2020年03月13日

全国制覇した伝統の京都ラーメン


京都に行ったらいつもいろいろと地元でラーメンを食べているんですが、今回は時間もなかったってことと、久々に行ってみようと思って立ち寄ったこのお店

tenichi20 (7).jpg



全国いろいろなところに FC 展開していて、もう京都以外でもかなり見かけるようになったお店で...

というか、これが京都発祥のラーメン店ってことはもうわかんなくなってくらい、北は北海道から南は沖縄、海外はハワイにまで、237 の店舗があるこのお店

最近よく見かける、一風堂の 131 店、魁力屋の 97 店よりはるかに多いんですよ

ま、500 店舗前後ある幸楽苑や、380 店舗前後ある日高屋ほどではないにしても、

230 店舗前後あるラーメン花月来来亭といい勝負してますねぇ

鶏ガラベースなので、宗教的にはイスラム教の方々やヒンドゥー教の方々にも受け入れられそうなので、そのうちアジア諸国やヨーロッパなどにも広がっていきそうな予感もしているんですが...

で、この天下一品、略して「 てんいち 」 って言っているんですが、
味は、各店舗によりかなりばらつきがあり、自分の中では京都は北白川にある本店がダントツのぶっちぎりでおいしいなと思っています。

店舗が小さいのといつも混んでるので、なかなか最近は行ってないんですが...

で、今回は初めて入る六地蔵店

どんな感じかな?

12:30 という絶賛お昼ご飯時間帯で、駐車場は満車

でも数分待ったら車が一台出たのでそのまま駐車して店内へ

店内は、

なんと

ガラガラ

tenichi20 (1).jpg



このお店の規模にして、駐車スペースが少なすぎるのかな?

というわけで、ここに来たらやっぱりオリジナルのこってりラーメンですよね

ラーメン (並)¥667

tenichi20 (5).jpg



はい、半固形のようなねっとりとしたスープは、鶏ガラベースなので豚骨ほどしつこくなく割とさっぱりいただけます。

粘度が高いので、麺に思いっきり絡みつきますよ

tenichi20 (6).jpg



ある程度食べたら、テーブルの上にある、ラーメンのタレを入れてちょっと醤油ラーメンチックにしてもいいし、辛みそを入れてピリ辛味噌ラーメンチックにしてもおいしく頂けます

スープがドロドロなので、ラーメンの一部分だけ醤油チックで、
また違う一部分だけ辛味噌って感じでいろいろな味が楽しめますよ

天一のスープはいろいろな方が言われている通り、
各店舗によってかなりのばらつきがあります。

なんといっても本店がナンバーワンだと思うんですが、その他は一部のひどいお店を除いてそこそこいけます。

この店もおいしい部類に入るかな?

僕が東京に来た 30 年ほど前はまだまだこういったお店が関東には少なく、

京都のラーメン = さっぱり薄味


ってイメージが先行していた時代です。

そんなラーメン、京都では超少数派なんですけどね。

最近はいろいろなメディアなどで、京都のラーメン = こってりって定着しつつあるし、あのWikipediaでも

京都ラーメンは、こってりと濃厚なスープが特徴

てはっきり書いてますから

いろいろな意味で京都を代表するラーメンの一つ

これからも頑張ってください


お店
名前 : 天下一品 六地蔵店
住所 : 京都府宇治市六地蔵奈良町 21-3
TEL  : 0774-38-1881
営業時間 : 11:00 〜 1:30
年中無休
URL  :
https://www.tenkaippin.co.jp/


京都市営地下鉄 東西線 六地蔵駅3番出口より徒歩3分、JR 奈良線 六地蔵駅より徒歩5分
外環状線上にあるラーメン店。店の規模の割には駐車場が少ないです。
直営店ではないものの、しっかりとしたスープで天下一品のラーメンの特徴をよく伝えています。



にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村












posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月26日

大島X田中商店コラボカップ麺


今回はカップラーメンシリーズで

スーパーでちょっと安売りをしていたので、買ってみました

マルちゃんからでた

大島X田中商店 辛味噌豚骨

oshimatanaka20 (1).jpg



まずはパッケージの真ん中上部にあるロゴですが、
「 Tokyo Ramen of the Year 」 の略であるTRY

これは、「 東京で一番旨いラーメンを決めようじゃないか 」ということを合言葉に、某情報誌の企画として 2000 年からスタートしたもので、2010 年にムック化されました。

審査対象エリアは、東京・神奈川・千葉・埼玉の一都三県。

その特別企画ということで、このカップラーメンが生まれたということらしいです

「大島」とは・・・

札幌の名店 「 すみれ 」 で 12 年以上に渡って修業を積んだ店主により、2013 年に東京都江戸川区の船堀で開業したお店。

「 すみれ 」が関東初となる正式な暖簾分けを許したラーメン店です。

にんにくや生姜などを利かせた、味噌の風味が強めの進化系札幌味噌ラーメンが同店人気の一杯で、連日行列を作る東京を代表する有名店です。

ちなみに店名である 「 大島 」 は、すみれの社長が名付け親なんだとか。

オープンした翌年には、TRY 名店みそ部門 の1位を獲得

以来、現在に至るまで、5連覇中の味噌の名店なんですって。

すごいですねぇ...

船堀だから、今度行ってみようかな。

そしてもう一店舗の

「田中商店」とは・・・

2000 年 12 月に東京都足立区にオープンしたお店。

厳選した豚の頭からつま先まで3日間 ( 60 時間 ) 煮込んだ久留米スタイルで、毎日継ぎ足して作る 「 呼び戻し 」 を用いた濃厚豚骨スープは、濃いだけでなくコクとキレのある味わいが特長です。

店主・田中剛さんのモットーは、「 くさい、かたい、うまい 」 というのがコンセプトとかで、ほんと、ド豚骨のラーメンが食べられるとか。

こちらも気になりますねぇ...

そんなラーメン店がコラボしたらどんな味になるのかな?

早速オープン

oshimatanaka20 (2).jpg



スープは液体スープと粉末スープ。

それにかやくとま、シンプルですね。

麺はいたって普通のインスタント麺

oshimatanaka20 (3).jpg



で、ここにかやくを入れて熱湯を注いで、5分待ちます。

できました

oshimatanaka20 (4).jpg



ここに液体スープと粉末スープを投入してよく混ぜます

oshimatanaka20 (5).jpg



麺は口当たりもよくつるつるって食べられます。

oshimatanaka20 (7).jpg



これは、マルちゃん製麺の技術を使ってるんでしょうかね。

大島も田中商店も行ったことないので評価しづらいのですが、豚骨臭さもなく食べやすい逸品でしたね。

特に何の前振りもなく普通に食べたら、普通においしい味噌ラーメンってことになるでしょうか。

インスタント臭さはやはり感じますが、ちょっと高級なカップラーメンということでおいしく頂けました。

これをとっかかりに、実店舗も行ってみたいなぁ...



にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村












posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月12日

大勝軒と名前は付いているが


今回はお仕事で羽田空港第一ターミナルへ

ちょうど昼過ぎからのお仕事だったので、昼前に着いてサクッとお昼を食べてから仕事場へ

ということで、羽田空港内のレストラン...

結構高いんですよね

観光地価格というか、なんというか...

そんな中、こんなお店を発見👀

hndtaisho19 (2).jpg



大勝軒って、あの東池袋の名店やんか

大将のところで修行した方々がのれん分けされて、全国各地いろいろなところで出店されているお店ですよね

ここもなんかいろいろな系譜があるらしく、僕がこの前行った八千代市にある

東池 大勝軒 おはこ

なんか本家の味をそのまま継承しているんだとか。

本家行ったことないけど...

で、この羽田空港にあるお店は、その名もずばり大勝軒

公式ホームページで見たら、東池袋の直営店なんだとか。

そら、気になりますよね

というわけで、行列もできていなかったってこともあって、行ってみました

まずは食券機で食券を購入。

hndtaisho19 (1).jpg



ここは基本のもりそば¥880を。

カウンターに通されて...

hndtaisho19 (3).jpg



カウンターの上には、大勝軒のこだわりなるものがあったので、食事が来るまでちょっとそれを読んで...

hndtaisho19 (4).jpg



10 分くらいしてもりそば到着

hndtaisho19 (5).jpg



大勝軒らしい醤油ベースの付けだれと太麺ですね

早速いただいてみました

hndtaisho19 (6).jpg



付けだれはちょっと酸味がきいており、味はうすめ。

このしっかりした太麺にはちょっと絡みが少ないためか、味がぼやけてきます。

これは
付けだれの器を持って、ドボンと麺をつけ、一気にタレごと口の中にずぞぞぞぞぞぉぉぉって吸い取る食べ方がいいのかもしれませんね

いつもの濃厚つけ麺のように付けた後、普通にずるずるずるって食べると、タレの味があまり感じなくなってしまいます

というわけで、本店に行ったことないため、大勝軒云々を語るほどのものではないですが、このお店はそんな感じでした。

この全国各地に散らばってる大勝軒...

いろいろと味の違いやなんだかんだと言われており、各店舗ごとに味が違うとかよく言われているんですが、その店舗の個性を楽しみ、そこが自分の好みに合えばいいんじゃないかなと思う次第でした。


お店
名前 : 羽田大勝軒
住所 : 東京都大田区羽田空港 3-3-2
羽田空港第1旅客ターミナル
TEL  : 03-5757-8851
営業時間 : 10:00 〜 20:00
年中無休
URL  :
https://www.tokyo-airport-bldg.co.jp/shops_and_restaurants/store/395/


羽田空港第一ターミナル北ウイングにあるお店。
東池にあった大勝軒の伝統を受け継ぐ直営店。伝統のもりそば看板メニューで国内・外の観光客もよく訪れています。回転も速いので、時間のない旅行者にも人気のお店です。



羽田大勝軒つけ麺 / 羽田空港第1ビル駅羽田空港国内線ターミナル駅羽田空港第2ビル駅

昼総合点★★★☆☆ 3.3





にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村











posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする