2016年01月31日

アルゼンチンタンゴの夕べ


ブエノスアイレスといえば、タンゴ発祥の地としても有名ですね

そんな本場アルゼンチンでタンゴを聞いてみました

タンゴを聞かせてくれるところは、タンゴリエといって、いろいろな場所に点在しています。

でも、どこも夜遅くなるんですよね。

アルゼンチンの食事の時間帯なんかは、スペインととても似ていて、例えば、ランチは 14:00 過ぎてから。
そして、夕食は 21:00 ごろからということで、日本の感覚だとかなり遅くなってます。

南米と一口に言っても、ペルーやエクアドルはそんなことないんですけどね。

で、タンゴも夕食食べ終わってからということなので、大体どこも 22:00 前後から始まって、0:00 前後まで行われます。

今回行ったところは、EL QUERANDI というところ。

ディナーとショーが楽しめます

会場に入ると大きな舞台があってその周りにディナーのセッティングがしてありました。

2015patagonia (28).jpg



ここでは、20:30 からディナーが始まるということで、食事の時間帯は何となくまばら。

で、22:15 から 1 時間半ちょっとのショーが始まります

ショー開始の時間が近づくと、だんだんと雰囲気もそれらしくなってきて...

2015patagonia (30).jpg



やっぱり開始時間よりちょっと遅れて ショーの開始

2015patagonia (31).jpg


ちょっと暗いので、なかなかうまいこと撮れなかったんですが...

2015patagonia (37).jpg

2015patagonia (38).jpg



かなり迫力のあるショーです。

2015patagonia (42).jpg

2015patagonia (44).jpg


舞台の外でも踊ったりしていましたよ。

2015patagonia (46).jpg



では動画 🎥 でもどうぞ。




もう一発。




はい、そんなわけで本物のタンゴダンスをじっくり見させていただきました

2015patagonia (49).jpg



観光客向けのタンゴショーのところは、結構いい加減のところが多いと聞いていましたが、ここはほんと、しっかりとした本格的なダンスでよかったですよ

またお食事も、こういうところは適当な食事ってのが多いらしいですが、こちらは本格的なお食事でこちらも大満足でした


アルゼンチンのタンゴは...

今から約 130 年前、港町であるボカ地区で生まれたといわれています。

当時、国際貿易で繁栄を極めたブエノスアイレスは、ヨーロッパからの貧しい移民、アフリカからの奴隷た
ち、そして現地の貧しい労働者たちが毎晩のように酒場へ赴き、ある人は故郷を思い出し、ある人は日常のフラストレーションを吐き出すはけ口として踊りだしたのだといわれています。

やがて、その踊りには、黒人系のリズム、ヨーロッパ的なワルツやポルカ、そして現地の音楽が融合した曲が演奏されるようになっていきます。

我々がよく耳にする、または目にするタンゴってのはコンチネンタルタンゴといって、主に 20 世紀のヨーロッパで社交ダンス的な感じではやったものだそうです。

きらびやかなドレスを身にまとった男女が優雅に踊る、人に見せるのが主流であるのに対して、アルゼンチンのタンゴは、サロンタンゴって呼ばれたりして、男女で踊ることは変わりないんですが、特に決められた振り付けもなく、男性のリードで即興で踊る、二人でダンスを作り上げていく...

そういった踊り方なので、上手・優雅というよりも、魂の叫びを感じることができる...

ま、言ってみればアンダルシアのフラメンコのような感じなんでしょうかね。

どおりで、迫力が客席にもビシビシと伝わってきました。



やっぱり本場で聞くのはいいですね


にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村


  





posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アルゼンチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック