2020年07月07日

千葉県最東端の犬吠埼灯台へ


銚子でちょっと遅めのお昼を食べた後は、犬吠埼

この辺りは、三方を海に囲まれた海食台地になっていて、断崖絶壁の下に横たわる無数の岩礁で荒波が砕ける様は、海のそばまで降りていくと迫力満点

今から2億年前から 1700 万年前に形成され、500 万年前から数万年前に今のような関東地方ができたと言われているそうなんですが、そういったことから、2012 年 9 月 24 日に、
銚子ジオパークに認定されてたところです

choshitabi20 (17).jpg



ジオパークと言えば、数年前、伊豆半島ジオパークに登録されている河津七滝に行ったときもちょこっとそんなことにふれましたが、

河津七滝で一番大きな大滝から

こちらも詳しくは、下記のところから見てくださいね。

結構わかりやすくのってますよ

銚子ジオパーク まるごとガイド

銚子ジオパーク みどころガイド 〜地質編〜

銚子ジオパーク ガイドマップ

Choshi Geopark GUIDE BOOK English Version

後いろいろとサイトがあるので、見に行ってみてください

というわけで、海を見て、波を間近で見て、そのあと灯台へ。

choshitabi20 (18).jpg



残念ながら、コロナの影響で中に入ることはできませんでしたが、この灯台は、明治7年 (1874年 )、イギリス人技師 R・H・ブラントンの設計で造られた、高さ約 32m のレンガづくりの西洋式灯台です。

当時は、日本産のレンガは品質も悪く、ブラントンは自国イギリス産のレンガを使おうとこだわっていたそうですが、日本人技師の中沢氏は国産のレンガで造ろうと進言。

なんとしてでも成功させるため、香取郡高岡村 ( 現在の成田市辺り ) でレンガ造りに適した良質の土を発見し、国産レンガを完成させました。

イギリス産と比べても遜色のない優良なレンガ 19 万 3 千枚を使って建てられたこの灯台は、国の登録有形文化財になっています。

この灯台、400ワットの電球を日本に5つしかない、直径 259cm、内径 184cm もある第1等4面フレネル式閃光レンズによって、19.5 海里 ( 約 36km ) まで光を届けられているそうです。

その光量約 110 万カンデラ

1カンデラってのがだいたいろうそく1本分の明るさって言われてますから、ろうそく 110万本分の明るさ???

また、この灯台は、GPS の誤差情報を修正するディファレンシャル GPS 局としての役割を持っていました。

昔の GPS はかなりの誤差があったので、それを修正する電波を発信していたんですね。

現在は精度がかなり増したのでそのシステムは必要なくなり、昨年の3月でその役割を終えました。

今は船舶にも普通に GPS は標準装備なので、というか、GPS ついてない船はもうないといってもいいくらいなので、だんだんと灯台の数も減ってきているそうです。

やっぱり計器航行のみだと万が一の時にどうしようもなくなるので、灯台はやっぱりある程度は必要だと思いますよ。

フル自動化された飛行機でも、コクピットには航空地図とコンパスは必ず積んで、何があってもちゃんと飛行できるようになってるそうですからね。

というわけで、灯台、ちょっと見学してみたかったけど、また落ち着いたら行ってみよう。


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村













ラベル:灯台 犬吠埼 千葉
posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月03日

味噌クリームチーズアイス


今回のプチ千葉の旅は、千葉の北の方

利根川沿いに少しドライブして、一風変わった道の駅、発酵の里こうざきへ。

この敷地にある、発酵市場はたくさんの発酵食品を販売しています

choshitabi20 (3).jpg



発酵食品っていうと、身近なものでは味噌や醤油、お酒なんかがありますが、特に醤油の本場である千葉なのでいろいろな種類の醤油がありますよ。

気になったのが、透明な醤油

本当に水みたいに透明なんです。

色が付かないので、素材の色を楽しむ料理にお使いください

なんて書いてあったんですが...

珍しいので買ってみたけど、醤油の味...というより、
塩水っぽく感じてしまいました...

ここで発酵食品のことについてちょこっとうんちく

発酵食品って身体にいいってよく言われているんですが、なんでなのかな?

ここに置いてあったリーフレットによると...

発酵食品が身体に良いのはなぜ



それは、免疫力を高めるからなのです

では、発酵食品は本当に免疫力を高めるのでしょうか?
「 なんとなくカラダに良さそう 」 というイメージではなく、数値化した確証を得るために、道の駅 発酵の里こうざきでは発酵食品5品目の 「 自然免疫促進活性 」 について、専門の研究機関に検査を依頼しました。




検査の結果
「 神崎町 」 の発酵食品に免疫力をアップする効果が認められました!

神崎町の事業者が製造・販売する発酵食品5品目を検査。各食品サンプルから抽出・培養した 10 株の菌を測定したところ、すべてに 「 自然免疫促進活性が認められる 」 という数値が現れました。
今回の測定により、発酵食品が免疫を促進させることがわかりましたが、土の菌が何に効くかについては、まだ解明されてないものがたくさんあります。




発酵食品で 「 菌活 」 を!
一口に発酵食品といっても、お酒や乳製品、調味料まで様々です。発酵食品は細菌や酵母、カビなどの微生物の働きによって作られたもの。偶然から美味が生まれ、しかも健康に役立つ機能も備えているという、スーパーフードなのです。
感染症はもとより、生活習慣病やがんについても免疫力の低下が原因の一つです。日々の食事に発酵食品を取り入れて 「 菌活 」 を始めませんか?


発酵の里こうざき リーフレットより一部抜粋


このリーフレットには、
どんな機関がどうやって調べたのか、免疫とは何ぞやとか、いろいろとわかりやすく書いてありますよ

一度立ち寄ってぶらぶらとしてみてください。

というわけで、ここでは発酵食品を購入...というより、お隣のカフェでこんなのを発見したもんで...

choshitabi20 (2).jpg

choshitabi20 (1).jpg



これはもういっとかないといけないでしょ

というわけで、この中から結構悩んだんですが、これにしてみました

choshitabi20 (4).jpg



ほとんどクリームチーズのアイスという感じで、味噌感は若干塩味を感じるってことでわかるかな?

味噌感は低めでした

でも、なめらかで食べやすかったですよ

普通においしかったです。

今度立ち寄ったら、別の種類のを食べてみようかな。

発酵食品って、日本では味噌や醤油、漬物なんかで非常に身近にあるもんだから、日本独特なものかなと思いがちですが、世界中にもたくさんあるんですよ。

パンやチーズなんて世界中で食べられているし、最近フランスでも納豆工場ありますからね。

また、パンやアンチョビ、ドイツのザワークラフト、オーストラリアのベジマイト、韓国のキムチ、何てのはおふくろの味というか、母国の味だってみんな言いますね。

発酵食品、身体にいい...

よし

僕も頑張ってビールやワインを飲もう


というわけで、この後利根川沿いにドライブ続けました。


にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村









posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月15日

南房総方面へ日帰りプチ旅行


コロナの影響でなかなか旅行が難しくなっていて...

特に県を越えての旅行はまだまだ自粛

でも、

千葉県も結構いいところがあるんですよね

というわけで、千葉の再発見という大げさなものではないんですが、せっかくなので
房総方面へ日帰り旅行をして来ました

メインはいろいろなところの道の駅を訪ねたり...

そんなわけで、朝早く家を出て、京葉道路から館山自動車道へ。

途中、館山自動車道唯一の S.A. である、市原 S.A. にちょっと立ち寄ったりして高速道路を快適走行。

第一の目的地は、館山自動車道からそのままつながってる、富津館山道路の鋸南保田 IC を降りてすぐのところにある、

道の駅 保田小学校へ。

保田小学校は、2014 年まで小学校として実際に使われていたのですが、廃校になったため、2015 年 12 月に道の駅として生まれ変わりました。

minamiboso20 (14).jpg



キレイな建物ですね

minamiboso20 (13).jpg



1階部分は主に食事場所などがあって、例えばこちらは
地元の食材などを使った定食料理が食べられます。

minamiboso20 (11).jpg



こちらは手作りの...窯があってそこで焼いたピッツァが食べられるそうですよ。

minamiboso20 (10).jpg



ここの金八先生のクラス....じゃなかった、

3年B組は中華料理店です。

minamiboso20 (5).jpg



もう一カ所、同じ並びではないのですが、ちょっと違うところにカフェがあります。

minamiboso20 (27).jpg



金次郎という名のこのカフェのすぐそばに、懐かしのこの方の像がありました。

minamiboso20 (3).jpg



そういえば昔は二宮金次郎の像はたくさんの学校においてあったみたいですね。

彼の、薪を背負いながら本を読んで歩く姿ってやつ。

僕の通っていた小・中学校にはなかったと思いますが...

でも、最近は

本を読みながら歩くのを子供が真似したら危ない

とか

子どもが働く姿を勧めることはできない



歩きスマホを助長させる

とかなんだかんだで、撤去されたり、違う姿になってるみたいですね。

こんなところにもそんな影響が...


というわけで、食事できるところはこの4カ所なんですが、いずれも小学校時代に実際に使用されていた机、いすなどをそのまま使ったり、黒板なんかもそのままあったりと、大人にとっては懐かしい感じがするかもしれませんね

僕が行ったときはちょっと時間が早かったってことと、コロナの影響で営業時間が短縮されていて、中には入れなかったので、窓からのぞいただけですが...👀

1軒だけ、そのカフェでタイミングが合って軽く食事をしたんですがその様子は次に書きますね

あと、1階の教室を改装したところでは、ここ

minamiboso20 (4).jpg



マッサージチェアなどがあるところみたい。

こちらはキッチンになっていて、プロ仕様のスチームオーブンなんかもあったりして、本格的な料理が作れるそうですよ。

minamiboso20 (12).jpg



自分たちで料理を作ることもできるし、料理教室なんかもたまに開催されているようです

この教室群の上の階は、宿泊施設やミーティングルームに改装されている部屋もあったりするのですが、こちらは現在 CLOSE

再開したら見に行ってみたいなぁ。

またまた周りを歩いてると気になるのぼりがありました。

minamiboso20 (1).jpg



地すべり米???

鋸南町特産品のブランド米だそうで、すごい人気で6月ごろには売り切れてしまうそうです

僕が行ったときは、このお米を使った玄米コーヒーやお酒は売っていたんですが、肝心のお米は売ってなかったです...

あったら買ってたかも。

そしてもう一つ。

これ

minamiboso20 (15).jpg



なんだと思いますか

千葉県は、落花生、つまりピーナッツの産地なんですが、

P( ピー ) よりおいしい Q( キュー )

ということで、Qなっつって名前を付けて売ってるみたいですよ

ところで、落花生とピーナッツの違い、知ってます?

超簡単に言うと、

殻付き = 落花生

中身だけ = ピーナッツ


となります。

簡単に言うとね

物は同じですよ。

そんな特産品を売っているところがこちら。

minamiboso20 (9).jpg



元体育館を改装して作られた、きょなん楽市 と呼ばれているマルシェ。

中は鋸南町の特産品や、ここでしか売ってないお土産もあって、なかなか面白いですよ。

minamiboso20 (6).jpg



というわけで、ここだけでお店しかまともに空いてなかったけど、1時間以上うろうろとしていました。

一通り見た後、先ほどのカフェに戻ってここの名物をいただきました。


ブログランキング・にほんブログ村へ












posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする