2015年12月14日

ニューヨークの老舗で肉ぅぅ


ニューヨークに来たらやっぱり肉ぅ

というのは、やっぱり
世界中で牛肉の焼き方が一番うまいと思ってるのは、ニューヨークかトスカーナって思ってるんですよね ( 日本はすべてにおいて別格ですよ )

なので、フィレンツェに行ったらぜひともキャニーナを食べたいと思うし、
ニューヨークだったらドライ・エイジング・ビーフを食べたいんですよね。

というわけで、昨年はブルックリンの Peter Luger Steak House でプライムリブを食べたのですが、今回はここ、Gallagher's Steak House に来ました。

昔はなんだかんだでちょこちょこ来ていたのですが、
この前来たら、なんと 廃墟のようになって工事中...

80 年以上続いた名店もお終いなのかな...なんて残念がっていたら、
なんと前の雰囲気を残しながら大改装して再オープンした

いうわけで、行ってみました

CIMG6626.jpg


入り口の熟成肉の冷蔵庫も復活

CIMG6627.jpg



温度も湿度も適正に管理された中で扇風機も回っていました。

CIMG6628.jpg



ここでちょうどよくなるまで熟成させるんですよね

店内も何と無く昔のまま。

CIMG6630.jpg



シンプルなテーブルセッティング。

予約を取っていくような余裕もなかったので、ランチタイムにオープンしてすぐに行ったら、割とすいていてよかったですよ

テーブルセットもシンプル。

CIMG6631.jpg



で、何食べようかな...

メニューを見ると、ランチのお得なメニューには、熟成肉ステーキはなかったので、本チャンのメニューを眺めていました。

ニューヨークだから Porterhouse $49 かな...でもこれは二人前以上からだし。

そしたら、New York Sirloin $49 かな...前に友人が食べていておいしそうだったし。

で、Filet Mignon 10oz $39 は大きさ的にも手ごろだけど、この前食べたらちょっとぱさぱさ系だったし、この日はもっともっとジューシー系が食べたいし...

と思案していたら、ウェイターさんが、

「 リブアイもあるよ 」

といってきました。

大きさは、約 22Ooz って約 625g です

食べられるかなぁ...とちょっと迷ったけど、やっぱりリブアイ $52 にしてみました

付け合わせにほうれん草と。

で、まずはパンが出てきていい匂いがしてきましたが、ちょっと我慢。

CIMG6632.jpg



でしばらくするとお肉登場

CIMG6633.jpg



アメリカでは基本...というか、
どのような焼き方で頼んでも表面はしっかりと焼かれています

でも中は注文通りのレア

CIMG6634.jpg



ちょっと脂分が多めのジューシーな

CIMG6637.jpg



熟成肉の甘味と旨味が口の中にとろけるように

CIMG6638.jpg



最高の味でした

これが日本の A5 とかの霜降りだととてもこんなには食べられませんよね。

油分で気持ち悪くなって...

赤身だから食べられたんですよ。

でも...

もう当分は肉はいらないや


お店
名前 : Gallagher's Steak House
住所 : 228 WEST 52ND STREET NEW YORK, NY 10019
TEL  : 212-586-5000
営業時間 : 11:45 〜 16:00 【 毎日 】
       16:00 〜 23:30 【 月 〜 土 】
       16:00 〜 22:30 【 日曜日 】
URL  :
 http://www.gallaghersnysteakhouse.com/index.php

マンハッタンのミッドタウン、52 ストリートのブロードウェイと 8 番街の間にある老舗ステーキハウス。
道路からも見える入り口の熟成肉庫がトレードマークのステーキ専門店です。
1927 年創業以来、数々の有名人が訪れているお店。
本場の熟成肉ステーキを試されたいのならぜひ行ってみてください。
夜は予約必須ですよ。



Gallagher's Steak House

昼総合点★★★★ 4.5



関連ランキング:ステーキ | ミッドタウン・ウエスト




にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村


  





posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカの食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック