2018年07月04日

名物なのかな?わさびソフト


道の駅 天城越えの名物なのかな?

至る所でこんな宣伝をしていました

izu18 (123).jpg

izu18 (122).jpg



やっぱりわさびの産地であるこのあたりの名物なんでしょうね

となると気になるのが僕です

ソフトクリームの注文カウンターにやってきました

izu18 (120).jpg



やっぱりここはわさびソフトでしょ

一番人気って書いてあるし

というわけで購入

izu18 (117).jpg



ここの道の駅ではわさびアイスと称するものを販売している店が二店舗あって、それぞれ違っています。

一つがこのわさびを練り込んだもの

そしてもう一つが、
普通のホワイトのソフトクリームにすりおろし本わさびが添えられているもの

そっちも気になったんですが、一応こっちが 「 元祖 」 なんて書いてあるので、こっちにしてみました

食べると普通のミルクソフトなんですが、わさびの風味と何となくツーンとする独特の刺激が。

辛さはほとんどなく、後味に何となくって感じで、
子供もおいしく食べてました

わさび風味のソフトクリームって位置付けかな?

ま、大人にとってはもうちょっとわさびの辛さがあった方がよかったかもしれませんね


にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村











posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | 日本の食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月03日

道の駅天城越えで遅めのランチ


天城トンネルを越え、またダートの坂を下って無事に国道 414 号線に無事合流

国道に出たら現代社会に戻った...って感じになるくらい、
なんかタイムスリップしたような、そんな不思議な空間でした

しばらく走った後、道の駅 天城越えに到着。

ま、道の駅だから何か食べる場所もあるだろうと、車を止めてぶらぶらと。

お土産物屋さんコーナーなどはいっぱいあったんですが、
レストランっぽいのは一カ所 🍴

入り口のメニューを見たらそそられるものがあったので、ここにしてみました

山のレストラン・緑の森(グリューネ・ヴァルト)

時間も 14:00 頃とかなり遅めだったので、店内は誰もいなくがらーんとしていました。

オーダーはカウンターで注文してお金を払って、商品ができるのを待つという
カフェテリアスタイル

ここで僕が注文したのは、わさボナーラ っていう、なんかよくわかんないもの。

このあたりの名産であるわさびを使ったスパゲティーだということは何となくわかるんですが、そんなのありなのかな?

というわけで、でてきたのが、これ

izu18 (113).jpg



となりのサラダはおいといて...

わさびの葉っぱを刻んだものがのっかてる、カルボナーラ風のスパゲティーに、
自分で本わさびをすりおろして混ぜ混ぜしていただきます 💧

わさびの葉っぱは割と刺激があったのですが、本わさびはおろしたては風味はいいんですが、スパゲティーは油がたくさん使われているので、そんなに辛くなく、わさびのつーん感が少し残る程度で、子供たちも食べてましたよ。

おいしい...

というのは微妙ですが、これ、スパゲティーを完璧な状態で出してくれたら、もしかしたら絶品なのかも

わさびたっぷりすって、たっぷり入れて食べると味わい深くなるね

少量だと風味も飛んでしまって、あまりわさび感ないから

めちゃ贅沢かもしれないけど

なので、このあたりでないとできないかも

というわけで、レストランの入り口には、イノシシさんの銅像が。

izu18 (115).jpg



こと辺りはわさび料理も有名なんですが、イノシシ料理も有名なんです。

なのでイノシシの銅像があるんですね。

これ、鼻をなでたら幸せになる...ってどこにも書いてないんですが、誰かしらが鼻をなでていたんでしょう

そしたらそこだけはげて金ぴかになってくる

それを見た別の人が、そこをなでたらなんかいいことがある...

この繰り返しでピカピカになって、みんな撫でて帰るのかもしれませんね


ところでこのレストランの名前、ドイツ語で、Grunewald

ベルリンの南西部に広がる森林地帯で、現在は手軽なリゾート地や高級住宅街になっている場所の地名なんですが、やっぱり天城峠一帯に広がる 1600ha の自然林、昭和の森にかけてこの名前を付けているのかな?

それにしてもなぜにドイツ語...

一瞬、16 世紀に活躍したドイツの画家、
マティアス・グリューネヴァルトに関係があるのかなって思ってしまいましたけどね...


お店
名前 : レストラン昭和の森 グリューネ・ヴァルト
住所 : 静岡県伊豆市湯ヶ島 892-6
     道の駅 天城高原内
TEL  : 0558-85-1109
営業時間 : 10:00 〜 15:00
定休日 :第3水曜日
URL  :
 http://www.cbr.mlit.go.jp/michinoeki/shizuoka/shizuoka07.html


道の駅 天城越えの中にある、ランチタイムだけ営業しているセルフサービスレストラン。
イノシシ料理やわさび料理を中心に提供しているお店です。



にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村











posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | 日本の食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月19日

稲取温泉のそば屋でお昼


稲取温泉駅前の観光案内所でご飯を食べられるところのリストをもらい、足湯につかりながらどこにしようかなとネットで検索して、ある程度目星をつけて出発

夕食は刺身やお魚関係がたくさん出る予定なので、ここはそういったものを外してそばを食べようと思いました

地図を見ながら車を走らせていて...

あ、見ながら運転はしてませんよ。

運転は妻で、僕はナビシートで地図を見ながらッて意味でね

信号待ちで止まったところでもう一度確認すると...

あ、近くにもう一個そば屋があるやん

んで、そっちの方が本格的やん...

と、急きょ行き先を変更。

で到着したのがこちら。

蕎麦処 誇宇耶

izu18 (48).jpg



建物も何となくよさそうですね。

最初、この屋号どう読んだらいいのかわかんなかったけど、これ、「 こうや 」 って読むんですね。

で、早速店内へ。

izu18 (39).jpg



12:00 ちょい過ぎでランチタイムど真ん中だったけど、店内には数人のみ

izu18 (47).jpg



大丈夫かな?

でもなかなか雰囲気いいしね。

我々は奥のお座敷に行きました。

izu18 (40).jpg



店内はやっぱり広いですね。

で、なかなかお蕎麦もこだわってるみたいです。

メニューを見たら気になるものが...

izu18 (41).jpg



美人のみ注文できるものがありましたよ。

めっちゃ気になって、娘に注文させました。

「 私注文できますか?

ってね。

店員さんは、

「 もちろんよろしいですよ

若干照れて、とっても喜んでいました

というわけで、出てきたのがこちら。

izu18 (45).jpg



蕎麦バージョンとうどんバージョンとあって、娘はうどん派なのでうどんバージョンで。

わかめ、えび、えび天、ゆで卵、湯葉、三つ葉、海苔 などが入っています。

うどんを一口もらったけど、しっかり腰があっておいしかったです。

そば屋のうどんはどうしても 「 ついで 」 感があるのでいまいちと思っているんですが、ここはしっかりとしてました

そして僕が注文したのは、

鴨汁せいろ

izu18 (42).jpg



あ、ここにもひみこ、いましたね

冷たいバージョンもあるみたい。

で、僕の鴨汁せいろ、出てきました。

izu18 (43).jpg



蕎麦の香りもしっかりしていて、味も抜群

izu18 (44).jpg



またつけ汁も、鴨肉がたくさん入っていて食べごたえも抜群でした。

蕎麦は基本、二八蕎麦

十割そばもあるんですが、二八ぐらいが一番食べやすいかな?

あ、もちろんそば粉が八割ですからね

こういうそば屋が近くにあったら、通ってしまいそうです。

そんなわけで、ほんと
たまたま信号待ちのときに気が向いて寄ってみたお蕎麦屋さん
でしたが、雰囲気も味もサービスもよく、来てよかったーって思いました。


お店
名前 : 誇宇耶 ( こうや )
住所 : 静岡県賀茂郡東伊豆町稲取 1940-1
TEL  : 0557-95-3658
営業時間 :11:00 〜 20:00
定休日 : 木曜日
URL  :
 http://www.sobako.ne.jp/


伊豆急行稲取駅から徒歩 15 分。国道 135 号線沿いにあるそば屋。
本格手打ちそばは、職人が打ってるだけあって香りも歯ごたえもしっかりしています。駐車場も広いので車で行くのも便利。女性は美人のみが注文できるという 「 ひみこ 」 をぜひ注文してみてください。少し恥ずかしいですが、具だくさんでおいしいですよ。男性は...要相談ということで。



誇宇耶そば(蕎麦) / 伊豆稲取駅

昼総合点★★★★ 4.3





にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村









posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | 日本の食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする