2015年10月29日

ハイリゲンブルートの小さな村


チロル地方、続いての村はハイリゲンブルート

ここに行くときに予定していた山岳道路が、まさかの雪 で閉鎖になってしまいました

今年の 「 夏 〜 秋 」 は雪にやられてます...

と言うわけで、本来だとオーストリア最高峰の、グロースグロックナー Groβglockner 3798m を見る予定が見られなくなり、別ルートのリエンツを経由して移動しました。

こちらは予定には無かったリエンツの旧市街

せっかくなのでちょっと立ち寄ってみました

DSC01807.jpg



さて、最終目的のハイリゲンブルートは、山間の谷間にひっそりとたたずむ村

DSC01809.jpg

DSC01810.jpg



ここは 「 聖なるキリストの血 」 と言う意味で、 10 世紀の伝説が村の名前の由来になっています。

村の一番目立つ教会はヴィンツェンツ教会

DSC01814.jpg



伝説によると、コンスタンチノープルから聖血を持ってきたデンマークの騎士が、ビザンチン帝国に帰る途中に雪崩に巻き込まれて遭難したそうな。

後に雪の中から遺体とともに出てきた聖血を祀るために建てられた教会です。

中にある、ミヒャエル・バッハー作の祭壇は見事ですよ

DSC01816.jpg



教会の周りにあるお墓もきれいに飾られていました。

DSC01815.jpg



で、宿泊したホテルは、Landhotel Post

DSC01812.jpg

DSC01817.jpg



シーズン中途半端で、ま、いってみればここしかやってないと言うことでした。

でも、4 つ星のこじんまりとした山小屋風のきれいなホテルでしたよ

ここ、ハイリゲンブルートから見るグロースグロックナーがとってもきれいということなんですが、残念ながらこの日は曇っていてダメ...

峠道が閉鎖されるくらいだから、上の方はかなり吹雪いていたんでしょうね。

翌日は...

heil.JPG



もっと雪でした...


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村


  




posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | オーストリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック