2015年12月22日

日本橋 墨之栄でプチ忘年会


日本橋コレド室町の中にある、日本橋 墨之栄 さんでアラスカでお世話になった方々とのプチ忘年会

今回の僕はゲスト扱い ということで、店の選定から何から何まですべてお任せ 🎶

僕は、食べたいものの注文と ( そうです、コースメニューではなくてアラカルトでした )、写真撮るだけ...

というわけで、お店に到着。

IMG_4321.jpg



コレド室町 1 の 2 階にあって、入り口のガラスの向こうでは炭火でお魚が焼かれていました

なんでも、原始焼きということで、ガスではなくて炭火なんですね。

絶対あれ注文しよう と心に決めて ...テーブルへ。

とてもにぎわっていましたよ

IMG_4319.jpg



まずはビールで乾杯 🍺🍺 した後、お通しがなんと イカの肝焼き

IMG_4315.jpg



ほほう
どおりで各テーブルに小さなコンロと燃料がセッティングされていたんですね

最近のお通しは、いろいろと凝っていますね。

ま、単純なありきたりのものを出しているようでは、お店の格も疑われてしまうご時世...いろいろと手を変え品を変えと頑張っています

さて、注文したものは、

白子ポン酢

IMG_4314.jpg



んまっ

プリプリとろとろでおいしかった

そして、漁師直結 墨之栄7点盛り ¥1,250〜

IMG_4316.jpg



店員さんが一つ一つ説明してくれたんですが...

その時は覚えていたんですよ。

その時は...

食べ終わるまではね

食べ終わったら...断片的にしか覚えていませんでした

ま、そんなもんか

そして、なめろう ¥750

IMG_4317.jpg



っと、こういうラインナップだったら日本酒 ですね

天狗舞のラインナプがたくさんあって...ということは...

片っ端からいってみました

ま、日本酒も注文したことで、どんどんとお食事を

そうそう、あの入り口にあった原始焼きを注文しようと店員さんに聞いてみたら、

「 本日のお魚をお持ちしますのでそれから選んでくださいね 」

ということでした。

何種類か持ってきてくれて、それぞれのお魚の特徴と、おすすめの調理方法を聞いた後、まずは、

こっちはほうぼうだったかな...それの原始焼き

IMG_4320.jpg



お魚の甘みとしっかりした味が堪能できました。

そしてこちらが煮つけ

IMG_4322.jpg



味付けが濃くなくて、お魚本来の味も楽しめました

どんどん日本酒がすすみます

そしてお食事続いて...

揚げ出し胡麻豆腐 ¥560 と、明太子の蓮根揚げ ¥750

IMG_4323.jpg



それと、海苔チップス ¥380

IMG_4325.jpg



これがはまりました

肉厚というか、厚手の海苔がパリパリでなかなか家でも作れそうにない味と歯ごたえでした

そして、最後のしめにあらかじめ注文していた、

鮭ハラスといくらの土鍋ご飯 ¥1,400

IMG_4324.jpg



これ、注文してから炊き上げるので、30 分ほどかかりますから、先に頼んでおいてね

というわけで、閉店までゆっくりと、おいしいお酒、おいしいお料理、そして楽しい話で盛り上がりました。

IMG_4326.jpg



予約を取っていただいた○○さん、ありがとうございました


お店
名前 : 日本橋 墨之栄
住所 : 東京都中央区日本橋室町 2-2-1 COREDO 室町 1 2F
TEL  : 050-5799-3501
営業時間 : 11:00 〜 14:00 【 月 〜 金 ランチ 】
       17:00 〜 23:00 【 月 〜 金 ディナー 】
       11:00 〜 15:00 / 17:00 〜 22:30 【 土・日・祝 】
定休日 : 1/1
URL  :
 http://www.tsukadanojo.jp/ ( 現在修復中 )

コレド室町 1 の 2 階にあるお店。
入り口のガラスショーケースの中で焼かれている、お魚の原始焼きがトレードマークのお魚料理のお店。
その日とれた魚を好みで調理してくれるので、店員さんに尋ねてみるのもいいですね。
また、日本酒もそろっていて、特に天狗舞は直接酒蔵から仕入れているので、種類も豊富です。
お魚好きの方はぜひ行ってみてください。



日本橋 墨之栄

夜総合点★★★★ 4.0




関連ランキング:居酒屋 | 三越前駅新日本橋駅日本橋駅




にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村


  





posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック