2016年04月16日

エアフルトを象徴する建物


この町に近づいて来たら目に入るこの二つの大きな建物。

聖セヴェリ教会大聖堂

CIMG7445.jpg



この前の空間はとても広い広場があって、とっても開放感があります

でも、この空間、現在はドーム広場って名前になっているんですが、昔は民家が立ち並んでいたそうです。

1806 〜 1814 年にこのあたりフランスのナポレオン軍が駐留していたんですが、ちょうどそのころ、プロイセンとの戦いがおきました

この要塞の右奥にあるペータースベルクの要塞に駐屯しているナポレオン軍と、手前の町にいたプロイセン軍。

お互い大砲をぶっ放して戦ったんですが、ともに弾が届かなくて両陣営の間にあった民家が壊れてしまいました

結局、戦死者もなく休戦が成立するとナポレオン軍はとっととパリへ引き返していきました。

あとに残ったのはこの焼け野原...

ということで、そこが広い空間になっています。

CIMG7446.jpg



現在ではこの広場で行われる最大のイベント、12 月のクリスマスマーケットが有名です。

日本ではあまり知られてなく、僕も行ったことないんですが、ここ、ドイツ三大クリスマスマーケットに勝るとも劣らない、素晴らしいものなんだそうな

クリスマスマーケットで最も有名なニュルンベルク

最も古いドレスデン

最も規模が大きいシュトゥットガルト

なんてことも言われていますが東西ドイツ再統一後、ますます盛り上がって、広く知られるようになってきています

っていうか、旧東ドイツの時代は情報が外部には出てなくて、皆さん知らなかったということなんですね。

そんな大聖堂にちょっと入ってみました。

CIMG7450.jpg



主祭壇も見事です。

パイプオルガンもシンプルですが素晴らしいです。

CIMG7447.jpg



2011 年 9 月 23 日に時のローマ法王、ベネディクト十六世がいらっしゃったこともある、由緒正しいカトリックの大聖堂です。

CIMG7449.jpg



ミサのときに使われるという、この燭台も面白い形をしています。

CIMG7451.jpg



この大聖堂は現在 3 代目なんだそうで、最初は、728 年、この地にあのボニファティウスが聖母マリア様に捧げるロマネスク風の教会を建てました。

ここが、742 年に司教座がおかれ大聖堂となっていくわけですが、その当時の建物は現在は残っていないです。

2 代目の建物は、1154 年からロマネスク様式のバシリカ建築に建て替えられ、1182 年に落成するのですが、このバシリカのうち、一部のみは現存しています。

現在の建物は、14 世紀になってゴシック様式による改築が始まり、三角形の入り口部分などが付け加えられ、
1349 年には、建物を拡張するために、聖堂の建っている丘から土台をせり出させ、その上に現在の内陣部分が作られ、崩壊に瀕していた聖堂西側部分が、1455年に改築されて、後期ゴシック様式の身廊に生まれ変わりました。

CIMG7457.jpg



こちらは 16 世紀の画家、クラナッハが描いた板画です。

CIMG7456.jpg



聖カタリーナの婚約をテーマにしたこの絵の中央には幼子を抱いた聖母マリア、左側にカタリーナ、右側にバルバラが描かれています。

そしてそのお隣にあるのが、聖セヴェリ教会

CIMG7459.jpg



こちらは、836 年にマインツ大司教がラヴェンナの聖セヴェルスという聖人の遺骸をエアフルトに運ばせ安置したのが起源だそうです。

現在の建物は 1276 年に建設が始まり、特徴的な三本の尖った塔の屋根は 15 世紀末の修復時に追加されたものです。

こちらにも素晴らしい祭壇が。

パイプオルガンもとっても立派です。

CIMG7458.jpg



このエアフルトに、マルティン・ルターがエアフルト大学に在籍して哲学を学んだそうです。

ちなみに大学の創設は 1392 年で、ハイデルベルク大学、ケルン大学に続いて、ドイツ第三の大学として誕生しました。

でもその後、1816 年に一度、閉校となりましたが、1994 年に再び開校となりました。

再び開校となったものの、昔の大学の精神を受け継いでいるわけではなく、まったく別の大学としてオープンしたらしい。

名前だけは昔の名前で。

なので、すでにドイツ第三の大学とは言ってないみたいですよ。

で、話は大聖堂の方に戻して...

見学が終わった後、大聖堂前のお店でちょっとしたお菓子を発見 👀

CIMG7460.jpg



パンみたいなのをくるくるって巻いて上から粉糖やココナッツ、チョコなどがかかっているもの。

ついつい買ってしまいました

CIMG7462.jpg



アツアツで、柔らかくてほくほくで、おいしかったですよ。

これ、チムニーケーキとかいうらしくて、ハンガリーが発祥なんだとか。

外はカリッと
中はもちもちっと


注文受けてから焼き上げるのでちょっとお時間かかりますが、一本 € 3 からなのでちょっとしたおやつにいいかもしれませんね

ただ一人で一本食べるとかなりお腹いっぱいになってしまいますが...

ちなみにこのお店は、Baumstriezel am Dom っていうんですよ。

大聖堂に向かって階段上って中ほどの右側にあります。


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村


  






posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック