2020年03月15日

飛行機ってやっぱり速いね


京都では結局、伏見稲荷大社のお参りに行って、京都ラーメン食べて、家の修理を一部しただけで東京へ戻ります

ま、こんな状況なので、皆さん大変ですよね

そんなわけで帰る日は、大阪伊丹空港 7:50 発の ANA 2176 便に乗るため、家を 5:00 過ぎに出て地下鉄、JR、空港バスと乗り継いで伊丹空港にやってきてチェックイン。

この飛行機は、B777-300ER 国際線仕様の機材です

hikoki20 (2).jpg



伊丹 → 成田 に飛んで、そのあと、ヒューストンかシカゴかどこかへ行くんでしょうね

国際線仕様の機材のいいところは、広い席が選べるってことが一つあります

スーパーシートは国際線ファーストクラスの席に座れるので、すごく人気があるみたいです

わざわざ羽田行きに乗らずに、成田行きの便にするマニアの方もいらっしゃるそうで...

で、普通席は...

うまくいけば国際線プレミアムエコノミー席

またもっとうまくいけば、国際線ビジネスクラス席

ANA BUSINESS STAGGEREDに座れるんですよ。

もちろん追加料金なし

で、この飛行機のいいところは、各座席に USB コネクタがついているんです。

ということは、スマホなどの充電ができるんですよ

もちろん AC アウトプットもついているので、大容量も問題ありません。

国内線仕様ではまだ USB コネクタとかついてるの少ないですからね。

でもデメリットが、国内線機内 Wifi サービスが無いってことなんですよ。

ま、この飛行機が飛んでいるのは、伊丹 ⇔ 成田 1日1往復のみなので、成田発国際線に接続しない方にとってはあまり使い勝手はよくない便かもしれませんが、何かの時の参考にしてみてくださいね

hikoki20 (4).jpg



というわけで、今回は窓側の席に乗れたので、ちょっと飛行機のスピードを計ってみようと思って、スピードメーターのアプリを立ち上げて...

B777-300ER の離陸時のスピードはだいたい 300km/h くらい

hikoki20 (7).jpg



そこからぐんぐんとスピードを上げて...

hikoki20 (5).jpg



こんな速度なかなか見る機会無いですよね

hikoki20 (8).jpg



飛行機の速度は、気流によってかなり変わって来るんですよ。

僕も専門家ではないので、あまり詳しくは説明できませんが、
例えば飛行機の速度計では同じ速度を指していても、
追い風だと進む速度は速くなるし、向かい風だと進む速度は遅くなります。

よく、アメリカやヨーロッパへ行ったりすると、飛行機の飛んでる時間が行きと帰りでは1時間以上、場合によっては2時間以上持ち場うことがありますよね。

航路も若干違ったりするんですが、主な理由は上空を流れているジェット気流の影響なんです。

追い風と向かい風で飛行機自体は同じ速度で風切って飛んでいるんですが、実際の進む速度はかなり変わってくるんですよね。

この進む速度を対地速度なんて言っていますが、僕のアプリは GPS を使って、移動した距離と時間で割り出しているそうです。

ま、正確な数字問より、無料のアプリなので、おおよそのスピードですけどね。

で、この飛行機の速度、離陸して水平飛行に移ったときは、今回は時速 900km/h くらいで飛んでいたんですが、だんだんと到着地に近づくにつれ、燃料を消費して軽くなり高度を上げていきます。

そうすると空気の密度が薄くなり、抵抗が少なくなってスピードが上がります

hikoki20 (9).jpg



どんどん上がって、1,000km/h 超えたらどう表示されるのかなと思っていたら、こんな感じになりました。

hikoki20 (10).jpg



下二けただけの表示...

さすがに
1,000km/h 超えることは想定してこのアプリ作ってないですよね

でも、下のほうに、最高速度の欄が小さくあって、しっかりと 1.064.1km/h と表示されていました。

ここまで出した後、高度を下げて、成田空港に到着

hikoki20 (6).jpg



いやー、こんなことやってたので、ゆっくりと飛行機で休めず、この日一日はずっと寝不足状態でした

皆さんも興味があったら、色々と計ってみてください。

面白いですよ。

ただしこのアプリは GPS を使いますので、窓側席でないとちょっと難しいかもしれませんが...


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村












posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月11日

超ガラガラの伏見稲荷大社


京都に着いて、一番の目的だったものが、某ウイルスのせいでお流れになってしまい...

時間が空いてしまったので、せっかくなので観光することにしてみました。

京都って改めて観光ってあんまりしてなかったので、どこ行こうかな?

どうせなら、
最近観光客が多くて全くと言っていいほど近寄れないエリアに行こうと思って考えて...

嵐山・・・ この時期はあまり行っても何もないし

保津川下り・・・ 寒いし

清水寺・・・ まだ工事中

などなどと考えて、そんなに時間もなかったので、家の近所の伏見稲荷大社に行ってみることにしました

そうです。

稲荷ずしで有名な、全国約3万社ほどあるお稲荷さんの総本宮です

僕も小学生の時に何回か行ったことあるんですが、ここの名所であり、
映えまくる千本鳥居ってところが、昔から有名だったんだけど、今や人が多すぎて
歩くことすらままならないとか...

ま、こんな時期だからうまくいけばいい写真が撮れるかなと思って行ってみました。


参拝者専用の駐車場も、ガラガラで半分くらいの車。

で、人影もまばらの鳥居をくぐって...

fushimiinari20 (1).jpg



本殿のお参りの前に、本殿脇にある東丸神社を参拝。

ここは「 あずままろじんじゃ 」 と読むんですが、荷田春満という学問の神様を祀った神社です

なので、うちの子供の合格祈願にばっちりですね

fushimiinari20 (3).jpg



学問の神様では有名な、菅原道真を祀っている天神さんよりは知名度は落ちるけど、この際、いろいろな神様にお願いしまくっておかないと...

この神社の本殿はこちら。

fushimiinari20 (5).jpg



ここの神社のことはこれくらいにして、伏見稲荷大社の本殿へ。

fushimiinari20 (2).jpg



その前に手水舎

fushimiinari20 (19).jpg



むむむ

さすがの神様もコロナウイルスには勝てないのか...

ま、気を取り直して本殿参拝。

fushimiinari20 (4).jpg



本殿を参拝した後、その裏にある稲荷山へ続く道に、有名な千本鳥居ってのがあります。

こんな感じで。

fushimiinari20 (7).jpg



この辺りはとっても幻想的な雰囲気がするということで、たくさんの方々が写真を撮っているスポットでもあります。

fushimiinari20 (6).jpg



ちょっと明るかったので、そんなに幻想的な雰囲気はしないんですが...

fushimiinari20 (9).jpg



鳥居の正面はシンプルなんですが、後ろっ側は奉納した個人や会社の名前、そして奉納した年が書かれています。

fushimiinari20 (10).jpg

fushimiinari20 (11).jpg



なんでこんなに鳥居があるのかというと、江戸時代から、願い事が 「 通る 」 或いは 「 通った 」 お礼の意味から、鳥居を奉納する習慣が広がったんだそうです。

それがぎっしりと建ち並んでいて、なんか別の世界に続いて行きそうですね。

この鳥居をくぐっていった先はちょっとした広場になっていて、そこからもまだまだ続いて行きます。

fushimiinari20 (12).jpg



いろいろと撮ってみましたので、どれが幻想的なのか見てみてくださいね

fushimiinari20 (14).jpg

fushimiinari20 (15).jpg

fushimiinari20 (16).jpg

fushimiinari20 (18).jpg



というわけで、こんな写真、
この時期でないとまず撮れないというくらい人がいなくて、閑散としていました。

昔、40 年前くらいはこんな感じだったんですけどね。

多分...


にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村













posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月09日

京都駅ビルからの絶景展望


伊丹空港に着いた後、いつもの通り空港バスで京都駅へ。

そこから JR で一駅移動するのですが、せっかくなので
京都駅のちょっと気になるところへ行ってみました

こちらは京都駅の大階段

kyotoeki20 (8).jpg



迫力ありますねぇ...

この階段の下にちょっとした舞台があって、ちょっとしたコンサートなんかも開かれたりしていますよ

階段は LED で色々な画像が映し出されているんですが、まだちょっと明るかったので、はっきりとは見えませんでした。

で、僕が気になっていたところは、ここではなく、この京都駅のドームの上のほうにある
空中経路って場所

なんでも、大天井のちょい下
地上から 45m の高さを東から西へ 147m 結んでいるところです

入り口は東入り口と西入り口があるんですが、今回は東の入り口から。

ところどころに目立たない看板が出ていて、エスカレーターで登っていくんですが、何ぶん、あまり人に知られていないせいか、時期が時期なのか、
ほとんど...全く人影がないところを通過していって...

途中、京都駅中央口のコンコースを上から眺めながら...

kyotoeki20 (9).jpg



どんどんエスカレーターで登っていくと、東の入り口

こちらが空中経路

kyotoeki20 (10).jpg



鉄パイプとガラスで囲まれた通路がずっと伸びています。

ところどころに展望エリアがあって、そこから京都タワーや京都の町が見渡せます

こんな感じでね

kyotoeki20 (11).jpg



おそらく京都タワーを眺めるにはここからが一番かも

夜になるといろいろとライトアップしたりして楽しませてくれるみたいですよ

kyotoeki20 (12).jpg



今度は夜来てみようかな?

というわけで、そのまま西のほうに歩いて行ったら、大階段も上から見渡せて...

kyotoeki20 (13).jpg



そして出口へ。

西の入り口は、伊勢丹 10 階にある京都拉麺小路にあるので、こちらのほうが分かりやすいかな?

kyotoeki20 (14).jpg



こちらが京都駅ビルの隠れたスポット

空中経路

京都駅が混雑しているときでも、ここまで登ってくる人はあまりいないようですね

この時も、1組のご家族連れと、出口出た時に若者2組とすれ違っただけです。

営業時間は 10:00 〜 22:00

入場無料なので、一度は訪れてみるのもいいかもしれませんね




ラベル:空中経路 京都駅
posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする