2016年02月06日

ペリトモレノ氷河北壁を遊歩道から


アルヘンティーノ湖の西の方にある、ロス・グラシアレス国立公園

昨日はウプサラ氷河とスペガッツィーニ氷河の観光をしましたが、本日はこのエリア一番人気の氷河、
ペリト・モレノ氷河の観光に行きます

ペリト・モレノ氷河は、全長約 35km、表面積は約 195㎢、先端部の幅は約 5km、高さは 60 〜 100m というとっても大きな氷河です。

で何よりもこの特徴は、新陳代謝がとても活発で、
平均して一日で 2m 前後、両端でも 40cm は動いているそうなんです

特に夏の時期は気温が高くなってくるので、その動きはますます活発ですね

特にこの日も、昨日に続き異常気象で気温もかなり上がっているので、楽しみです


ホテルから 🚗 で 1 時間ちょっと走ったところにある国立公園入口で手続きをし、もうしばらく走ると氷河全体を見渡せる 👀 ところにやってきました。

perito (2).jpg



何もない森の奥に突然湖と氷河が見える...

まだまだ遠いんですが、すごい景色ですよ

この氷河は、おおざっぱに言ってV字型になっているんですが、まずはその南側を 🚢 から見ようと思って船乗り場に行ったのですが、

何やら様子が...

perito (1).jpg



なんでも乗るはずの船が数分前に故障して動かないとか...

ま、ここで待ってても仕方ないし、あちらさんも商売だから何とかするだろうと予定を急きょ入れ替えて、まずは北側に行ってみることにしました。

北側は遊歩道 👟👟👟 が続いていて歩いて間近まで行くことができます。

ガイドさんに連れられて、遊歩道を歩いて一番近づいてみたら、目の前にこんな感じで見えました。

perito (3).jpg



もう、これ見ただけでなぜここが一番人気なのかわかりますね

数分ごとに、ドカーン... バリバリバリ って氷河の割れる音がいろいろなところで響いています

perito (5).jpg



遠くの方で割れて崩落した後は、水が津波のように岸に押し寄せてきます。

近づくとほんとに迫力のあるきれいなブルーを感じますよ

perito (4).jpg



いくら氷河を眺めていても、全然飽きないすごい景色でした。

perito (7).jpg



遊歩道を歩きながら同じ氷河を見ても、見る角度によってやっぱり表情も違いますね

perito (6).jpg



ちょっと動画でも 🎥




事前の案内だと、気温は 14℃前後、氷河を通ってくる風が冷たくて強いから、防寒の準備も忘れないでね。

ということだったのですが、太陽のもと だと暑いくらいで、ウインドブレーカー脱いで袖まくるくらいでした。

ゆっくりと飽きるくらいまで氷河を眺めて写真撮った後は、ここから、🚗 で 5 分くらいのところのレストランでお昼ご飯 🍴

perito (8).jpg



そして連絡が入って、お昼の後はクルーズ船が動く ということで、お昼にそちらに行ってみました。


にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村


  





posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アルゼンチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック