2015年11月10日

ハプスブルク家夏の離宮見学


ウィーンを語るにはハプスブルグ家を知っているのと知らないのとでは、全然イメージが違ってきます。

もともとは、スイスの北東部からドイツ西南部の一貴族だったハプスブルク家ですが、1273 年、ルドルフ一世が神聖ローマ帝国の皇帝になったのをきっかけに、どんどんと領土を広めていきます。

彼らは戦争をして領土を獲得するのではなく、
できるだけたくさんの女の子を産み、ヨーロッパの諸侯たちにお嫁にやって親戚関係を築いていく、そんなやり方で領土を広げていきました。

「 戦いは他のものにさせるがよい、汝幸あるオーストリアよ、結婚せよ 」

15 〜 16 世紀に活躍した有名なマクシミリアン一世の言葉であり、ハプスブルク家の家訓でもありました。

その中でも超有名なのが、マリアテレジアの娘、マリーアントワネットですね。

フランスのルイ十六世の元へお嫁に行ったあの人です。

第一次世界大戦の敗戦後、1918 年に崩壊するまで、650 年にわたって中央ヨーロッパに君臨していました。

そんなハプスブルク家の遺産がたくさん残っているウィーンですが、特に有名なものの一つに、世界遺産でもあるここシェーンブルン宮殿があります。

DSC02005.jpg



17 世紀初頭、皇帝マティアスが狩猟用の館の近くの森で、きれいな水が湧き出す場所を発見しました。

美しい泉 Schöner Brunnen ( シェーナー ブルネン )

という意味のこの場所は、その後、皇帝レオポルト一世がフランスのベルサイユ宮殿を手本にして、それ以上の豪華な建物を作ろうとがんばったんですが、残念ながら財政難などでその規模は縮小されました。

後の 1743 年、マリアテレジアが大改装して現在の姿になりました。

ここでの有名な話は、例えば
マリーアントワネットがフランスに嫁ぐ 15 歳までここで育った
とか、
6 歳のモーツァルトがマリアテレジアの前で演奏した
とか、
ナポレオンがウィーンを占領したときにここに滞在した
とか、
ハプスブルク家最後の皇帝カール一世が 1918 年に退位文書に署名し、翌日宮殿はオーストリア共和国のものになった
とか...

宮殿の部屋数は、1441 あり、そのうちの一部分が一般公開されています

後の部分は、一般の人たちの賃貸住宅として使用されています。

昔は、公務員の宿舎として使われていたんですが、現在は誰でも借りることが出来るみたいですよ。

でも、結構不便らしくて人気はあまり無いみたいです

でも...

いいですよね。

住まいが本物の宮殿なんて...

後は、ホテルのような一般客向けの宿泊施設もあるみたいですよ。

と、そんなわけで、建物の中は撮影禁止だったので、写真は撮ってませんが、裏に広がるきれいな庭園はこんな感じ...ということで撮ってみました。

DSC02007.jpg



一番奥の小高い丘の上に建っているものは、グロリエッテって言って、1775 年に対プロイセン戦の勝利と戦没者の慰霊の為のギリシャ建築の記念碑です。

まだ未完成なんだそうですが。

そのかなり手前の大きなのは、ネプチューンの泉と言われている噴水です。

夏場は水が出ているんですけどね。

こちらは庭園側から見た本館。

DSC02021.jpg



そしてその脇には、これまたきれいな小さなお庭もありました

DSC02006.jpg



夏場はものすごい人で賑わうんですが、この時期は人影もまばらで、観光するにはもってこいですね。

と言うわけで、総面積約 1.7㎢ もあるお庭の一部をちょっと歩いてみました


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村


  






posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | オーストリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月09日

ウィーン最高級ホテルに宿泊


ウィーンの宿泊ホテルは、超高級ホテル の一つ、BRISTOL ホテルに宿泊。

DSC02037.jpg


場所も最高で、道路を挟んでお隣がこんな建物ですもん。

DSC02039.jpg



そうです。

ウィーンの国立オペラ劇場ですからね

そして、ホテルとオペラ劇場の間の通りが、旧市街のメインストリート。

途中から歩行者天国になっている、ケルントナー通りです。

と言うことで、歩いてもういろいろなところに行けるので便利ですよ

ちょっと古いホテルだけど、館内はきれいです

DSC02001.jpg



お部屋も、旧市街のど真ん中にしては結構広いんですよ。

DSC02002.jpg

DSC02003.jpg



やっぱり立地のいいホテルだと、いろいろなところに行きやすいし、ちょっとホテルに戻って荷物を置いてまたお出かけってのも億劫にならないですもんね

また、ベッドとかがいいと、翌日の身体の疲れも全然違いますもん

と言うわけで、チェックインして夕食に行って...で、戻ってきて鍵をもらおうとしたら、カウンターのおねぇちゃんが、

Welcome back Mr. MAIDO!

Here you are, Room ○○


って、顔見た瞬間に鍵を渡してくれました

フロントの方々はほとんどの宿泊客の顔と部屋番号を覚えているんですね

これがカードキーにしない所以なのかな?

そういえば、昔宿泊したパリのブリストルホテルも、ロビー入った瞬間に名前呼ばれて鍵渡してくれましたねぇ...

そんなに目立つ顔してるのかな ⁉


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村


  






ラベル:ウィーン Bristol
posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | オーストリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月08日

ヴァッハウ渓谷のクルーズ


オーストリアを流れているドナウ川流域で、
最も美しいといわれている所がこのヴァッハウ渓谷

Wachau と書くのですが、オーストリアのドイツ語では、W は濁らずに発音するので...
( Wien をヴィーンではなくてウィーンって発音しますからね ) ワッハウ渓谷って言ったほうがいいのかな?

と言うここは、古くから交通の要所でもあり、いくつかの村が栄え、おいしいワインを生み出すブドウ畑が続きます。

2000 年にユネスコの世界文化遺産にも登録されました。

特に、メルク 〜 デュルンシュタイン 間がとてもきれいなんですが、我々もその間をクルーズしてみました。

2 つの会社がそれぞれ同じような時間に運行しています。

DSC01991.jpg



ちょっと天気が曇り & 小雨がちだったのでいまいちよくわかりませんが、こんな感じでクルーズスタート

いくつかの古城が見えてくるんですが、こちらは右手の小高い丘の上にあった、
アックシュタイン城

DSC01992.jpg



15 世紀の盗賊騎士の伝説が残るこの城は、城というより見張り台のような作りです。

伝説によると、盗賊騎士が捕虜を塔に閉じ込めた後、谷へ突き落としたとか。

川の左斜面はワイン畑が広がっています。

DSC01994.jpg



こちらは、ワイン造りで有名なヴァイセルキルヘンの村と教会です。

DSC01996.jpg



すごい斜面のワイン畑...当然機械は入れられないのでほとんど全てが手摘みです

DSC01999.jpg

DSC02000.jpg



したがってやっぱり高級ワインとなるので、なかなかおいしいですよ

約 1 時間 40 分後にデュルンシュタインに到着。

ここで下船して町を歩いてみました。

町の写真は残念ながら撮ってる暇なかった ので、今回は無しですが、この地にまつわる面白いお話を一つ...

この街の高台にある、12 世紀中ごろに築かれたお城には、第三次十字軍遠征の帰り、ウィーンの近くでレオポルト五世に捕らえられたイギリスのリチャード獅子心王が幽閉されていたそうです。

王の身を案じた騎士ブロンデルは、王がどこのお城に幽閉されたかわからなかったため、王と自分しか知らない歌を歌いながら、ドイツ圏を旅しました。

そしてデュルンシュタインに来たとき、彼がその歌の第1節を歌うと、城の中からその歌の第2節が聞こえてきて、王の消息が掴めたといいます。


すごいですねぇ。

その後は、お決まりの身代金の支払いやらなんやらで、結局 15 万マルクという金額で決着がついたそうです。

でもこれって...

そんなに大声で歌うたってたら、幽閉された王様が気づく前に見張りの人たちに怪しまれるんとちゃうん...

と、思わず突っ込みを入れたくなるお話ですよね。

ま、この 15 万マルクってのがどれくらいの金額なのかはわからないんですが、この身代金のおかげで、レオポルト五世は、ウィーンの宮殿を建てたり、数々のお屋敷を修復したりと結構いろいろなことをやったらしいので、結構な額だったんでしょうね。

リチャード獅子心王の方も、幽閉と言われながら、毎日宴会したりワイン飲んだりと結構いい暮らしをしていたらしいので、レオポルト五世の方も身代金目当てで幽閉したんではないのかと。

王自身も、「 自由に旅が出来なくて迷惑だ 」 ってまるで危機感無く、のんきなことを言っていたらしいからね。

それにイングランドが身代金の件で 1193 年に折れたのには事情があり、1194 年までにリチャード獅子心王がイングランドに戻らないと、別の人間が王位につくという決まりになっていたので、なんとしてでも高額な身代金を払ってでも、身柄を戻させなければならないことも知ってたのかな?


ちなみにこのクルーズ船、昔は両方とも日本語の放送を流していたんですが、各国語で放送するとどうしても日本語の放送が後回しになり、見所をかなり過ぎてからの案内になるので、現在は日本語の放送はありません。

簡単な各国語の小紙があるのでそれを参考に景色を楽しんでみてくださいね

そしてこの辺りの名物は、もちろん白ワイン

そして、オーストリアではマリレン Marillen と言われるアプリコットも特産品で、ジャムやドライアプリコットとしても売られています。

これのリキュールもたくさん見かけましたよ


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村


  






posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | オーストリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする