2020年01月20日

初詣は毎年恒例の岩屋神社へ


というわけで、元旦はのんびりした後2日。

この日もお節とお雑煮でお祝いをして。

うちの実家は毎年、元旦は京都スタイルの白みそ仕立てのお雑煮

そして、2日はおすましのお雑煮となります

ozouni20.jpg



それと海老の塩焼き

で、最近は2日目の空いているころに初詣に出かけるようにしています。

元旦はとっても混んでいて...

と思っていたら、友人 ( この岩屋神社のすぐ近くに住んでいる人 ) 曰く、

元旦でもめちゃ混むのは 0:00 前後から 4:00 頃までと 9:00 以降で、8:00 頃とかは空いてるよ、と

そういえば、京都の初詣のメッカである、
伏見稲荷大社も 7:00 とかだと結構空いているんだって<

今度は元旦の朝早く行ってみようかな?

そんなわけで、2日の 10:00 頃の岩屋神社です。

iwayasan20 (3).jpg



ガラガラ的に空いていたので、ゆっくりとお参りすることができました

iwayasan20 (1).jpg



で、こちらが今年引いたおみくじ。

iwayasan20 (2).jpg



半吉...って、何やねん

いろいろと調べてみたら、凶の一歩手前...

という人もいれば、

吉の下で末吉や小吉より上

っていうのもあって、よくわからないですね

ま、すごくいい運勢ではないにしても、書いてあることはなかなかいい感じで...

ま、いいかな。

特に、半吉って出す神社もあまりなく、あっても数%というこのレア度から、かなり喜ばれる方も多いみたいですよ。

大吉や凶よりもかなりレア度が高く、愛知県の熱田神宮や東京の浅草寺だと、5% くらいの出現率なんだとか

ということは、ラッキーなのかな?

今度宝くじでも買ってみようかな?

というわけで、2020 年も良い年でありますように


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村












posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月10日

京都駅で見かけたJR西日本の車両


新幹線で京都駅に到着し、そこから東海道本線...

通称、JR 琵琶湖線に乗り換え。

乗り換えのホームに行く前に、奈良線のホームに JR 西日本の221 系車両がやってきました。

思わず写真を撮って...📷

kyo19 (10).jpg


この車両は平成元年にデビューしたもので、それまでの新快速で活躍していた、117 系に置き換えるべく、でも乗降をスピーディーに行うため、3ドア転換クロスシーと車となりました

アイボリーホワイトの車体には、それまでの新快速のイメージカラーである茶色ベージュ、JR 西日本のコーポレートカラーであるブルーのラインがあります。

現在、新快速は 223 系や 225 系にその座を譲り、東海道線内は快速や各駅停車、その他ローカルなところで普通や快速として活躍しています。

こちらは、奈良方面に行くみやこ路快速としての運用でした。

こちらは、サンダーバードでおなじみの683 系

kyotoeki19-2 (1).jpg



最高速度は 130km/h ですが、有名なほくほく線を走っていたはくたかは、160km/h 走行をしていた、あの車両です

というわけで東海道線....じゃなくて琵琶湖線のホームに行って...

kyo19 (11).jpg



同じ京都駅のホーム表示板も、JR 東海 ( 新幹線ホーム )はオレンジですが、JR 西日本 ( 在来線 ) のはブルーなんですよ

そこで一瞬見かけた気動車

智頭急行の HOT7000 系気動車

kyotoeki19-2 (2).jpg



スーパーはくととして、兵庫県の上郡から智頭を越えて鳥取へと、中国山地を横断する曲線区間を高速で走り抜けるために開発された、
制御付自然振り子機構を採用した高速気動車です。

ま、そんなことはともかく...

で、我々の乗る東海道本線...琵琶湖線 ( もういいって!) を待っていたら、ちょうど米原行きの1分後に0番ホームから草津線経由の柘植行きが発車すると表示が出ていました。

今でこそ普通の電車が走っているんですが、僕の子供のころは、草津線は電化されていなかったので、レッドトレインといって DD51 ディーゼル機関車に引っ張られた
50 系客車が走っていました

それに乗りたくてわざわざ一駅区間だけなんですが、それを待って乗ったことがしばしばありました

そのレッドトレインの前は、自動ドアではない青色や茶色の客車

多分 10 系とか 35 系とかかな?

その前は蒸気機関車に引っ張られたのも走っていた記憶があります

そう遠くない過去...ですね。

自分にとっては

で、この列車は京都駅始発なので、空いてると思って、0番乗り場に回りました。

やってきた車両は、なんとこれまた懐かしの 117 系

そうです。

僕の子供のころ、シティーライナーという愛称で活躍した、新快速車両なんですよ。

阪急や京阪に対抗した、2枚ドア転換クロスシートの車両は現在も健在です

kyo19 (14).jpg



車両は緑色に塗られてはいましたが、懐かしかったすよ

117kei19.jpg

kyo19 (27).jpg



というわけで、鉄っちゃん色がかなり強くなった、マニアックな記事となってしまいました

さて、この僕の行動、理解してくれる人...

いるかな?


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村













posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月08日

今年の年末は新幹線で京都へ


年は明けてしまいましたが...

2019 年の年末も実家の京都で迎えようと。

毎年、実家に向かっているんですが、今年は上のお姉ちゃんが受験のため自宅で居残り

そのため、僕とその他の子供たちとの移動なので車ではなく新幹線で移動

当然、指定席なんて取れるわけもなく...

というわけで、東京駅に 12:30 頃に着いて1時間も待てば座れるだろうと。

結局 13:47 発ののぞみに乗車して出発

車内は当然のごとく満席ですよ。

kyo19 (6).jpg



一瞬にして車内はいっぱいになって、あとはデッキがそこそこいっぱい

さすがに通路にはそこまで人はあふれていませんでしたが。

僕たちは5番目くらいの順番だったので、車両のほぼ真ん中あたりで。

でないと、人がいっぱいになってきて通路にもあふれ出して来たら、あんまり落ち着かないですしね

お昼ごはんは、時間も時間なので、新幹線の中で駅弁

ホームの駅弁売り場で購入したのでそこまで混んでなかったけど、弁当買うのも一苦労ですね。

今日のお弁当はこちら

kyo19 (4).jpg



和の彩り御膳

日本料理 鈴なり店主の村田明彦氏が監修したというお弁当

最近、有名料理店とコラボしたお弁当とか結構増えてきてますね

これも、村田さんの写真がデーンとパッケージに出てたりして、かなりの気合の入れよう

というわけで、中身は...

kyo19 (5).jpg



鶏照焼 あおさ真丈磯部揚

かぼちゃ煮 人参煮

椎茸旨煮 ふき含め煮

アトランディックサーモン風味焼き

れんこん煮 煮玉子

二色そぼろご飯 ( 鶏花椒・玉子 )

焼海苔 赤かぶ漬


実店舗で食べたことはないので、何とも言えませんが、上品なお味で、
冷えてもここまでおいしくいただけるのは感心しました

ちょっと量が少ないのが残念でしたが、でも具材も多く、
ビールのおつまみとしてもなかなかいいお弁当でした

新幹線は品川、新横浜と停車し、デッキあたりは大変なことになっていましたが、通路まではそれほど埋まることもなく快適に走行。

それにしても、ほぼ3分間隔でこんなスピードで走る技術ってのはすごいですね

kyo19 (7).jpg



列車のスピードこそ、TGVICEなんかには負けてますが、
こんな高速で、こんな間隔で走れるのは世界中どこ探してもあり得ないですよ

なんでも駅を通過するポイントでタイム計測をしているそうなんですが、通常 15 秒間隔の業務用時刻表に加えて、新幹線の場合は、
チェックポイントで ±2 秒以内で定時運行なんだそうです

そういう厳しいチェックで毎日の安全運行をされているんですね

素晴らしい技術です

名古屋を過ぎたら少しは乗客も少なくなるのかなと思ったのですが、逆に通路もパンパンになってしまって...

というわけで無事に京都駅に到着しました

kyo19 (8).jpg



この後在来線に乗り換えて山科駅へ。


にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村













ラベル:新幹線 駅弁 JR
posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする