2017年07月11日

アメリカの歴史が垣間見れる町


そういえば、シカゴって、あんまり観光ってイメージないですよね。

どちらかというとビジネスって感じのほうが強いと思います。

でも、われわれは観光目的

前回書いたシアーズタワーじゃなくって、ウィリス・タワーに行った後、ちょっと歩いて町の中を流れるシカゴ川を渡って...

usopen17 (420).jpg



ってこの雰囲気、どこかで見たことあるなぁ...

って思ったら、道頓堀川とよく似てません???

ま、

道頓堀川ほど狭くなく、

道頓堀川ほど汚くなく、

道頓堀川ほどけばけばしくない...


って言ったら全然違うやんけ

と言われそうですが、何となくそんな感じがしました。

関西人だからかなぁ...

そんなことはともかく、この橋を渡ったところにユニオン駅という大陸横断鉄道の駅があります。

まずは、アムトラック ( 長距離鉄道 ) の駅から。

ちょっと覗いてみたら、でかい客車が止まっていました

usopen17 (425).jpg



そして実際に使われているこの駅のすぐ隣には、昔の駅の待合室があります。

usopen17 (428).jpg



よく映画 🎬 の撮影なんかで使われているところです。

昔はここが駅の待合室だったんですね。

現在の駅はこの右手のずーっとずーっと向こう側にあって、なかなかここまでは人が来ないんですが、たまに空いているので待ち合わせに使っている人たちが多いそうです。

usopen17 (430).jpg



映画 「 アンタッチャブル 」 ではこの階段でも撮影が行われていました。

usopen17 (427).jpg



この駅を見た後は中心地のシカゴ美術館の前へ。

usopen17 (448).jpg



この立派な建物。

アメリカ三大美術館のうちの一つです。

中世の絵から印象派までたくさんそろっていますよ。

で、この美術館の前にこんな看板が...

usopen17 (449).jpg



パンダエキスプレスってのは、全米チェーンの中華料理のお店でフードコートによく入っており、チャーハンとあと数品付けてのセットメニューがお得で...

ってそっちじゃなくって...

ど真ん中にひっそりと立っている看板。

ここが、旧ルート 66 の出発地点だったそうです。

ここを出発して、西海岸のサンタモニカまで、 3,755km の道路が続いていました。

ちょっと汚れていますが、この 66 の看板の下に、BIGIN って表示もありますよ。

シカゴ美術館のすぐ近くなので、ちょっと立ち寄ってみてはいかがでしょう?

さて、シカゴの最後の立ち寄り先は、公園から高層ビル群を見ようとやってきた、

バッキンガム噴水

usopen17 (438).jpg



この世界最大規模の噴水があるグランド・パークという大きな公園は、ブルースフェスティバルやジャズフェスティバルの会場になったり、シカゴマラソンのスタート & ゴール地点にもなる場所です

この噴水は、ケイト・バッキンガムからシカゴ市へ、彼女の兄弟クラレンスの追悼として寄贈されたそうです。

といってもシカゴの歴史に疎い僕はよくわかんないけど...

ま、この家族は絵画のコレクターとしても有名で、
特に日本の浮世絵のコレクションはすごかったみたいですよ。

シカゴ美術館にもいくつかのコレクションがあります。

この噴水の正式名称は、クラランス・バッキンガム記念噴水、ベルサイユ宮殿のラトナ噴水に感化された、ロココ・ウェディングケーキ様式で作られています

夏には、光と音のショーが行われるそうですよ。

そんなシカゴにまつわる話をもう一つ。

シカゴのニックネームいろいろとありますが、定着しているのが、

「 WINDY CITY 」

これは、シカゴの風が、高層ビルに挟まれてビル風になって、とっても風が強いという意味があります。

また、風がいろいろな方向から吹くので、シカゴの空港の滑走路は 8 本、どのような風にでも対応できるようになっています。

確かにこの日も風、ものすごく強かったなぁ...

もうひとつの意味は、

1893 年、シカゴで万博が開かれたのですが、その時に万博を誘致すべく、政治家たちが、いろいろなことを大げさに、誇大に、すごい表現で激論したらしい。

その、「 大げさ 」「 激論 」 というのが WINDY という意味にもあるらしい。

そこから来ているというのも、あるそうです。

ムムム、英語って奥が深い...



にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村


  





posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月10日

超高層ビルが立ち並ぶシカゴ


シカゴはミルウォーキーから 150km ほど離れたところにある、ミシガン湖のほとりの町。

ここは、ニューヨーク、ロサンゼルスに次ぐ、
人口 272 万人の全米第 3 位の町です。

といっても、ニューヨークが人口 850 万人ほどでダントツで 1 位で、次のロサンゼルスは、393 万人ほど。

4 位のヒューストンは 225 万人とあとは、ま、同じような感じで続いて行くんですよね。

そんなシカゴといえば、超高層ビル群が有名です

usopen17 (367).jpg



アドラー天文台前から眺めると、このビルの絶景が楽しめます

usopen17 (370).jpg



あ、ちなみにこれがその天文台ね。

usopen17 (374).jpg



ちなみに、摩天楼という言葉、英語では、「 SKYSCRAPER 」 というのは、このシカゴで生まれた言葉らしいですよ

そのシカゴで一番高い建物は、こちらです。

シカゴ ウィリス・タワー

usopen17 (419).jpg



1974 年に完成し、屋根部分の高さが 442m。

110 階建てのこの建物は、1973 年に完成したニューヨークの、ワールドトレードセンターのツインタワーを抜いて、当時は世界一の高さを誇っていました。

現在は、もっともっと高いタワーが世界中にできて、世界 10 位くらいになったのかな?

と言っても、この名前、あんまり認知度がありません。

長くは、この建物、「 シアーズ・タワー 」 という名称で親しまれていました。

それが、2009 年、イギリスの保険会社である 「 ウィリス・グループ・ホールディングス 」 が、アメリカの進出の一環として、シカゴで最も知名度があるこのビルに入りました。

大型入居契約の中で、このビルの命名権もついでにいただいて、7 月 16 日より、このビルはウィリス・タワーに改称されたということです。

それでは 103 階の展望台からの景色です

usopen17 (376).jpg



遠くに見えるのは、五大湖の一つ、ミシガン湖です。

usopen17 (382).jpg

usopen17 (385).jpg



展望台は結構混んでいます。

usopen17 (383).jpg



こんな面白い一角もありました

usopen17 (395).jpg



高所恐怖症の人はちょっと躊躇しそうですね...

何カ所かあったのですが、そのほとんどが写真屋さんに占領されていて、お金を払って撮ってもらうって場所と化してました。

2 カ所ほど普通に空いていたので、外人さんが撮ってるのをカメラの練習ということで撮ってみました

外がめちゃ明るくてスーパー逆光なので普通に撮ったら人物が真っ暗けになります。

これは、HDR で 露出 5 段階に分けて撮ったので何とかなりましたね

あとはお得意の GIMP という修正ソフトでちょこちょこっと...

HDR で撮るには自動でカメラが何回かシャッターを切って合成するので、しばらくの間被写体にじっとしてもらわないと心霊写真のような出来になるので注意が必要ですよ。

と、こんな写真を何枚も撮って、ここの光のクセを覚えてから本番に挑みました...

いい写真、撮れましたよ


にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村


  






posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月07日

お世話になったレクサステント


昨年に引き続き、今年もやってきました
レクサスホスピタリティーテント

matsuyama17 (61).jpg



スタイル、大きさは昨年とほぼ同じ

matsuyama17 (59).jpg



テントのオープン時間は、8:00 〜 最終組ホールアウト 1 時間後までです。

お食事も、

8:00 〜 11:00 朝食

11:30 〜 15:00 昼食

15:30 〜 ラスト おやつ

と、いつでも食べ物が準備されています

matsuyama17 (83).jpg



ここぞとばかりお野菜を大量摂取しました...

iusopen17 (39).jpg



飲み物も、水・ソフトドリンク・アルコール類と、なんでもいつでも飲めます 🍺 🍸

特に炎天下の観戦で、ゴルフ場内に水の持ち込みができないので、
ここのペットボトルはとっても重宝しましたよ。

アイスクリーム もおいしかったので、ほぼ毎日食べてました...

で、同じくレクサスがスポンサーになっている有名ゴルファーがこちらにやってきて、
トークショー 🎤 &サイン会 もしてくれます。

matsuyama17 (132).jpg



相変わらず、Jason Day はとっても人気で、すごい人が集まってきましたよ。

僕も写真バシバシ撮りましたが、本人に掲載の許可撮ってないので、写真系はアップしていません。

テント前のテラスからも、コースをばっちりみられるんですが、

iusopen17 (60).jpg



やっぱりコースを周ると気持ちいいですね

今回は、テントではネットのライブ中継を見て、外では松山君を追っかけて...

水分補給は必至です。

そんなわけで、結果はハラハラドキドキで、皆さんもご存じの通り、

初日
結局 +2 でホールアウトだったので、これは今年も予選通過は無理かなと思って...

二日目
超調子よくて、神がかったパッティング。
7 バーディ、ノーボギーの 65 でホールアウト。
海外メジャーでの自己ベストスコアを 1 更新して、終わってみれば余裕で予選通過。


三日目
決勝日は、71 でホールアウト。
ちょっと調子を落としたような感じで、通算 -6
全米オープンとしては悪くないスコアなんですが、トップが、-12 で、二位が、-11 とか信じられないスコアのオンパレードで、14 位タイ。
ま、順位よりもスコアが 6 打差で挽回できるかな?


最終日
この日も神がかってた松山君は、なんと 8 バーディ、2 ボギー 「 66 」 と猛追。
バーディをとると歓声で、ボギーだとため息。
もうみんながみんなハラハラドキドキで、このままいけばもしかしたら日本人初優勝 !?
でも、トップのケプカもぐんぐんスコアを上げていき、-11 からスタートして終わってみれば -16 とこれも信じられないスコア。


残念ながら松山君は優勝までは届かなかったけど、
日本人としては初の 2 位タイで終了

めちゃ盛り上がりました

これで世界ランキングも 2 位

歴史的瞬間に立ち会えたことがうれしかったです。

そんなわけで、表彰式も終わり...

iusopen17 (62).jpg



展示してあるレクサス車も見たりして、

iusopen17 (45).jpg

iusopen17 (44).jpg



ホテルに戻りました


にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村


  






posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする