2020年02月28日

イオングループ限定香りの余韻


近所のイオンで発見

ホワイトとゴールドのシンプルなデザインと、2019 年 限定醸造という言葉にひかれて買ってみました

サントリー 金麦 シリーズから、

香りの余韻

yoin20.jpg



同じようなネーミングで、キリンからは、キリン ホップ 香りの余韻ってのがファミリーマート限定で販売されているけど、こちらサントリーバージョンは、
イオングループ限定なんだそうです

上面発酵をするエールタイプは、僕個人的には、たまーに楽しむくらいで、いつものラガービールのようにデイリーではあまり飲まないんですよね。

ちょっとしたアクセントって感じでいただくくらい🍺

でもこちらは、エールというより、ホップの香りと苦みがちょうどよく、また炭酸もしっかり効いていて良くも悪くもエールって感じがあんまりしなかったですね。

なので、ゆっくりと香りを楽しむってよりも、
ラガーのようにごくごく飲め、飲みながら、そして飲んだ後の香りも楽しめます

コクも新ジャンルにしてはしっかりと感じられて、しっかりと味わえました

ただし、ビールではないので、
どうしてもリキュール臭さってのが残ってしまいますが、でもなかなか味わい深くておいしくて、コスパもいいですよ。

ビールもクラフトビールとかで、いろいろな製法のものがどんどん出てきているってこともあって、新ジャンルもいろいろな種類のものが出てきてますね

たくさん試して自分にある物をしっかりと見極めていこう


でも、最近あまりにもたくさんの種類のこういったものが出てきているので、そのうちビールの味...

忘れてしまうかな?


にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村












posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月01日

もひとつ気になった新ジャンル


何となくスーパーのビール売り場を歩いていた👟 👟 👟ら、
ちょっと気になった缶を発見👀

アサヒから出している、クラフトビールスタイルの新ジャンル

お値段が一缶 350ml で ¥108ということもあってちょっと試してみようと思って買いました

昨年の 12 月 17 日に発売された、クラフトスタイル

graft19.jpg



2種類出ていて、まずはこちらから。

ipatype20.jpg



IPA = インデア・ペール・エールってのは何かってのは前回書いたので、解説はそちらを見てくださいね

カリフォルニアの IPA


で、これはこんな感じで少し説明が書かれていて...

ipatype2.jpg



全体的にちょい薄めって感じはしましたが、ラガーでは感じられない、
IPA 独特のホップの苦みも感じられ、IPA 初心者にはちょうどいいかもしれません

僕は苦めのビールは好きなんですが、IPA のホップ感は、そんなに好きではなくてあまり飲まないんですけど、これくらいの IPA 感だとちょうどいいかも


そしてもう一種類は、

アサヒ クラフトスタイル アンバーラガー

ambertype19 (1).jpg



ニューヨークはブルックリンで人気のアンバースタイルのビールを再現したということで、色は若干濃いめ。

そういえばニューヨークで飲んだ BROOKLYN LAGER はこのスタイルなんですね。

ニューヨークの地ビールです

クリスタル麦芽、黒麦芽を原材料の一部に使用しているということで、
新ジャンルとしてはかなりのコクがあり、飲みごたえもあります

缶をよーく見ると、自由の女神やエンパイアステートビルなんかが描かれているので、やっぱりニューヨークをイメージしているんでしょうね

こちらの缶に書いてある説明はこんな感じで。

ambertype19 (2).jpg



両方ともおいしくてリピートしているんですが、どっちかというとアンバーラガーの方が好きかな?

数量限定・期間限定ということなので、今のうちに楽しんでおきます。

ちなみに、現在発売中のクラフトスタイルは第二弾なんだそうで、そのうち、第三弾、第四弾と進んでいくかもしれませんね

そう考えると、第一弾を逃したのは痛い...


にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村












posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月30日

新しくなった BARREAL


とあるニュースを見て買ってみようと思ったのが、
AEON の PB 商品である新ジャンル

BARREAL

以前からあったのですが、どうも外国の生産で、それ自体はいいんですが、
生産国独特のちょっと僕が好きではない香りがしていたので、試しに一本買って飲んでみたんですが、それ以降、値段は安くて魅力なんですが、リピートとまではいきませんでした。

しかーし...

今回、国内生産に全面切り替えということと、

その製造委託先があのキリンビール

そうです。

僕がビールに似たような飲み物で一番好きなのが、キリンの新ジャンル、本麒麟なんですが、そんな実績があるところで作ってるので、いやがおうにも興味が出てきました

それにお値段は据え置き、350ml 缶で

なんと

¥78

これは試さない理由はありません

というわけで、早速近所の AEON に行って購入

BARREAL三種類発売されていて、まずはオリジナルのものから。

barreal19 (1).jpg



ほら、

製造場:麒麟麦酒株式会社

って書いてあるでしょ?

barreal19 (2).jpg



色味はちょっと薄色のビールかなという感じ。

飲んだ感じでは、本麒麟をちょっと薄くしたような味で、そこそこいけますなぁ...

前の BARREAL に比べると全くもって別商品で、これは全然ですよ。

発泡酒や新ジャンルだとどうしてもボディーが弱くなりがちなんですが、
ま、僕的には許容範囲です

しいて言えば、もうちょっとホップを利かせてくれたら...

でも、¥78 でこのお味だとリピートするなぁ

続いて試したのが、

BARREAL Rich Taste

barreal19 (4).jpg



アルコールが若干高めの 6% で、
レギュラーよりもどっしりとコクを感じました

でもアルコールを強引に高めているせいか、若干アルコール臭を感じましたが...

最後に試したのが、

BARREAL 糖質 50% オフ

barreal19 (3).jpg



これはクリアなのど越しと言ってるだけあり、他の二つに比べると一番すっきりして、僕的にはちょっと薄く感じました。

リピートするなら、レギュラーもしくは Rich Taste かな?

この二つを飲み比べていってみよう。

それにしても一缶 ¥78 ってのは反則的な値段ですよね

さすがにビールと比べたらかわいそうですが、
発泡酒、新ジャンルの中ではトップクラスの味わいだと思いました。

記事を書いてたらまた飲みたくなってきたなぁ...

ちょっと買って来よう


にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村











posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする