2019年10月06日

京都駅前のイオンでラーメン


伊丹空港からリムジンバスで京都駅へ

お昼前に到着したので、軽くお昼ごはんをと以前からずーっと気になっていたAEONへ。

mujinzo19 (1).jpg



京都駅八条口からちょっとだけ歩くんですが、なんとシャトルバスも出てるんですよね

ま、僕の場合、シャトルバス乗るよりも歩いたほうが早いのでそのまま歩いて...👟 👟 👟

お食事処は結構あったけど、あまり時間もなかったので、軽くサクッと食べようと4階のレストラン街の中にあるラーメン店へ

無尽蔵 京都八条家

なんか混んでそうな雰囲気のお店ですが、12:00 ちょい前ということもあって、すっと入れました

店内はカウンター数席とテーブルのボックス席。

僕は一人だったので、カウンターへ

mujinzo19 (2).jpg



注文はやっぱり基本形の豚骨醤油ラーメン¥670

麺は太麺と細麺が選べるんですが、細麺にしてみました。

これに小ぶりのご飯と餃子が4つ付いたセットが+¥350

お得なのかどうなのかよくわかんなかったけど、とりあえずそれで

しばらくしてラーメン到着

mujinzo19 (3).jpg



スープは豚骨醤油ラーメンなんですが、見た目味噌ラーメンのような感じ

なかなかいいですね

一口飲んでみると、そんなにコクはなく、また豚骨っぽさ、醤油っぽさも少なくてまろやか...

ちょっと僕にとっては薄いような感じでした

麺は細麺だったのですが、見た感じ中太のちぢれ麺ってところでしょうかね。

mujinzo19 (4).jpg



で、このお店は麺にとってもこだわりがあって...

柿渋を練りこんだポリフェノールたっぷりの麺

ということで、特許を取得した柿渋を麺に練りこむことによって、
麺のコシとつるつる感を両立させることに成功したとのこと

確かにつるつるでとてもよかったんですが、反面、このスープの絡みがあまりなくってちょっと味的には物足りなかったかな?

麺を味わってもらえるようにスープをちょっと薄めにしているのであれば、そうなんだということになりますが、僕的にはこの麺、とてもいいので
スープも少し濃いめのほうがよかったかな?

って思いました。

具材は、ちょい厚めに切られたチャーシュー2枚。

ノリ、卵、そしてこれは九条ネギかな?

このネギが入っているところが京都らしさを出しているのかも。

というわけで、新潟県発祥の全国チェーンのお店

なかなか楽しかったですよ。


お店
名前 : 越後秘蔵麺 無尽蔵 京都八条家
住所 : 京都市南区西九条鳥居口町1番地
イオンモールKYOTO 4F
TEL  : 075-644-9201
営業時間 : 10:00 〜 21:00
年中無休 ( お休みはイオンモール京都に準ずる )
URL  :
http://www.kitakata.co.jp/mujin/


JR 京都駅八条口より徒歩5分
イオンモール KYOTO の4階にあるラーメン店。新潟の越後発症のラーメン店で、めんのコシとつるつる感を両立させるために特許を取得した柿渋を練りこんでいます。麺にこだわりのある方はぜひ食べに行ってみてください。



越後秘蔵麺 無尽蔵 京都八条家ラーメン / 東寺駅京都駅九条駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5





あ、というわけで、前回の答えですが...

はい、正解した人多数でしたね。

成田空港です

成田空港と言えば国際線LCCの発着で有名ですが、国際線に乗り継ぐ人用に全国主要都市に国内線が就航しています。

ちなみにANAJALの場合はターミナルが同じなので国内線 ⇔ 国際線の乗り継ぎがとっても

すいていたら、
飛行機降りて 10 分あれば国際線待合室に移動できますよ。

羽田空港はターミナルが違うので、結構時間かかります。

でも...

もうちょっとすれば、
ANA の国際線の一部がターミナル2から発着するそうで、そうなるととても楽になるかもしれませんね



にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村












posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月02日

浦和で人気豚骨ラーメンの店


埼玉県は浦和で午後からのお仕事

ちょっと早めに浦和について、お仕事前のお昼ごはん🍴

この日も体力をめちゃ使う 「 しゃべり 」 のお仕事なのでがっつりいってみようと

なんか肉体労働よりも 「 しゃべり 」 のほうが体力も精神力も使うみたいで、終わったらいつもお腹ペコペコになるんですよね

もっと気楽にやろうと思うんですが、いつも魂込めてしゃべってしまうんですよ。

やっぱり一発勝負のライブはいいですね

緊張感があって...

というわけで、初めての浦和駅到着。

urawa19 (1).jpg



サッカーのまち

って感じしますね。

駅前のロータリーを少し歩いていると、ラーメン店発見

らーめん なかじま

urawa19 (2).jpg



ここはラーメン+ライスでがっつりいこう

と思って入店

のれんの下にちょっと隠れて見えない文字は、

「 長時間煮込んだ豚骨白湯 トンコツスープ 」って書いてあります。

いいですねぇ

L字カウンターのみのこじんまりとしたお店です。

urawa19 (4).jpg



思ったよりすいていたので、カウンターの真ん中あたりに座って、注文

ここはシンプルに

とんこつらーめん¥670

注文して2分...かかんなかったかな?

すぐにやってきました

urawa19 (5).jpg



見た目、博多のラーメンのようなスープと細麺ですが、動物臭さはかすかに感じる程度で、そのかすかがあるから豚骨だって確認できるような感じです。

urawa19 (6).jpg


スープは若干のとろみがあり、細麺にもよく絡みつきますよ

具材は、ちょい厚めに切られたチャーシュー、ちょい甘煮系のメンマ

これがこのスープによく合います

ちょうどきつねうどんに入ってる甘辛く煮た油揚げのような感覚で...って、この感覚は大阪人でないとわかんないかな?

そしてノリと万能ねぎ、もやし

これに小ライス¥100を付けて一緒にいただきました。

がっつりいくためにこの後、半替え玉¥60もしてしまいましたが、その時にテーブルにあった高菜を入れたり、紅しょうがを入れたりして味の変化を楽しみながらね

いやー、お腹いっぱいになりました。

お腹いっぱいになるとほんと気合入ってしゃべれますね。

気持ちよくお話が出来てよかったですよ。

結果は...

思いのほかウケました

しゃべりで聴講者の興味がない内容だったら、
皆さん遠慮なく途中退出されますから、かなり大変です

入場無料は恐ろしいですよ

有料のほうが気は楽です...なんて言ったら怒られるか...

同じ入場無料でも、企業の研修などで話すときは皆さん途中退出はほとんどないですから...

こちらも気は楽です

でも...

寝る方はいらっしゃいますけどね


というわけで、お仕事終わった後、会社に戻ったのですが、出かける前に同僚にこう念おされました。

「 しゃべり終わった後大宮の鉄博行っちゃだめよ!!」


お店
名前 : らーめん なかじま
住所 : 埼玉県さいたま市浦和区高砂1丁目 10-18
TEL  : 048-822-4967
営業時間 : 11:00 〜 15:00 / 17:00 〜 22:00
定休日 : 日曜日



JR 浦和駅西口より徒歩2分
細麺+豚骨白湯スープの組み合わせは、博多スタイルの本格豚骨ラーメン店です。シンプルな豚骨スープは飽きが来ず、リピーターも結構いらっしゃるようです。お店も大きくないので、ランチ時は行列ができるようですが、ちょっと時間を外すとすぐに入れそうです。でもランチタイムの営業時間は短いので、気を付けてくださいね。



なかじまラーメン / 浦和駅

昼総合点★★★☆☆ 3.7






にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村












posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月28日

茨城の横浜家系ラーメン一心


守谷のジョイフル本田に行った帰り、どこかでお昼ご飯を食べようと

もう時間も 13:30 まわっていたのと、6,000歩近く歩いていたので、結構お疲れモード

家に帰りがてらどこかないかなとネット検索していたら、ラーメン屋さんがヒット

というわけで立ち寄ったのがこちら。

横浜ラーメン 一心

isshin19 (8).jpg



お店のお隣に、3台ほど停められる駐車スペースがあるんですが、お店は常総ふれあい道路という比較的交通量の多い通りに面していて、ちょっと入り辛かったです

入り口も車一台分の間口しかなくて、すでにスペースに一台停まっていたので、これはバックでいれないと...

というわけで、信号で交通が途切れるのを待ってそのままバックで突入。

よかった

うまい人の運転で...

そんなこんなで、14:00 閉店のこのお店、ぎりぎりに入店

お店はL字型のカウンターのみで、16 席ほど。

isshin19 (1).jpg



椅子の後ろはいずれも壁で、待つ人用のベンチがずらっと並んでいます

そんなに並ぶんや...

と思いながら、でもこの時間だったので、すんなりと入れました

ラーメンも数種類あったけど、ここは基本の普通のラーメン ¥650半ライス¥150

メニューを見ると、チャーシューにこだわっているようで、
いずれも自家製のチャーシュー

基本のラーメンはもも肉を使っているそうですが、チャーシュー麺はもも肉のに加え、バラ肉肩ロースと選べるようです。

と、そんなこんなでしばし待つと 10 分弱でラーメン到着

isshin19 (3).jpg



割と厚めに切られたもも肉のチャーシューが2枚

それに大き目のノリ3枚

ほうれん草、ネギといった感じのトッピング

スープはちょいとろみがかった濁ったとんこつですが、動物臭さはなくやっぱり家系ですね。

でもそんなに濃厚ではなく、家系とくくられる中ではマイルドでしょうか

麺は太麺で、麺を食べてる分にはそんなに感じませんでしたが、スープだけを飲むとちょっと塩辛く感じました。

isshin19 (4).jpg



スープはそのまま飲まないのがデフォなのかな?

ご飯との相性もばっちりでしたよ。

テーブルにはニンニクが置いてあったので、この後人と会う予定もないし、息を使うこともなかったので、小さじいっぱい入れてみると
味わいが変わりコクが格段に増しました

やっぱりニンニクとの相性は最高の横浜家系ですね

チャーシューはもも肉だとちょっと脂分が足りなかったか、焼豚というよりも蒸されていたような食感で、柔らかかったけど、さっぱりし過ぎのような気がしました。

バラ肉の方がよかったかな?

このお店の店主は、なんでも横浜家系の総本山ともいわれている、「 吉村家 」 で修行され、この地で営業していた 「 わかとら家 」 で働いてでいらっしゃったとか。

そして、大将が引退されたとき、このお店を引き継いで名称を変えて営業をされたという、正統派の横浜ラーメンと言われているそうです

チェーン店の家系ではなく、単独での営業も魅力的ですよ。

ご飯と一緒にがっつりいただいて満足でした。

帰りがけ、レジのところに気になる置物発見...

isshin19 (5).jpg



人相悪っ

写真撮ってたら、店員さんに笑われました


お店
名前 : 横浜ラーメン 一心
住所 : 茨城県取手市戸頭 1274-3
TEL  : 0297-78-1821
営業時間 : 11:00 〜 14:00 / 17:00 〜 20:45 【 火・水・金〜日 】
11:40 〜 14:00 【 木曜日 】
定休日 : 月曜日 ( 祝日の場合は翌火曜日 )



関東鉄道 戸頭駅より徒歩 20 分。
横浜家系の総本山ともいわれている 「 吉村家 」 で修行された御主人が営業しているラーメン店。正統派家系のラーメンとあって、交通が不便なところに位置しているのにもかかわらず、行列ができるほどの人気店です。見た目は濃厚ですが意外とさっぱりいけるのと、自家製チャーシューが魅力のお店。チャーシューは販売もしています。



横浜ラーメン 一心ラーメン / 戸頭駅南守谷駅稲戸井駅

昼総合点★★★☆☆ 3.7






にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村












posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする