まれてはじめてのヘリコプターに乗りますからねるんるん

シートに座っていよいよ離陸るんるん

DSC01195.jpg



今回のパイロットさんは、チェコの人。

ドブリーデン...( こんにちは ) って言ったら、ものすごく喜んでくれましたよわーい(嬉しい顔)

しばらくするとジュノーの町の上を通過。

DSC01199.jpg



そこから旋回して山手の方へ。

はい、氷河の上を飛び始めました。

DSC01205.jpg



氷河の上まで来ると、低空飛行してくれましたよわーい(嬉しい顔)るんるん

DSC01206.jpg



それでは一部を迫力のある動画で。




出発して 30 分ちょっと飛んで、ジュノー氷河の一部、ノリス氷河の上に到着。

DSC01207.jpg



ここにはアラスカンハスキーの訓練所があり、犬ぞりが体験できます。

我々が近づくと、ワンちゃんたちがワンワンと騒ぎ出しました。

これは、

「 早くそりを引かせろ!!」

って喜んでるんですって。

ちょうどワンちゃんを散歩に連れて行く前にはものすごく喜ぶ...そんな感覚みたいですよ。

でも、犬ぞりに乗るのはちょっと後にして、つい数日前にアラスカンハスキーの子供が生まれたと言うことで、その赤ちゃんを見に行ってきました。

DSC01229.jpg



かわいいですね黒ハート

DSC01233.jpg



アラスカンハスキーは、シベリアンハスキーと違って、犬種ではなく、シベリアンハスキーとハウンド犬などを掛け合わせたものだそうです。

アラスカで毎年 3 月に行われるアイディタロッドっていう超過激なレースを戦うための犬だそうです。

このレース、1049 マイル ( 約 1688km ) と言う距離を走るとっても過激な犬ぞりレースで、8 〜 15 日くらいかけて走破するそうですよ。

そんなワンちゃん、元気に我々を呼んでました。

DSC01234.jpg



約 1 マイルのオーバルコースを走るんですが、これがなかなか楽しかったですよ。

と言うわけで、吹雪の中のヘリコプターと犬ぞり体験ぴかぴか(新しい)

帰りもヘリコプターに乗って...

パイロットさんに分かれるときにもちゃんと、

「 Na shledanou 」( さようなら )
「 Děkuji 」( ありがとう )

て挨拶しましたよわーい(嬉しい顔)

そして、雪に濡れながらも、大興奮でホテルに戻ってきましたわーい(嬉しい顔)


にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村


  






posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック