2016年02月02日

氷河博物館と氷のバーで一杯


カラファテの街は、人口 4 千人ほどなんですが、年間 33 万人が訪れる観光の街です

そのほとんどの人が、11 月から 3 月までのいわゆる 「 夏 」 のシーズンに集中するんですよね。

主な観光は、氷河を見に行ったりトレッキングしたり。

でも冬場は普通の観光客はほとんど訪れず、氷河の専門家やよっぽどのマニアの方のみしか来ないそうで、街のレストランやホテルもこの時期は休業ってのが多いみたいです。

そんなカラファテの中心地からちょっと外れたところに、アルヘンティーノ湖という湖があります。

ここでちょっと遠めでしたが、フラミンゴがたくさん来ていたので、ちょっと写真撮ってみました 📷

2015patagonia (57).jpg



ちょっと遠いぽつぽつしたのがフラミンゴなんですが...

わかんないよね

で、湖を見た後もうちょっと車を走らせて、そこから車で 15 分くらいの距離にある
氷河博物館に行ってきました。

2015patagonia (58).jpg



何にもない平原にドカンと建ってる、そんな印象を持ったこの建物です。

中は...やっぱりガイドさんを通訳していたので、なかなか写真撮れなかったけど、ここで一番有名なペリト・モレノ氷河の成り立ちなんかが、図解入りで説明してあり結構面白いですよ。

ま、覚えてる内容だと、ここの氷河は新陳代謝が早く、常に一定の大きさを保ってるってことみたい ですね。

そして、ここのウリというかメインは、氷河の 3D 映像 🎥

なかなか迫力がありました

さて、一通り博物館の見学が終わった後、併設している氷のバー 🍸 へ。

入場できる時間が決まっていて、時間になったらおそろいのコートを貸してくれて中に入ります。

2015patagonia (60).jpg



入場料にドリンク代も含まれていて、中で氷のグラスで一杯 🍸

2015patagonia (61).jpg



おかわりもできました。

結構混んでるんですよ。

2015patagonia (63).jpg



今まで、スウェーデン、アラスカと氷のバーに行きましたが、ここもなかなか面白かったです。

ここから見たアルヘンティーノ湖はとてもきれいなブルーでした

2015patagonia (67).jpg


じっくり見学した後は、またもと来た道を戻ってホテルに戻りました。


にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村


  






posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アルゼンチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック