2019年11月23日

秋の羽田から真冬のリヨンへ


今回の現場はフランス

ちょっと記事は遅くなってしまいましたが、11/16〜11/18 にかけて行われるブルゴーニュ地方最大のお祭り「 栄光の3日間 」を見るために羽田を出発しました

羽田空港の国際線ターミナルは紅葉のディスプレイで、秋真っ盛り

hnd19 (1).jpg

hnd19 (3).jpg



インスタの映え用にブースも作られていました

hnd19 (4).jpg



秋を感じさせてくれますねぇ

hnd19 (2).jpg



そんな秋の羽田空港の国際線ターミナル、一番新しいゲートより ANA 便にてミュンヘンへ

hnd19 (6).jpg

hnd19 (7).jpg



ミュンヘンで乗り換えて、そのままフランスはリヨンへ。

リヨンの空港は、サン=テクジュペリ国際空港

到着したけどそのまま機内待機

なんと、リヨンの空港は雪で、降機作業が遅れてるとか

10 分ほどでしたが機内待機の後、吹雪の空港内を歩いてターミナルビルへ

hnd19 (13).jpg

hnd19 (11).jpg



秋から一転して真冬のフランス中部でした

hnd19 (12).jpg


この日、日本でもなんかニュースやっていて、リヨンで降雪 15cmとか...

ま、市内中心部はどうかわかんないけど、空港は少なくともそれくらいは積もってましたね。

そんなこんなで、でも無事にリヨンに到着してそのままホテルへ。


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村












posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月07日

11/3東葉家族車両基地まつり〜2


というわけで、関東近郊の私鉄ブースを見たり、アルパカなどと触れ合ったり、食事を食べたりした後、いよいよ車両を見に行くことにしました

まずはこちら。

東京メトロ東西線 05 系

toyo19 (19).jpg



と、東葉高速鉄道 2000 系

toyo19 (21).jpg



で、こちらがそのツーショット

toyo19 (20).jpg



ちなみに何度か書いたことあるんですが、東葉高速鉄道の車両は、JR 乗り入れ用の保安装置、ATS-P形 は装備していないので、JR 線内は走ることはできません

なので、こちらの行先表示版にあるように、快速 津田沼行きは実際の運用ではありえないことなんですよ


というわけで、次はこれも恒例になった、2000 系の中を見てみることにしました。

toyo19 (24).jpg



車体の下なんかも見た後、中を見学。

シート下の暖房装置や、

toyo19 (25).jpg



行先表示版の裏など、

toyo19 (26).jpg



を見て、運転台へ。

toyo19 (27).jpg



ま、この辺りは何度も見ていたので、軽く流して...

で、先ほどの 2000 系、真正面から。

toyo19 (28).jpg



今度は行先表示版が、高田馬場になってましたけどね。

なかなかこういったアングルで撮る機会はないので、良かったですよ

さて、ステージの方では、八千代消防音楽隊の演奏がありました。

toyo19 (29).jpg



先日、京都で僕が演奏した曲と同じものもやっていて...

でも編成が若干違ったので、編曲も違ったので、雰囲気もちょっと違いましたが。

そんなわけで、何となく感じたのは、毎年、人が多くなってきている割には、
規模が小さくなってきてるような...

前回はもっとたくさんの車両を見ることができたし、その前は列車に乗ってそのまま洗車機の中を通過ってのもあったし。

関係者の方、もしこのブログご覧になっていたら、次回はもうちょっと派手に頼みますよ


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村











posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月05日

11/3東葉家族車両基地まつり〜1


秋の風物詩となった、東葉高速鉄道の車両基地祭り

toyo19 (30).jpg



一年に一度、八千代緑が丘駅のちょっと外れにある車両基地の一部を一般開放して、いろいろな車両に触れ合うことができます

そういえば過去、

2017 年

2015 年

2013 年

と3回行ったんですが、いずれもなぜか計画していたかのように、2年ごとに行っています

毎年やってるんですけどね

過去は朝イチに行っていたんですが、今年は午前中はちょっと用事があったので、お昼過ぎから行きました

toyo19 (31).jpg



入場して少し歩くと線路を越えて...

toyo19 (1).jpg



まずは、東葉高速鉄道の駅表示板

toyo19 (2).jpg



1枚 ¥8,000でしたよ。

そしてこちらが運賃表

toyo19 (3).jpg



ちょうど 10/1 から運賃が改正になったので、かなりの枚数が出ていました

どれでも1枚 ¥8,000 でした。

その手前にある黒いのは運転士が持っているカバン

これも気になったんですが...

その先には各鉄道会社のブース。

まず、東葉高速鉄道のグッズを売っているお店から

toyo19 (4).jpg



そして、こちら銚子電鉄のブース

toyo19 (5).jpg



あのテレビで一躍有名になって、売り切れ続出のまずい棒も売っていました

すごく買ってみたかったんですが、そんなに量はいらないんですよね。

後は東京メトロのブース

こちらは、つり革や非常ボタン、電車のフロントについている電灯なんかも
しれっと売っていました

toyo19 (6).jpg



それ以外も、千葉モノレール相鉄新京成などなどと
関東近郊の私鉄の出店がたくさんありました

その先...

これも毎年恒例の、東京動物専門学校の学生さんたちが開催している、
動物さんとのふれあい広場です。

アルパカや、

toyo19 (7).jpg



モルモットとのふれあい

toyo19 (8).jpg



などがありました。

ちなみに東京動物専門学校の八千代キャンパスは、八千代緑が丘駅から歩いて 10 分ほどの場所にあります。

その先...

これ、面白かったのは、自動改札機の中身を解説しているところ。

toyo19 (9).jpg



切符を投入したら、こう通って出てくる...

その間 0.1 秒だとか

子供以上に気になりました

さて、さらっと見た後、一番奥に食べ物を売っている場所があったので、そちらでお食事を購入

13:00 過ぎということもあったんですが、まだまだたくさんの人で混んでいました。

toyo19 (14).jpg

toyo19 (15).jpg



そこで気になったのがこのお店

toyo19 (10).jpg



千葉県は地元八千代市名物の源右衛門鍋です

源右衛門鍋ってのは、江戸時代、平戸村の染谷源右衛門って人が、当時、大きな水害を引き起こす川として恐れられていた新川を何とかしようと立ち上がりました。

彼は新川の開削の際に工事に携わった人に対して、大鍋を使って料理を振る舞っていただろう...ということから毎年4月に開催される 「 源右衛門祭 」 の目玉として、直径2メートルの大鍋 「 源右衛門鍋 」 を作ったそうです。

また、この鍋を使い、わが町八千代をよりPRするため、「 街づくり市民の会 」 が開発したのが、今回のイベントにも出店している 「 もちぶた炙りチャーシューバージョンとん汁 」 です。

埼玉県和光市で毎年開催される 「 ニッポン全国鍋グランプリ 」 に 2012 年の第8回大会から参加し、準優勝4回優勝2回と常に上位の成績を収めており、これまでもテレビ、ラジオ、新聞で取り上げられているんだそうです

すごいですねぇ

知らなかった...

というわけで、早速購入

大鍋から入れてくれて、隣で焼いていたもち豚の焼き豚を入れてくれます

toyo19 (11).jpg

toyo19 (12).jpg



こんな感じで。

toyo19 (13).jpg



大根と人参、こんにゃく、油揚げがたっぷりの具に、焼き豚が2枚。

これが芳ばしくて柔らかくて、なかなかおいしく頂けましたよ

こんな食べ方もあるんやね。

今度やってみようかな

そしてもう一つ

これも気になったんですよ。

toyo19 (17).jpg
>


100 年前ドイツ人が日本に伝えたソーセージを再現

toyo19 (16).jpg



この手前のものです。

400 円とちょっとお高めだったけど、購入

toyo19 (18).jpg



このソーセージもちょっとうんちくを書くと...

場所は八千代市のお隣である習志野市

ここには、1915 年 9 月から 1920 年 1 月までの間、第一次世界大戦中に日本の捕虜となったドイツ兵約 1,000 人が収容されていた 「 習志野捕虜収容所 」 がありました。

戦時中、高栄養価食品としてソーセージに注目していた当時の農商務省は、ドイツ国内でソーセージ職人だったカール・ヤーン氏ら5人が、実際に収容所内でソーセージを製造している事を知り、千葉市に新設された農商務省畜産試験場の飯田吉英 ( ヨシフサ ) 技師を収容所に派遣し、カール・ヤーン氏達からソーセージ製造の秘伝を公開してもらいました。

このソーセージ製造技術が、農商務省が開催した講習会を通じ、日本全国の食肉加工業者たちに伝わっていく事になったというわけです。

そんな事から、習志野市は「 日本のソーセージ製法 伝承の地 」といわれるようになりました。

その当時のソーセージを再現したものがこちらで販売していたので、これは外せないでしょ

せっかくそんな貴重な場所に住んでいるわけですからね。

特徴としては、一般的に売られているソーセージは、羊の腸を使用することが多いのですが、こちらは豚の腸を使用しています。

そのため、表面をよく焼くことで、芳ばしくより美味しくなるそうです。

また、当時は防腐剤や保存料、発色剤などが無かったため、純粋に塩漬けにしたソーセージとなるので、若干塩分濃度は濃いめです。

食べた感じは、ドイツのソーセージでよくありがちな、パリッとした食感ではなくって、何となくぶにょって食感になります。

おいしいかどうかというより、昔はこんな感じだったんだなぁという感じで、
歴史を感じながら食べるのもいいですよ。

ちなみにまずくはないですよ。

念のため。


そんなお食事、今回のイベントでは電車の中でも食べることができます

toyo19 (23).jpg



普段、近郊電車の車内では絶対にできないんですが...( マナーの問題でね ) 今回は食事場所としても開放しているので、ピクニック気分でロングシートの車内でお食事を楽しまれている方が多かったです

後は、これもマナーというか、実際の車内でやったら絶対に怒られる、

つり革にぶら下がってぶらぶら


やったり...

これも1年に1度の楽しみですね。

そんなわけで、お食事を楽しんだ後は、いよいよ車両を見に行きました。


にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村













posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする