2016年05月30日

マウリッツハウスではやっぱり


国境を越えてオランダに入って、この日の最終目的地はアムステルダム

っと、その前に立ち寄ったのが、デン・ハーグ

やっぱりここで待ってる女性に合わないとね

せっかく来たんだから

というわけで、またまた行ってまいりました、マウリッツハウス王立美術館

今回は国会議事堂の中庭を突っ切って行きました

CIMG7958.jpg



落ち着いた感じの美術館。

CIMG7963.jpg



それではフェルメールの絵画 3 点いってみましょう。

まずは、青いターバンの女

CIMG7959.jpg



そして、ディアナとニンフたち

CIMG7960.jpg



最後に珍しい風景画である、デルフトの眺望

CIMG7961.jpg


この辺の絵の説明は、前回書いたのでパスします。

こちらから見てね

で、やっぱり有名なレンブラントの、
デュルプ博士の解剖学講義

CIMG7964.jpg



とか、ルノワールの、聖母被昇天 ( 下絵 )

CIMG7967.jpg



は、押さえておかないとね。

その他、ぶらぶらと絵画を見て...

ここの美術館の日本語解説オーディオガイドは、以前は専用の iPod touch だったのですが、この時から日本語のみ専用の機械で聞くことになりました 🎧

また番号も表示してあるものと若干違ってるので、ちゃんとフロントで案内書をもらわないとね

というわけで、今回もゆったりと鑑賞させていただき、美術館の外へ。

帰りは国会議事堂なんかを反対側の湖越しに見られるきれいな景色のところがあるので、そちらをお散歩しながら...

CIMG7969.jpg



この湖の端っこが、美術館。

CIMG7970.jpg



というわけで、この後、アムステルダムに向かいました


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村


  






posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | オランダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック