2016年12月16日

バルセロナの星付レストラン


旅の最後の夜は、
バルセロナのミシュラン一つ星レストラン

世界の料理業界が注目しているスペイン

そこのオリジナリティーあふれる調理方法が自慢のカタルーニャ地方で、ミシュランの星を持っているってのはめちゃめちゃ期待できますよね

というわけで今回訪れたのが、Via Veneto

spain16 (267).jpg



しっかり予約してあるので、それもスペイン人からしたらかなり早い時間の 20:00 過ぎに行ったら、ドアマンさんがドアを開けてくれると同時に、ストレートでテーブルへ。

もう我々がだれなのかわかってるって感じでしたね。

そんな時間に日本人大勢で押し掛けたわけですから

このお店は、1967 年創業で、あのダリも何度ともなく訪れたんだそうですよ。

いつもきまって同じテーブルに座って。

現在のシェフ Sergio Humada 氏は、20 歳の時にはすでに美食の町、サン・セバスチャンで自身のレストランを営業していたらしいです。

というのも、お父さんもサン・セバスチャンでは超有名な料理人だったわけですから、
ま、料理界のサラブレッド的な存在ですね。

彼の料理はバスクの料理が基本になっているんですが、プロフィールを見ると彼の料理スタイルは、
solid cuisine って言われているんですが、なかなか訳せないなぁ...💧

伝統だけにはとらわれず、最新の調理技術を使って料理をする、そういったスタイルなんだそうです。

というわけで、この日いただいたメニューを。

まずは前菜としていろいろなものが出てきましたよ。

FRIVOLITIES “VIA VENETO”
“Gordal” Olive with gelée Vermouth, Parmesan tile with Escala anchovies, Salmon tartar with Greek yogurt, “Pilota” ( Catalan meatball) with cabbage, Cod's fried ball, Croquettes of cured ham 5 Jotas)


VIA VENETO スタイル アミューズ盛り合わせ
「 ゴルダル種のオリーブ 」 ベルモットのジュレ入り、
 パルメザンのタイル エスカーダ産のアンチョビとともに
 サーモンのタルタルとギリシャヨーグルト
「 ピロータ 」( カタロニア地方のミートボール ) とキャベツ
タラの揚げ物
シンコ・ホタスの生ハム入りコロッケ


spain16 (261).jpg



いっしょに盛ってみました

spain16 (262).jpg



もう、全てにいろいろと仕掛けがしてあり、おいしいのはもちろん、とても楽しませたいただきました

これこそ、もう料理のタイトルからは想像ができないですね。

それではお次の料理が、

SAUTÉED SEA-SCALLOPS WITH WALDORF SALAD
(Apple and Girona walnuts, Tudela lettuce hearts)


ホタテガイのソテーとウォルドルフサラダ
( リンゴとジローナさんクルミ、レタスの芯を使った )


spain16 (263).jpg



ホタテの火入れとかも完璧ですね

生のようで生ではない、この抜群の状態

ホタテの味を最大限に引き出しているような、そんな気がしました

そしてもう一皿

IBERIAN PORK WITH MUSHROM RISOTTO

イベリコ豚ときのこのリゾット

spain16 (264).jpg



イベリコ豚のローストは、ソースは何かよくわかんなかったけど、絶妙にあってました

きのこのリゾットは付け合わせ的に来てましたが、きのこの香りがとっても口の中いっぱい広がりました。

最後のデザートは、

MILK ICE CREAM WITH CAKE

spain16 (265).jpg



デザートも優しいまろやかな甘さで、とっても食べやすく、お腹いっぱいになったにもかかわらず、ペロッといってしまいましたよ。

攻撃的な甘さのデザートはよく出てくるんですが、こんなにまろやかな甘さのデザートは、日本以外ではなかなかお目にかかれないと思いましたね

甘いことは甘いんですが、
甘さの中でもいやらしい甘さではなく心地よい甘さでしたよ。

そして、コーヒーとプティフルール

spain16 (266).jpg



なんだかんだで、3 時間くらいゆったりとお食事を楽しませていただきました

ちなみにワインは、写真は撮ってなかったんですが、白はルエダのお店おすすめのもの。

そして赤は、これまたプリオラートのレゼルバで決めてみました。

さすがに世界中から絶賛されるお店

味もサービスも抜群でした

今回は個室だったということもあって、店の中の構造はいまいちよくわかんなかったけど、割と広かったですよ。


お店
名前 : Via Veneto
住所 : Ganduxer 10 – 08021 – Barcelona
TEL  : 93 200 72 44
営業時間 : 13:00 〜 15:30 / 20:00 〜 23:30
定休日 : 土曜の昼と日曜日
URL  :
 http://www.viaveneto.es/

バルセロナの新市街にある、ミシュラン一つ星レストラン。
1967 年の創業以来、ニクソン大統領、ダリ、ウッディ・アレン、ペレなど名だたる著名人も訪れた、地元でも名士などが集うレストランです。
バスクのエッセンスが少し感じられる、カタルーニャ料理をゆったりとした空間で楽しんでください。





関連ランキング:モダンスパニッシュ | サンツ駅周辺





にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村


  







posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スペインの食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月14日

ダリが常連だったレストラン


ジローナからフランスの国境方面に向かってバス 🚌 で 45 分ほど走ったところにある
フィゲラス

ピカソ・ミロと並んで 20 世紀のスペインを代表する画家
サルバドール・ダリの生まれたところとして有名な町です

そんなフィゲラス、人口は 45,000 人ほどの小さな町なんですが、ここを訪れる人のほとんどはダリ美術館に行くということです。

我々もそこに行く予定なんですが、その前に軽く腹ごしらえ 🍴

言ったレストランはフィゲラスの町にある、Duran

spain16 (225).jpg



こちらはホテルにもなっており、建物入ったウェイティングルームには、ダリ関連の新聞や雑誌の切り抜きとか写真なんかが貼ってありました

このレストランは、ダリがよく通っていたそうなんですが、というのもここの主人とダリが友人だったからだとか。

店内は明るいパステル調の、ちょっとおしゃれで可愛らしい感じになっていましたが、
その一角に昔ながらの部屋がありました。

spain16 (220).jpg



この部屋の奥がダリの指定席だったとか...

歴史を感じますね

そんなこんなでこの日いただいたお食事

まずは前菜のスープから。

PUMPKING CREAM WITH CLAMS WITH OLIVE OIL

アサリの入ったパンプキンクリームスープ

spain16 (221).jpg



優しくてほっとする味でした

次のメインは、

VEAL MELLOW IN RED WINE WITH ONIONS

Mellow ってどう訳すといいのかな?

熟成

真空調理

たぶん後者だと思うんですが、となると、子牛の低温調理ってことになりますね。

ものはこれ。

spain16 (222).jpg



トロットロになった子牛のローストに赤ワインソースがかかっている
見た目はとってもシンプルなんですが、何と手の込んだ料理...

ま、手の込んだというか時間をかけた料理ですね。

これにはやっぱり赤ワイン...

2008 Prior SCALA DEI

spain16 (223).jpg



久々に飲みました、プリオラート

スペインの有名なワインと言ったら、
やっぱりいつでもどこでも...という感じの超有名なリオハ
や、
最近脚光を浴びている、リベラ・デル・ドゥエロ
とか、
白だったらルエダ
なんかが出てきますが、
このプリオラートはカタルーニャ地方では超有名な高級ワインになっています

スペインワインの格付では、最上級である DOCa のカテゴリーをリオハとともに持っているんですが、なかなか日本には輸入量が限られてるので、そこまで知名度はないみたいですね。

でも、カタルーニャに来たらぜひとも飲みたいと思っていたので、ここで注文してみました

Shiraz/Syrah ( シラー )

Cabernet Sauvignon ( カベルネ・ソービニヨン )

Garnacha ( ガルナッチャ/グルナッシュ )

Carignan ( カリニャン )

の 4 種類のブドウがブレンドされていて、
とっても力強い風味豊かなワインになっていましたよ。

お食事を堪能した後はデザート。

COOKED VANILLA CREAM WITH RASPBERRY

spain16 (224).jpg



英語だと難しい表現をしますねぇ...

我々の知ってる言葉でいると、クレマコッタ・ラズベリーソースをかけて

になるはずです。

これも甘ったるくなく、普通においしかったですよ

というわけで、フィゲラスに来る観光客はほとんどがダリ美術館に行くってくらい、ダリの町になっています。

ダリが好きな人であればやっぱりここでランチを食べてみたいですね。

現在はバルセロナから新幹線 AVE が走ってるので、1 時間ほどで行けるみたいですよ。


お店
名前 : Duran
住所 : C/ Lasauca, 5, 17600 Figueres
TEL  : 972 501 250
営業時間 : 12:45 〜 16:00 / 20:30 〜 23:00
定休日 : 基本無休
URL  : 
http://www.hotelduran.com/restaurant/

フィゲラスにあるダリ美術館から徒歩 5 分ほどのところにある、ホテル & レストラン。
昔、ダリがよく訪れていたということもあり、ダリファンの方々や、ダリ美術館を見学する観光客なんかに人気のある高級レストラン。
観光客向けらしく、ランチは 12:45 という早い時間から営業しており、お手頃価格で何回転かさせています。
せっかくなので、ダリ美術館観光とセットでお食事を楽しまれるのもいいですよ。





関連ランキング:スペイン料理 | ジローナ空港 (GRO) 周辺




にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村


  






posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スペインの食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月12日

ピンチョス屋さんで大宴会!?


バルセロナ、2 日目の夜は、これまた軽くということでスタッフがレストラン探していたんですが、

バルセロナで軽くつまむんやったらここ!

って僕の大好きなお店に予約をお願いしました

TXAPELA

spain16 (195).jpg



このお店の詳しい記事は、前回行ったときに書いたのでこちらを見てくださいね。

んで、なぜこのお店にしたのかというと、

宿泊してるホテルから徒歩 5 分くらいだし、

人数が多くてもさばききれるキャパもあるし、

好きなものを注文できるし、

おいしいし、

安いし...

でも入店していきなり注文から始めると時間がかかってしょうがないので、
数品はあらかじめ注文しておいて、それ以外はその場で好きなものを注文

この店のいいところは、テーブルにこんな紙が敷いてあって番号で注文ができるってことですよね

で、メニューもあり、それぞれ何なのかが解説してあります。

その解説、日本語もあるんですよ

分かりやすいですね

というわけで、最初に予約した人におまかせで注文してあったのがこちら。

spain16 (184).jpg

spain16 (185).jpg

spain16 (186).jpg

spain16 (187).jpg


spain16 (188).jpg



とここまでで、あとは絵を見ながら注文

spain16 (189).jpg

spain16 (191).jpg

spain16 (190).jpg

spain16 (193).jpg

spain16 (192).jpg



と、軽くつまんで...のはずが、がっつりいってしまいました...

飲み物も、ビールから始まって、バスク地方の微発砲ワインである、チャコリを...

在庫全部飲んでしまいました 💧

あとは赤ワインやらなんやらかんやらと...

で、最後にデザートまで...

spain16 (194).jpg



宴会状態になって、19:30 から 22:30 くらいまでいましたね。

盛り上がりました...


にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村


  






posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スペインの食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする