2015年09月22日

水上飛行機で氷河の上を遊覧飛行


アンカレッジで一泊して翌日は...晴れるんるん

水上飛行機でレイク・クラークにクマさんを見に行くと言うことで、ホテルを朝早く出発して水上飛行機乗り場へるんるん

天気も快晴晴れ でいい感じわーい(嬉しい顔)るんるん

DSC01554.jpg



早速チェックインして、時間が来るまで待機していたら...

なにやらオフィス内が騒がしい様子たらーっ(汗)

「 No Operation... Strong wind...  No landing... 」

と言う単語がちらほら...あせあせ(飛び散る汗)

ヤバイ...がく〜(落胆した顔)

そのうち職員が説明してくれました。

「 今日は西風がとても強く、レイク・クラーク地方には着水できません 」

「 ええっexclamation&question

「 なので、フライトキャンセルです 」

んなこと言われても...ねぇ...もうやだ〜(悲しい顔)

即行で他の水上飛行機会社に問い合わせてみたけど、そちらも当然無理

もうちょっと先の、カトマイ国立公園まで飛べるか聞いてもらったが、
その辺のエリア全体が無理

と言うことで、では何が出来るのか...

アンカレッジ近くの氷河上空の遊覧飛行だったらいけると言うことで、急遽それに変更。

しばらく待って、パイロットの用意が出来たので水上飛行機に乗り込んで...

出発exclamation

遠くにマッキンリーが見えてきたけど、わかるかな?

DSC01556.jpg



遠くにかすんでるように、双子のような山が見えてますが、
左が、フォーレイカー ( 5303m )で、右側のちょっと高いほうが、マッキンリー ( 6168m )

見難いかな?

もうちょっと近づいて...

DSC01568.jpg



うん、これが限界でした...カメラ

そういえば、マッキンリーって山、現地の人たちはデナリ ( 偉大なもの ) と呼んでいたんですが、8 月末にオバマさんがアラスカに来て、正式にこの山のことをデナリと呼ぶように決定したみたいですね。

と言うことで、日本人の間ではよく知られている、マッキンリー...
今度から世界的にデナリという名称に統一されたと言うことですよ。

ま、なんかしっくりこないですけどね。

と言うわけで、マッキンリー...デナリ山を見ながら氷河エリアへ。

DSC01561.jpg

DSC01563.jpg



こちらの山は活火山で、今でも煙が出ていましたよ。

DSC01564.jpg



いい天気でとてもキレイで...

DSC01565.jpg



この辺の景色を動画でどうぞ。




はい、すばらしい景色でするんるん

天気がとてもよくてラッキーでしたぴかぴか(新しい)

DSC01567.jpg



本来だとこの辺りの氷河湖に着水して、下からの眺めも楽しめるんですが、霧がく〜(落胆した顔)

飛行機の中からもはっきりと吹雪いているのがわかるくらいだったので、着水はあきらめて遊覧飛行だけしてアンカレッジの空港に戻りました。

DSC01569.jpg

DSC01570.jpg



ま、マッキンリー...デナリを見られただけでもラッキーだったかなわーい(嬉しい顔)手(チョキ)

それとキレイな雪をかぶった山々もねわーい(嬉しい顔)るんるん


にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村







posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック