2016年05月12日

賑わっていたビルバオ旧市街


ビルバオの町は小さいんですが、グッゲンハイム美術館近辺とか旧市街は結構離れているので、何かしら交通機関 🚌 🚙 Ⓜ 🚃 を使わないと周り辛いですね。

でも、それぞれがそんなに広くは無いので、丸一日あればほとんどみて周れるって感じです

と言うわけで、ビルバオ最後の観光場所は旧市街

スペイン語では、Casco Viejo って言うんですが、そこをちょっと散歩してみました

スペインの...って言うよりもヨーロッパの町には必ず通りに名前が付いていて、それが住所になっています。

○○通りの何番地

ってのが基本的な住所なんですね。

で、各交差点や広場には通りの名前を書いたプレートが貼ってあったりするんですが、ここビルバオでは、
スペイン語とバスク語の二ヶ国語表記となっています。

CIMG7743.jpg



比べると...全然違いますね

もちろん、上がスペイン語で、下がバスク語です。

ちなみにバスクの人は、スペイン語のことを、

Español ( エスパニョール )

とか、

Spanish ( スパニッシュ )

とか言わないんですね。

Castellano ( カスティジャーノ )

ってみんな言っています。

ま、そんな小ネタはおいといて、そこから旧市街に入ってみました

CIMG7744.jpg

CIMG7745.jpg

CIMG7746.jpg


この町も、サンチャゴの巡礼街道上に位置しているため、たくさんの巡礼者が来て賑わうそうです。

旧市街は道も細くて、たくさんのお店やレストラン、バルが建ち並んでいます。

CIMG7747.jpg



ここでもバルめぐりをしてみたいなぁって思っていたんですが、
それは次にいくサンセバスチャンの醍醐味 なので、ここでは見て歩くだけ

しばらく歩いていくと、電車道に出て、そこのアーケードにはきれいな絵 🎨 が描かれていました。

CIMG7749.jpg



こちらは電車道沿いにあったサンアントン教会

CIMG7748.jpg


と、そんな感じで、そんな広くない旧市街ですが、なかなか活気があってぶらぶらお散歩するだけでも楽しいですよ


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村


  






ラベル:ビルバオ バスク
posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スペイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック