2017年05月25日

最後のディナーは再びホテルで


コルシカ島はアジャクシオ近辺を中心に十分満喫し、翌日は朝早くから出発ということなので、
最後の夜 🍴再び宿泊しているホテルのレストラン

4 日前にいただいたのはこんな感じだったんですが、この日も
前菜、メイン、デザートは 2 種類からのチョイスになりました。

まずは前菜。

お肉とお魚のチョイスがあったのですが、ここはお魚にしてみました

サーモンのカルパッチョ

icorse17 (119).jpg



うん、やっぱり所信を貫いて...ってそんな大げさなものではないんですが、お肉にしておけばよかった...かな?

んで、メインはエビのグリルとのチョイスで、かなり揺らいだんですが、こちらはお肉で、

豚肉のロースト

icorse17 (121).jpg



コルシカ島は豚肉料理も定評があり、柔らかくてうまみぎっしりでおいしく頂けましたよ

やっぱり肉ですね

安定感があります

そしてデザートは、メレンゲのデザート

icorse17 (122).jpg



というわけで、最後までおいしいコルシカ料理、堪能させていただきました。


翌日はいよいよコルシカ島を後にして、パリ経由で帰国です。


にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村


  






posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | フランスの食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月22日

ポルティッシオの高級レストラン


コルシカ島 4 泊目の夜は今回もホテルから車で 5 分ほどのところにある高級レストランで。

って、ホテルから車で 5 分...

敷地を出るのに 5 分弱だからほんと、ホテルのすぐ近くなんですよね。

行ったところが、同じ MAQUIS というホテルの中のレストラン、

L’Arbousier

icorse17 (99).jpg



アラカルトで好きなものを食べようと思ったんですが、コース料理の方がめんどくさくない...

ので、それ € 85 にしてみました。

チョイスも素敵でしたからね

というわけで注文後、アミューズ到着

icorse17 (101).jpg



もう一つのアミューズがこちら。

野菜スープ ミネストローネ風

icorse17 (100).jpg



アミューズでスープが出てくるって珍しいですよね

これをぱくついた後、前菜で僕がオーダーしたのは、どうしても気になった、

ウニ入りスクランブルエッグ

icorse17 (102).jpg



はい、どうしても昼間見たウニを思い出したもんで...

ウニがちょっと少なかったので、ウニの部分を中心にがぶっといったらやっぱりうまかった

corse17 (76).jpg



そしてメインは、子羊のロースト

icorse17 (103).jpg



やっぱり太古の昔から羊を食ってきた民族だから、

羊、めちゃくちゃおいしかった...

お魚との選択もあったけど、ここまで来たらみんなもう学習してますね。

現にお魚を注文した人は、「 やっぱり失敗した... 」 なんて言ってましたからね。

一口もらったけど、同意見でした。

最後のデザートはチョコレートドームを。

icorse17 (104).jpg



そんなわけで、シーズンオフのコルシカ島、ほとんど貸し切り状態だったので、ウェイターさんたちもとっても親切で、楽しくお食事を楽しめました


お店
名前 : RESTAURANT L’ARBOUSIER
住所 : HOTEL LE MAQUIS - BP 94 - 20166 Porticcio (Corse)
TEL  : 04 95 25 05 55
URL  : 
http://www.lemaquis.com/fr/index.php#restaurant-l-arbousier.php

ポルティッシオの岬にある高級ホテル、Le MAQUIS の中にあるメインダイニング。
雰囲気もよく、コルシカ島の郷土料理をゆったりとした雰囲気で食べられるので、店内だとジャケットを着用した方が望ましい。
夏場は屋外のテラスでも食事が楽しめます。



にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村


  






posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | フランスの食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月20日

お昼はナポレオンの大好物を


そしてランチ...🍴

レストランはアジャクシオの旧市街で、さっきのフォッシュ広場から歩いて 5 分くらいのところかな。

L'Esprit du Sud

以前行ったときはあんまりおいしくなくて記事のっけてなかったんですが、
今回のっけたってことは...

そうです。

お分かりですよね

前菜のサラダは、ま、普通で。

icorse17 (90).jpg



メインは僕のリクエストで、若鳥のマレンゴ風

マレンゴというのはイタリアはピエモンテ州の町の名前で、ナポレオンはここで、1800 年 6 月 14 日、オーストリア軍に大勝利をおさめました。

パチパチパチ

ところがその日の勝利の宴の準備になって、大変なことが発覚

なんと、食料を積んだ馬車がまだ現地に到着していません

お抱えのシェフ、デュナンは頭を抱えたんですが、もうどうしようもありません。

何とかその辺で食料の調達をしました。

といっても戦場となって人っ子一人いない焼野原で、何とかあったものは...

ニワトリ一羽

畑にあったトマト、タマネギ、ニンニク、マッシュルーム

川にいたザリガニ

これだけで、デュナンは即興の料理を作り上げました。

しかしナポレオンはこの料理が大変気に入り、以降マレンゴの勝利を記念して、
「 若鶏のマレンゴ風 」 と呼ばれ、それ以降もゲン担ぎなんかで好んで食べたというわけです

彼の召使いであったコンスタンは、
「 これこそナポレオンの最も好きな料理だ 」 と述べています。

その料理がこちら。

icorse17 (91).jpg


はい、しっかりとした鶏肉で、優しい味のソースがかかっています。

icorse17 (92).jpg



せっかくナポレオンのゆかりの地に来たわけですから、やっぱりこういうの食べてみないとね

日本でもゲン担ぎに、ステーキととんかつを食べたりしますが ( さすがに今はもうやらないか...)、フランスの人もゲン担ぎにこういうの食べるのかな?

そんなわけで、めちゃ美味しく頂きましたよ。

日本のレストランなんかで提供しているものは、ザリガニの代わりにエビを使ってるところも多いみたいですけどね。

そしてデザートは、パンナコッタのブルーベリーソースがけと。

icorse17 (93).jpg



こういう料理を提供すると、
その由来なんかもいい食事の話題なんかになって面白いですね。


ここでナポレオンのお食事 🍴 のことなんですが...

日本でも戦国時代の武士の心得の一つに早飯ってのがあったそうですが、職業軍人であるナポレオンも同じく、一人で食べるときには 8 分もあったら十分だったそうです。

皇帝になってからでも、宴会でさえ 15 分で食べ終わってしまうこともしばしば。

当時から、食事には少なくとも 2 時間はかけてゆっくりと御馳走、美酒、おしゃべりを楽しむのが当たり前だったフランス人にとっては、ナポレオンの宴会に出席するのはすごく苦痛だったようですね

また彼は食べるのが早いだけではなく、マナーもなってなかったみたいです。

何しろ中世の時代のように、フォークは使わず手づかみで料理を食べたり、パンをソースや煮汁に浸してそのままぽとぽとと汁を垂らしながら食べたり。

おかげで上着にソースが飛び散ったりするんですが、彼は自分の服装や外観には無頓着なので、全然気にも留めなかったそうです。

宴会では、今でこそコース仕立てで時間差攻撃で順番に料理が出てきますが、彼の時代はテーブルに一気に出されることが多く、それでもみんな、前菜・メイン・デザートと順番に食べていったんですが、彼はいきなりメインディッシュから食べて、そのあと前菜、デザートを食べた後、またメインに戻ったりと、食べる順番もめちゃくちゃだったそうです。

さっきの若鳥のマレンゴ風は、ナポレオンが最も好んだ食事なんだそうですが、それ以外に彼の好物は、
インゲン豆、レンズ豆、骨付きのあばら肉、羊の胸肉の網焼き、若鳥のロースト、ポトフ、魚のフライなんかが挙げられます。

要するにあまり手のかからない料理ってことみたいです。

食後にはエスプレッソを一杯だけ一気に飲むのが習慣だったそうで、よく、ナポレオンは濃いコーヒーを何倍も飲んで夜遅くまで執務にあたっていた...なんて言われたりしてますが、実際はコーヒーはエスプレッソを食後に一杯だけってのが事実のようですよ


お店
名前 : L'Esprit du Sud
住所 : 13 boulevard Roi Jérôme 20000 AJACCIO
TEL  : 04 95 51 23 81
営業時間 : 12:00 〜 14:30 / 19:00 〜 22:30
基本年中無休


アジャクシオ旧市街の中心地、フォッシュ広場から海の方へ並行しているレストランが数軒並んでいる通り沿いにあるレストラン。
オシャレな空間で、昼も夜もゆっくりとお食事が楽しめます。



にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村


  






posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | フランスの食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする