2016年04月24日

ドレスデンの最高級ホテルでディナー


ドレスデンの宿泊は、旧市街のど真ん中もど真ん中

何度かドレスデン行ったことあるんですが、こんなところにホテルあったっけ?

っていうところで、何度か見たことはある建物だったのですが、まさかホテルとは...

っていう、HOTEL TASCHENBERGPALAIS KEMPINSKI DRESDEN で。

CIMG7510.jpg



ツヴィンガー宮殿ゼンパーオペラ裁判所、などなどといった歴史的建造物群に紛れ込むようにして建っています

でもロビーは明るい感じできれいですよ。

CIMG7507.jpg



お部屋は僕は安い ⁉ 最上階の部屋...

CIMG7503.jpg



天井こそ低いけど、十分なスペースがあってかなり広いです。

CIMG7504.jpg



アメニティーは、

CIMG7505.jpg



いい感じですよね。

もう、どこに行くのも便利だし。

というわけで、ドレスデンのディナー 🍴 はこのホテルのメインダイニングで

RESTAURANT INTERMEZZO

朝食もここになるんですが、夜になると雰囲気は全く異なります。

CIMG7531.jpg

CIMG7530.jpg



テーブルセット

CIMG7529.jpg



で、本日のディナーなんですが、まずはアミューズで、ウナギとリンゴのチップス

CIMG7533.jpg



このお魚、お店の人に言われなかったらウナギとはわからないですね。

でも食べてみたらしっかりとウナギの味がしましたよ

あとはドイツらしく、リンゴのチップスを添えてました

なかなか珍しくておいしく頂けました。

それでは前菜から。

Vegetable terrine with shrimps,
saffron orange crème fraîche and salad


野菜のテリーヌと小エビ
フレッシュクリームとサラダを添えて


CIMG7535.jpg



はい、おしゃれにきました

オレンジ色っぽいのが野菜のテリーヌで、ジュレ状になっていてさっぱりと食べやすかったです。

そしてメインは、

Piccata of turkey in courgettes and pepper vegetable,
tomato sugo and ghocchi


七面鳥のピカタ ピーマンとズッキーニの温野菜の上に
トマトソースとニョッキを添えて


CIMG7536.jpg



ドイツらしく... ボリューム感はありましたが、なんか優しい味で、しっかりといただけました

最後のデザートは、

Crème Brûlée with fruits and cassis sorbet

クレームブリュレとフルーツ、カシスのシャーベット

CIMG7538.jpg



というわけで、最後までおいしく完食させていただきました

レストラン名がイタリア語なので、イタリアンチックな料理になりましたが、そんなにかた苦しくなくワイワイとおしゃべりしながらお食事できました


お店
名前 : RESTAURANT INTERMEZZO
住所 : Hotel Taschenbergpalais Kempinski Dresden
      Taschenberg 3 01067 Dresden Germany
TEL  : 0351 4912 712
営業時間 : 朝食  6:30 〜 10:30 【 月 〜 金 】
           6:30 〜 11:30 【 土・日 】
       昼食 12:00 〜 15:00 【 火 〜 金 】
          12:30 〜 15:00 【 土・日 】
       夕食 18:00 〜 23:00 【 火 〜 日 】
定休日 : 月曜日のランチ & ディナー
URL  :
 https://www.kempinski.com/en/dresden/hotel-taschenbergpalais/dining/

ホテル・タッシェンベルクパレス・ケンピンスキーのロビー奥にあるレストラン。
カジュアルなレストラン、Palais Bistro と隣同士にあり、コンセプトによって使い分けられます。
服装はスマートカジュアルなので、どのような格好でも問題ありませんが、一応ドレスデンで最高級のホテルなので、ジャケットがあった方がいいでしょう。
ゆったりとお食事するにはちょうどいい感じです。



RESTAURANT INTERMEZZO

夜総合点★★★★ 4.0



関連ランキング:ドイツ料理 | ドレスデン





にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村


  






posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツの食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック