2014年08月03日

リトミシュル到着してランチ


オモロウツからプラハに向かう途中、これまた世界遺産の建物がある町、リトミシュルに立ち寄りました。

ちょうどお昼ということで、そこでランチるんるん

お店は、Hotel Aplaus Litomyšl ってホテル内のレストラン。

元修道院だったところを改装したということだったので、古ーい感じなのかなぁと思ってたら、
確かに入り口は古ーい感じだったけど、店内は

今風
直角スタイルで、
明るいガラス張り
モダンなレストランぴかぴか(新しい)

DSC01502.jpg



なかなかいい感じやんということで、いってみましょうわーい(嬉しい顔)るんるん

前菜で、サラダから。

DSC01498.jpg



なんとなくお洒落に出てきたでしょ?

ちなみに、メニュー表では、Mix Vegetable Salad

ただでは終わりませんねぇ。

続いてメインは、
Grilled fillet of Trout, lemon, potato pure, fresh Spinach
マスのグリル レモンとポテトピューレ、ほうれんそうの付け合わせ

DSC01500.jpg



見た目は、なんとなくお洒落的な感じだったんですが、味もすごくよかったですよ。

変なところに行ったら、マス料理って結構生臭くなったりパサパサだったりしますが、しっかりとした味で、おいしくいただけました。

最後のデザートは、2 種類のシャーベット

DSC01501.jpg



ということでさっぱりといただけました。

さて、この後はこのレストランのすぐ裏手に見所があるということで、そのまま観光に出発しました。


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村


  






posted by まいど! at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | チェコの食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月02日

ワインセラーを改装したレストラン


日本のだいたい 1/5 位の大きさのチェコ共和国は、大きく、
西のボヘミア地方と、東のモラヴィア地方とに分けられています。

そしてそのモラヴィア地方は、9 世紀にスラブ民族によって、モラヴィア帝国が築かれ中欧で最初の大国として栄えた歴史を持っています。

そんなかつてのモラヴィア帝国の首都として栄えた町、ブルノに今回は宿泊。

現在は、国際見本市も開催されるチェコ第 2 の都市として、また、チェコワインの産地としても有名な町です。

ワインの産地...ときたら飲むしかないですよねわーい(嬉しい顔)バー

というわけで、夕食に行ったお店はこちら。

U Královny Elišky

DSC01446.jpg


店に入ると巨大なドームというか、トンネルというか...

DSC01447.jpg


昔のワインセラーを改装したレストランでのお食事でするんるん

まずは前菜で、
自家製パテにクランベリーを添えて

DSC01452.jpg



歴史的なお店には似合わない...( いい意味でね ) お洒落な盛り付けで出てきましたねぴかぴか(新しい)

これ、なかなかおいしかったんですよ。

そして、メインは、
モラヴィア風グイヤーシュ クネドリーキを添えて

DSC01453.jpg



グイヤーシュってのは、ハンガリーで有名な牛肉とパプリカの煮込み料理なんですが、中欧あたりではどこも食べさせてくれます。

でも、やっぱり国によって若干のアレンジはしてますが。

こちらでは、クネドリーキって言う、チェコではめちゃめちゃ一般的な蒸しパンのようなものと一緒に食べるのによく合うような、そんな味付けで出てきました。

先日食べたのは、ポテトのクネドリーキでしたが、今回は正統派というか、伝統的な小麦のものでした。

ま、単独で食べても普通においしいんですけどね。

そしてデザートは、
ホームメイドパンケーキ 蜂蜜とクラッシュナッツをかけて

DSC01456.jpg



ワインも、がっつりいただきましたよ...わーい(嬉しい顔) 当然るんるん

はい、この後お店の奥に行ってみたら、ワインセラーがそのまま残っていましたよ。

DSC01458.jpg



これはボトルキープしてあるのかな?
それとも...

DSC01457.jpg



全部チェコ語で書いてあったので、よくわかんなかったんですが、お食事はおいしくて、雰囲気もとてもよかったってことはわかりましたね。

この日は、他のお客さんは誰もいなくて我々だけの貸し切り状態でした。

でも、ライブ演奏をする人か、DJ の人かもあるみたいで、貸し切りパーティーなんかでもよく使われるそうですよ。


お店
名前 : U Královny Elišky
住所 : Mendlovo namesti 1b, Bruno
TEL  : +420-543-212-578
URL  :
 http://as.ukralovnyelisky.cz/

チェコ第二の都市、ブルノの中心地近く、メンデル記念館のすぐ脇にあるレストラン。
昔のワインセラーを改装した店内は、ちょっと薄暗いけれど、雰囲気はなかなかいいです。
モラヴィアワインも豊富にそろっており、テイスティングもすることができます。
食事もカジュアルですが、しっかりしていて、この町に宿泊するのであれば、ちょっと変わっていていい感じのレストランです。



にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村


  






posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | チェコの食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月31日

フルボカーに戻ってディナー


この日は、ケーキ作り体験や、チェスキークルムロフでのお祭りと、いろいろ周ってホテルに戻ってきました。

シャトーホテルに 2 泊ということなので、2 泊目の夜はホテルではなくって、車で 5 分くらい離れた麓の村にあるレストラン

RESTAURACE HUBERT で。

外観は、ま、普通のレストランなんですが、中に入ったらこんな感じで。

IMG_5762.jpg

IMG_5763.jpg



フルボカー城の中もこんな感じなんですが、昔、王様たちが狩猟をしていたということもあって、また、冬場になるとジビエ料理も出すということもあり、このような内装にしてるそうですよ。

でも、今回いただいたのは、

まずは、モッツァレラチーズとトマトのサラダ

DSC01383.jpg



ま、イタリアでいう、サラダ・カプレーゼですね。

モッツァレラも、水牛バージョンでおいしかったですよ。

そしてメインは、なんとこんな山の中で、

Fride Zander Fillets, potato
ザンダー ( パイクパーチ ) のフライ ポテト添え

DSC01384.jpg



見た目は普通なんですが、普通においしかったですよ。

やっぱり、いいレストランは何食べてもおいしいんですね。

そしてデザートは、

Hot Rasberries, Ice cream

DSC01387.jpg



この、ホットなんとかとアイスクリームというパターン、今回のチェコ旅行でかなり出てきたんですが、定番なのかな?

というわけで、おいしく頂いてホテルに戻りました。


お店
名前 : RESTAURACE HUBERT
住所 : Nad parkovištěm 969 373 41 Hluboká nad Vltavou CZECH REPUBLIC
TEL  : +420 387 965 577
営業時間 : 10:00〜22:00 【 4/1〜9/30 】
       10:00〜15:00 【 10/1〜3/31 】
URL  :
 http://www.restauracehubert.cz/

フルボカーの村の中にあるジビエ料理で有名なレストラン。
観光客が少ない冬場はディナーの営業が無いので注意。
この村の中では有名なレストランなんだが、観光客でここで食事するパターンは少ないでしょう。
もしこの村で食事をするのであればお薦めですが。



にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村


  






posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | チェコの食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする