2015年10月23日

ハーフェレカーの展望台より


旧市街を見た後は、最新式のケーブルカー である、フンガーブルクバーンとロープウェイ 2 つを乗り継いで、標高 2334m のハーフェレカーの展望台へと上ってみました。

これら 3 つの乗り物をまとめて、ノルトケッテバーンっていうらしいんですけどね。

市内のケーブルカーの乗り場にやってきたケーブルカー

DSC01724.jpg



とりあえず運転席

DSC01726.jpg



はじめはこんなトンネルを走っていって、途中から地上に出ていいます。

DSC01725.jpg



このケーブルカー、ちっちゃなコンパートメントと言うか 5 つの小さな箱に分かれています。

で、坂になるとその箱が上になったり下になったりで常に水平を保っています。

と言うのは、普通のケーブルカーは斜面を登るか降りるかなので、平行四辺形をしていたらそれで大丈夫なんですが、これは上ったり下ったり、角度が変ったりと色々なので、それでも対応できるようにと考えられたそうです。

ま、どうでもいいことなんですが、乗ってるとなかなか面白いですよ

ケーブルカー終点の標高 860m であるフンガーブルク駅からロープウェイに乗り換えて、高度を上げていくと、眼下の紅葉が見事でした

DSC01728.jpg

DSC01729.jpg



第一のロープウェイ、標高 1905m ゼーグルーベバーンの終点からはちょっと雲が切れてきて、インスブルックの町が見えてきました

DSC01733.jpg



インスブルックは、チロル州の州都でもありオーストリアでも 4 番目に大きな町

でも人口は、約 12 万 4000 人と小さな町です。

DSC01734.jpg



ここが一番賑わうのは、冬場のスキーシーズン みたいですね。

シーズンになると色々なスキー場にシャトルバスが走るので、町からスキー場までもとても楽に行け便利なんだそうです。

と言うわけで、この後ハーフェレカーバーンに乗り換えて頂上まで行ったのですが...

真っ白でした

晴れたらイタリア国境のブレンナー峠まで見渡すことが出来るみたいですよ。

また次回のお楽しみ...かな


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村


  






posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | オーストリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック