2017年06月24日

フィレンツェでトリュフぅぅ


フィレンツェに戻って、いろいろな方と会って分刻みで動いて...💦

夕食は...あんまりお腹空いていなかったので ( そらあんだけ肉食べたから... )、軽く、トリュフでも...

というわけで、旧市街の中にあるトリュフ専門店

The Truffle Experience へ。

i-itaria17 (250).jpg



以前から気にはなっていたんですが、なかなかフィレンツェだと ってイメージがあるので入ったことはなかったです。

なので今回初の入店

ま、簡単にシェアして食べるからということで、テーブルについて。

まずはアミューズが出てきました。

i-itaria17 (251).jpg



こちらはオリーブの実

そして、

i-itaria17 (252).jpg


すりおろしリンゴにキャビアと、なかなか凝ったものですね。

で、トリュフといえばこれですよね。

Tagliolini del Caponi al tartufo fresco

カポーニのタリオリーニ フレッシュトリュフ

i-itaria17 (253).jpg



カポーニってのは、ピサ近郊のパスタメーカーで、昔ながらの手作業で卵を練り込んで作っており、最終工程では、25 〜 35℃ という低温で 70 〜 80 時間かけてゆっくりと乾燥させます。

そんなブランドのつるつるパスタと、上から削りかけた黒トリュフは最高の組み合わせです

トリュフだけかけてあるからあとはどーでもいい...っていう二流の店とは違って、しっかりとしたものを提供してくれます

もう一品は、黒トリュフのリゾット

i-itaria17 (255).jpg



これも素晴らしい味わいでした。

もう一品、

Tartare di fassona piemontese alla senape, con mousse di panna cotta al thè verde e cipolle in agrodolce

ピエモンテ・ファッソーナ牛のタルタル マスタード仕立て、
パンナコッタのムースと緑茶と玉ねぎ風味


i-itaria17 (254).jpg



はい、こんな食べ方もありなんですね。

ファッソーナ牛というのは、ピエモンテ州のブランド牛で、脂肪分が少ない赤身が特徴です。

バローロ地方では赤ワイン煮込みにしたり、やっぱり生でタルタルで食べるのが一般的みたいですよ

そしてデザートは、

Tortino al cioccolato profumato al tartufo con crema al mandarino

トリュフの香りのチョコレートタルト ミカンのクリーム


i-itaria17 (256).jpg


と、最後までトリュフ尽くしでいただきました。

今回は初夏に行ったのですが、秋になると白トリュフも出回ってくるので、そちらも楽しみですね。


お店
名前 : The Truffle Experience
住所 : Porta Rossa, Via Porta Rossa, 19, 50123
TEL  : 055 399 5913
営業時間 : 12:30 〜 14:30 / 18:30 〜 22:30
年中無休
URL  :
 https://www.nh-collection.com/hotel/nh-collection-firenze-porta-rossa/restaurants

フィレンツェの旧市街、ウフィッツィ美術館からブランド物買いのトルナブオーニ通り方面に行ったところにある、NH コレクションホテルのロビーにあるレストラン。
お洒落な空間で、トリュフ料理を堪能できます。
トリュフはミラノの老舗サヴィーニが監修しているので、その品質は間違いありません。
一年中トリュフ料理を楽しめますが、秋には白トリュフも出てくるので、一層人気が高まります。





関連ランキング:イタリアン | ヴェッキオ橋周辺





にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村


  






posted by まいど! at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリアの食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月22日

超有名レストランで肉三昧


はい、このダリオさんの肉屋のほぼ向かいにあるのが、彼の直営レストラン

合計 3 店舗あります。

それぞれコンセプトが若干違って


Solociccia

ってのは、
6 種類のお肉のコースかベジタリアンのコースで、一人 € 30

13:00 からのランチか、19:00、21:00 のディナーのみの受付になっています。


DARIO DOC

ってのは、
一品でもオーダーできる一番カジュアルなレストランです。

月 〜 土 までのランチのみの営業で、12:00 〜 15:00 となっています。

日・祝日はお休みですよ。


で、今回はほんと直前の予約だったので、かろうじて予約とれたのがこちら。

Officina della Bistecca

Italy17 (346).jpg



ランチは 13:00 スタート

ディナーは 20:00 スタートオンリーです。

肉三昧のコースで、一人 € 50

ではどんなものをいただいたかいってみましょう。


こちらがテーブル。

Italy17 (347).jpg



大小いくつかの個室とテラスに分かれていて、お客さんはみんな相席

あ、ある程度そろったグループならば、まとめて一部屋に入れてくれますけどね。

ちなみにテーブルの上に置いてある
Pinzimonio di Verdure 野菜スティック )食べ放題

こういう時に野菜を体内に取り入れておかないと...

でやってきたコースメニュー

Chianti crudo

地元産ビーフのタルタル

Italy17 (349).jpg



これを取り分けてくれます。

めちゃ美味しくて、これおかわりしたかったのですが、( もちろんできますよ )
次があるのでガマンガマン

ちなみにこれ、地元産のオリーブ油をちょっとかけるとまろやかになっておいしくなります

なんか、牛肉とオリーブ油って相性いいですね

続いては、

Fagioli all'extravergine e.v.o.

白いんげんの煮込み



Carpaccio di culo

ローストビーフ

Italy17 (351).jpg



こちらもとろけるような絶妙なロースト加減で、またとっても柔らかいお肉でおいしく頂きました。

次は、

Costata Allan Fiorentina

リブアイステーキ

Italy17 (352).jpg



はい、やってまいりましたよ。

焼肉 !? の一発目

i-itaria17 (228).jpg



これもひとかけらいただいたんですが、もっと欲しければ言えば入れてくれます。

でも...

ね。

お次

Bistecca Panzanese

お尻肉のステーキ

Italy17 (353).jpg

Italy17 (355).jpg



いろいろな部位の食べ比べができて面白いです

そして真打...

Bistecca Fiorentina

ビステッカ フィオレンティーナ

i-itaria17 (229).jpg

i-itaria17 (235).jpg

i-itaria17 (230).jpg

i-itaria17 (231).jpg


思わずいっぱい撮ってしまいました。

やっぱり肉を知り尽くしているスーパープロフェッショナルが焼くお肉は、

そのお肉の持つポテンシャルを最高の状態まで引き出してくれるので、とってもおいしく頂けましたよ

付け合わせのポテトも。

Patata al cartoccio

ポテトのホイル焼き


Italy17 (357).jpg



これにさっきのラード付けるとこれまた、んまい!!

そしてデザートまでいただいて...

Italy17 (358).jpg



最高のお肉料理を堪能させていただきました

水もキャンティワインも飲み放題で、食べ過ぎた...

これは晩御飯いらないですね。

ちなみにここで提供している牛は、地元産のキャニーナではなく、
スペインなどの契約農家から仕入れているそうです。

地元産ではなくても上手ければ全然いいですもんね。


お店
名前 : Officina della Bistecca
住所 : Via XX Luglio, 11 Panzano in Chianti (Fi)
TEL  : 055 852020
営業時間 : 13:00 ( ランチ )
       20:00 ( ディナー ) の二回転のみ
基本年中無休
URL  :
 http://www.dariocecchini.com/dariocecchini/en/

フィレンツェから車で 1 時間ほど。
ブドウ畑の広場るキャンティエリアの一つの村、パンツァーノ イン キャンティ にある肉料理専門レストラン。
店主のダリオ・チェッキーニ氏は代々この地肉屋を営むチェッキーニ家の 8 代目。
彼の人柄とパフォーマンス、そしてその実力もあり、フィレンツェから離れているのにもかかわらず連日超人気のレストランです。
時間があればぜひ時間をとって行ってみたいものです。





関連ランキング:ステーキ | ミケランジェロ広場周辺





にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村


  






posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリアの食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月17日

トスカーナ郷土料理盛合わせ


ボローニャ〜フィレンツェまでの列車の予約がなかなか取れなくて、フィレンツェ到着したのが想定よりも遅くなってしまいました

到着した後慌ててホテルにチェックインし💦、そのあとすぐにアポを入れていたレストランへ。

今回お邪魔したレストランは、前々からちょこちょこ行っていた、ここ。

Trattoria ACCADI

Italy17 (304).jpg



こちらは日本人のシェフがいらっしゃるお店で、かといって日本人向けの店ではなく地元の人達にもとても人気のお店です

Italy17 (294).jpg



メニューもいろいろと相談に乗っていただけるのでありがたいですよ

例えば日本人はドカンと同じものを食べるよりも、
おいしいものをちょっとずついろいろな種類を食べたいって人多いですから。

そんなこんなで、今回、季節の食材を取り入れて作ってくれたメニューがこちら。

前菜盛り合わせ

Italy17 (296).jpg



クロスティーニ
パンの上にレバーペーストのようなものをぬったもの

アーティチョークのサラダ
今、なんです

パッパ・アル・ポモドーロ
チキンブイヨンとパンをトマトで煮込んだもの

と定番料理と季節の料理を出してくれました

そのあと、こちらは、

ニュディ

Italy17 (297).jpg



リコッタチーズとほうれん草の団子です。

見た目よりさっぱりしていておいしかった

そして、マルタリアーティと黒きゃべツ

Italy17 (298).jpg



マルタリアーティってパスタの種類なんですが、

マル...悪い

タリアーティ...切る

ということで、うまく切られていないという意味になりんす。

形も不ぞろいのこのパスタは、もともとはタリアテーレ ( きしめん状の平べったいパスタ ) を作った切れ端で作られたものです。

これに黒キャベツを合わせて

ほんと、家庭料理ですね

そのあとのメインの盛り合わせはこちら

Italy17 (302).jpg



トリッパ
トスカーナのド定番ですね

ファッジォーリ
白いんげんです

牛肉の赤ワイン煮込み
トスカーナといえば牛肉

アーティチョークのフライ
これもですね

こんな感じで出していただきました

いろいろなものをっちょこちょこと。

たまにはこんな感じの食事も楽しいですね


お店
名前 : TRATTORIA ACCADI
住所 : VIA BORGO PINTI 56r 50121, FIRENZE
TEL : 055-247-8410
営業時間 : 12:00 〜 14:30 / 19:00 〜 22:30
定休日 : 日曜日
URL  :
https://www.trattoriaaccadi.it/


日本人がオーナーシェフのお店で、本格的トスカーナ料理のレストランです。
トスカーナ料理の伝統を受け継ぎつつ、日本人の繊細な味付けが地元でも評判で、現地の人たちが多く訪れます。
メニューは全部イタリア語なんですが、気さくなオーナーシェフが、注文の手伝いをしてくださり、また、本日の仕入れ状況でお薦めなんかも教えてくれます。
とっても気さくな家庭的なレストランです。





関連ランキング:イタリアン | サンタ・クローチェ教会周辺





にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村








posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリアの食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする