2018年10月22日

国境を越えてネパールへ


ゴラクプールの町でご飯を食べた後、車で北へ、北へ

走ること2時間半で、インドとネパールの国境へ。

あ、国境のちょい手前にタイのお寺があったので、そこでお手洗 🚻 を貸していただきました

その時に気づいたんですが、我々の車のヘッドライト、こんなんでした

indo18 (47).jpg



インドらしい顔が書いてありましたよ

これ、日本でやったらやっぱり違反なのかな?

国境では写真撮影は禁止 なので、撮っていません。

インド出国とネパール入国の審査があったんですが、係員がパスポート見たら、

デリー入国 / インド出国 / ネパール入国が同じ日なのでびっくりしてました

よく考えたら、デリーの入国、0:00 まわったら入国の日付が変わるから同じ日になるんですよね。

まそんなこんなで、ネパールに入って、この日宿泊のホテルは国境の町ルンビニの、
Hotel Bodhi Redsun

indo18 (49).jpg



大型リゾートホテルです

このシーズンはリゾートのシーズンではないので、周りのラウンジやプールなどの施設は閉まっていましたが、ちょうど巡礼のシーズンが始まりつつあるということで、仏教の巡礼団の方々がたくさん泊まっていました。

なんといってもここルンビニは、お釈迦様の生まれた地

仏教四大聖地のひとつとなっているからね。

聖地巡礼は翌日にということで、思えば今回の旅のスタート地点がここ

ここまで長かった...

成田 デリー : 10 時間 20 分

デリー ゴラクプール : 1時間半

ゴラクプール ルンビニ : 5時間

待ち時間なしで、17 時間
なんだかんだでスタートまで丸2日かかりました

というわけで、ここでもご飯を食べ、お部屋でゆっくりと。

ちょっと気になったのが、ここ、
部屋番号と階数が一致しないという...

普通は、3251 号室だったら3階とか、2123 号室だったら2階とかなんですが、ここは...

indo18 (52).jpg



手書きで書いてあるところがなんかほほえましいですね

お部屋は広々としていましたよ。

indo18 (50).jpg



広いというか、がらーんとしていたというか。

そんなわけで、1泊した後朝起きたらいい感じで霧が出ていました。

indo18 (51).jpg


さて、朝ごはんを食べて仏教の聖地に出発


にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村











posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月23日

夜のヤンゴン国際空港の出発


帰りの飛行機は ANA の成田直行便。

今はもっと早い時間帯の出発になりましたが、僕がいた時は、22:00 すぎの出発。

この便が最終便ということもあって、チェックインカウンターもガラガラでした。

出発ロビーもガラガラ。

R1122595.jpg



2007 年にオープンしただけあって、とてもきれいでした。

でもそんなに大きな空港ではないので、お店もすごく数は少なく、がらーンとした感じです。

特に深夜で誰もいないので余計にそう感じたのかもしれませんね。

こちらは一応レストランとバー

R1122598.jpg

R1122599.jpg



座っている人は空港のスタッフみたいでした。

お土産物屋さんもこんな感じで。

R1122596.jpg

R1122597.jpg

R1122602.jpg

R1122603.jpg

R1122600.jpg



飛行機自体も、40 席前後しかない飛行機飛行機
満席でもそれくらいの乗客しかいないので、そら、ガラガラですよね。

ちなみにお店は我々の搭乗が始まったら閉店するとのことでした。

ANA 便は毎日飛んでないので、飛んでるときのみ開けるとのこと。

なので、とりあえずはお買い物はできますよ。

民芸品なんかが中心ですけど。

あ、ミャンマー産のワインもありました。
興味のある方は買ってみてくださいね。


にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村


    




posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月19日

ヤンゴンの市バスは懐かしい


ヤンゴンの路線バスは、日本各地からの中古車を持ってきて、当時のままの塗装看板もつけたまま広告も付けたまま走っています。

R1122562.jpg

R1122563.jpg



この 2 台はちょっと塗装を変えていますが...

日本で古くなったバスがこんなところで走っているんですね。

今回は 2 枚しかうまいこと撮れなかったけど、京都人にとってもなじみのある、肌色と赤茶色の京都バス、薄黄緑と濃緑の京都市バス、赤白の京阪バスなんかも走ってました。

まだまだ現役ですよ。

撮ってみたかったけど、なかなかチャンスが無くて残念でした...

ところで...

車は、ミャンマーは右側通行

日本は左側通行

ということで、乗降口が反対側に付いていて、乗り降りするのに危ないなぁと、昔来た時思っていたんですが、今回見たらなんと左側にも乗降口を新設しているものが何台かありました。

なかなかやるなぁー

と思いましたよ。


にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村


    





posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする