2015年09月24日

アンカレッジの夕食はホテルで肉ぅぅ


アンカレッジでの夕食、この前は超人気の地ビールレストランでステーキるんるん

その次は、フェアバンクスの超人気店でプライムリブるんるんるんるん

そして今回は宿泊ホテルで、フィレミニヨンるんるんるんるんるんるん

宿泊ホテルは、Anchorage Marriott Downtown

そこのバンケットルームで。

DSC01601.jpg



狭い個室だと圧迫感あるけど、だだっ広い個室でワンテーブルだと、これはこれでちょっと寂しい感じがしましたたらーっ(汗)

ま、狭いよりいっかわーい(嬉しい顔)

DSC01603.jpg



で、スターターは、チャウダー

IMG_2202.jpg



アメリカらしいと言うか、ボウルになみなみとたっぷり

これにクラッカーをパリパリ割りいれると、混ぜにくくってわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

でもシーフードの香りも具もしっかりでした手(チョキ)

そしていよいよメインのフィレミニヨンぴかぴか(新しい)

IMG_2204.jpg



キタ−−−(°ᗄ°)−−−!!!!

やっぱりフィレミニヨンはこれくらいぶ厚くなくっちゃねるんるん

IMG_2203.jpg



焼き方も、僕後のみのレアで注文ぴかぴか(新しい)

IMG_2205.jpg



フィレ肉なので、脂身は少ないけど、サクっと言うか、ストンというかとてもやわらかく、ほとんど抵抗無く噛めました。

ジューシーなリブ・アイやサーロインとはまた全然違う、食感です。

ちょいパサ系なので、口の中に入れると水分が若干持ってかれる感がしますが、そこで赤ワインが登場ぴかぴか(新しい)

ばっちりですね。

と言うわけで、アメリカの肉は硬くて...パサパサして...ってイメージを持ってる方が多いけれども、ちゃんとしたところでしっかりと食べるとマジおいしいですよ。

日本の A5 ランクのステーキなんかとよく比べる方が多いですが、それは全然別の食べ物

赤みのおいしさ、肉本来の味を堪能できますわーい(嬉しい顔)るんるん

激安ステーキから高級ステーキまで幅広くて飽きないですね。

最後はニューヨークスタイルチーズケーキ

IMG_2206.jpg



アメリカらしからぬ

甘さ控えめ...

甘さ超控えめ...

めちゃ控えめ...

で、日本人の我々もさっぱりといただくことが出来ましたよ。


にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村


  






posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカの食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック