2016年02月04日

アルヘンティーノ湖クルーズ


カラファテの観光、まずはアルヘンティーノ湖のクルーズ 🚢💨 です。

ホテルのすぐ裏から湖は広がっているんですが、目当てのところはもうちょっと西。

ホテルから、🚗 で 1 時間ほど走ったところにある港から乗船

2015patagonia (85).jpg



カタマランタイプの船です

乗り場で乗船券と国立公園の入場券を購入して、搭乗。

1 階席と 2 階席は普通の席なんですが、我々は VIP 席とのこと。

どこにあるのかなと思っていたら、なんと操舵室の中

そこに、革張りのデラックスシートが 18 席あってそこだって

最高ですね

見晴らしもいい

荷物も置きっぱなしでいい

専用のテラスもある

専用のガイドもいる

飲み物も飲み放題でおつまみもついて...とかなんとかくつろいでいる間に、出航 🚢💨

きれいな湖の中を走っていきます。

2015patagonia (89).jpg



この日は、いい意味での異常気象で、温かいというか暑いくらいです。

このクルーズの目的は、湖に流れ込んでいる氷河を見に行くこと 👀

まずの目的は、ウプサラ氷河へ。

しばらく進んでいくと、湖に浮いている氷の塊が増えてきました。

2015patagonia (96).jpg



氷河は光を通すと蒼く見えるんですが、この蒼さは...

これ、実は氷の塊がずーっと流れてきて、流れながらいろいろなところが溶けて形が変わってバランスが崩れて、ぐるっとひっくり返ったところなんだそうです

なので、より一層蒼さが際立っているんですね

2015patagonia (98).jpg



パッと見は白い氷の塊なんですが、水につかっていて余分な雪などがはがれた結果、こんなきれいな蒼になるそうなんです

しばらく進んでいくと、目の前に大きな氷の塊が見えてきました。

2015patagonia (101).jpg



氷の塊は、水面に出ている部分が約 1/10 で水面下に 9/10 という大きな塊が隠れているので、うかつに近づくと危険なんですよ。

これが流れている氷の塊。

2015patagonia (104).jpg

2015patagonia (105).jpg



操舵室からはこんな風に見えます

2015patagonia (103).jpg



今度は縦で

2015patagonia (108).jpg



この奥のウプサラ氷河って名前は、スェーデンの都市の名前です。

ここのウプサラ大学の研究員が、1908 年にここの氷河を研究したことにちなんで、名前が付けられました。

氷河の間近までは行ってないんですが、ちょっと遠目で見ましたよ。

このロス・グラシアレス国立公園の中でも最大の氷河で、表面積は 595㎢ 長さは 60km と南米最長です。

先端部の幅は 5 〜 7km で高さは、80 〜 100m というとてつもない大きさなんですね。

そんなウプサラ氷河を見た後、船は引き返してもう一つの湖に流れ込んでいる、
スペガッツィーニ氷河へ向かって進みました。

途中、湖まで届いてない、丘氷河といわれている...ちょっと名前忘れてしまったんですが、この氷河は水際までは届かない氷河らしいです。

2015patagonia (119).jpg



そしてしばらくして、スペガッツィーニ氷河に到着

2015patagonia (141).jpg



こちらは、湖面から 80〜130m の高さがあり、幅が 1.5km もある氷河です。

と近づいて写真撮ろうと思ったら、いきなり崩落

2015patagonia (128).jpg



この日は気温も高く、風も強かったので、割とたくさん崩落現場を見ることができました。

この崩落時、音がすごいんですよね。

以前アラスカでも見たことあるんですが、「 White Thunder 」 って言われるくらい、ほんと、雷みたいな、

バリバリバリバリ ⚡

ドドーン ⚡

ってすごい音がします

見た目はちっちゃなかけらのようでもね。

で、こちらの氷河の名前は、パタゴニア南部の植物研究をしていたイタリア人の、カルロス・スペガッツィーニの名前をとっています。

2015patagonia (134).jpg

2015patagonia (133).jpg



しばらく氷河の前で船は漂ってました。

氷河の反対側には、氷河から流れた氷の塊が浮いていましたよ。

2015patagonia (132).jpg



しばらくしたら、船のスタッフが氷河の塊を採取

2015patagonia (140).jpg



そして、その氷で...

そうです。

オンザロック 🍺 を作ってごちそうしてくれました

IMG_4711.jpg


アルコールが飲めない人は氷だけをくれたりもしましたよ。

口に含むと何の抵抗もなく感覚がないような感じでした。

こんな体験も VIP 席ならでわなんでしょうね。

あっという間の 5 時間のクルーズでした


にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村


  





posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アルゼンチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック