2016年04月14日

エアフルトで郷土料理の夕食


ドイツテューリンゲン州の州都であるエアフルト

東ドイツ時代はエアフルト県の県庁所在地として発展していたので、統合して州制度になってからは州都になった...ってのは自然な流れですね

そんなエアフルトに宿泊なんですが、
夕食はふらっと旧市街のテキトーに見つけたお店に入ってみました。

Haus zum Naumburgischen Keller

IMG_5972.jpg



入り口近くはカウンターとちょっとしたテーブル席。

IMG_5973.jpg



予約なしで飛び込みで入ったんで、大丈夫かなと思ったんですが...
( というのも一件目のお店では満席ということで断られていましたから ) 地下は割とすいていました。

IMG_5974.jpg



ここで、まずは地元のビール 🍺 を頼んで。

Köstritzer Schwarzbier

IMG_5976.jpg



ケストリッツァー・シュバルツ

ま、地元エアフルトの地ビールではないんですが、テューリンゲン州のビールで、創業 1543 年ということですから、ビール大国ドイツでも老舗の部類です。

本物の黒ビールで、色の濃いラガービールであるドゥンケルとはちょっと違い、もっともっとローストした麦を使い、フルボディー感を感じます。

詩人ゲーテがこよなく愛したというビールでもあるみたいですよ

どっしりとした飲みごたえで、口に入れたら苦みも感じるんですが、それが後には引かず飲み終えると何となくさっぱりとした...ってよくわかんないですよね。

とりあえず、ドイツ黒ビールの代名詞的存在でもあるこのビール、ビール好きな方は是非一度試してみてくださいね。

そんなビールを飲みながら、お食事は、ドイツ語よくわかんなかったけどこれ。

Thüringer Fleischsülze
mit hausgemachter Remouladensoße dazu Röstkartoffeln und frischer Salat 9,10 €

IMG_5975.jpg



たぶんこれだと思うんですよ。
ドイツ語表記。

テューリンゲン風の肉をゼリーで固めたもの

よくわかんないけど、ま、郷土料理なんですね

冷製だったけど何となくさっぱりといただけました。

ちょっと脂っこいかなということでしたが、ビールとまたよく合うんですよね

そんなわけで、おいしいビールと郷土料理の夕食でした。

お食事終わって帰るとき、結構不愛想だなぁ...って思っていたカウンターの人たちも笑顔で送り出してくれて、基本いい感じのお店だったんですね




テューリンゲン地方って言ったら、もっと有名な名物があるって

はい。

それは明日のお昼ね


お店 : Haus zum Naumburgischen Keller
住所 : Michaelisstraße 49 Ecke Benediktplatz 99084 Erfurt
TEL  : 0361 540 24 50
営業時間 : 11:00 〜 0:00
URL  :
 http://www.haus-zum-naumburgischen-keller.de/

エアフルトの旧市街、クレーマー橋の西側にあるこじんまりとしたビアホール。
地元のビールと郷土料理を食べさせてくれます。
ちょっと簡単にお食事をとるにはいい感じのお店です。
片言の英語は通じるし、英語のメニューもあるので注文はそれほど困らないですよ。



にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村


  





posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツの食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック