2019年06月16日

サンノゼで軽くランチを食べて


ANA172 便で成田空港より 9 時間 25 分

カリフォルニア州のサンノゼ国際空港に到着しました。

この辺りは大きな空港が密集しており、例えば、ここサンノゼから車で 1 時間半ほど北に走ったところには、西海岸でもロサンゼルス国際空港に次ぐ大きさの
サンフランシスコ国際空港

そしてそのすぐ近く、サンフランシスコ湾をはさんだところには、
オークランド国際空港

と、アメリカを代表する空港がある中、サンノゼ国際空港は
割とこじんまり感のある空港です。

国際線も1日数本しか飛んでないので、
入国審査がとっても楽な空港ベスト3に入っているかな?

サンフランシスコに到着して入国審査となると、1時間くらいかかることもあるしロサンゼルスなんかにおいては1時間以上かかることもざら

ひっきりなしに世界各国から国際線が到着しており、タイミングが悪いと何本も大型機の到着が集中してみんな入国審査場に一目散

トイレなんか行ってようもんなら、
5分くらいの所要時間で1時間くらい待ち時間が増えたりする、世にも恐ろしい空港なんです

その点、サンノゼだとこの時間に到着する飛行機は ANA 便のみだし、ゆっくりと入国審査に行けますね

また、APC という自動入国審査の機械はまだ導入されてないので、入国ブースに行くわけですが、それも非常に簡単で愛想もよく気持ちよく入国させていただけます

その代わり、機内で税関申告書の記入が必要なので、忘れないでね

簡単に入国が終わると、荷物受け取り。

ここもターンテーブルが2台のみとこじんまりしたどこかの地方空港のノリです。

ほんと簡単なので、サンフランシスコに行くときも、
この空港からの方が下手したら早く到着できそうですよ。

そんなわけで、空港無事到着したらなんと...

めちゃ暑い...

あらかじめ調べていったら、今回の目的地は最高気温は 20℃ をきるようなところで、最低気温は 10℃ ちょっとということだったので、長そでをたくさん持ってきていたんですが...

着いたらまさかの 30℃ 越え...

マジか...

現地の人も、ちょっと異常ですよって

でも明日からは本来の気温に戻るし、ペブルビーチはここサンノゼよりも若干気温も低いですからね

とのこと。

とりあえず車に乗って、ランチを食べにサンノゼ市内のレストランへ

行ったところは、

LB Steak - Santana Row

hideki19 (13).jpg



アメリカと言ったらステーキ...なんですが、やっぱり時差の関係と、そこまでおなかが空いていなかったのと、時間があまりなかったので、
ランチのワンプレートを。

LB STEAK SANDWICH$19.00 + TAX + Tip

hideki19 (8).jpg



アメリカの高級ブランド、アンガス牛のステーキをサンドしたもので、簡単にという割には
結構なボリュームでした

付けあわせはポテトとかいろいろと選べたけど、ここは生野菜のサラダ

アンガス牛のプライム・ニューヨークステーキとブルーチーズやマッシュルームなどがサンドされており、ジューシーで肉にくしい味がなんともアメリカーン

hideki19 (11).jpg



よく、アメリカの牛肉は硬くてぱさぱさで...なんていう人が多いですが、
いい肉はアメリカ国内で流通しているんですね。

日本もアメリカの高級なのをたくさん輸入してくれればいいんですが、やっぱりお値段もそこそこするので、なかなかいいビジネスにはならないのかもしれませんね。

そんなわけで、おいしいランチをサクッと食べた後、車で1時間半ほどかけて、宿泊するモントレーの町まで南下しました

ちなみにお昼ご飯を食べた後の気温はこんな感じで。

hideki19 (12).jpg



想定よりも 20℃ も高いやん

これは大変だ...


お店
名前 : LB Steak - Santana Row
住所 : 334 Santana Row, Suite 1000
San Jose, CA 95128
TEL  : (408) 244-1180
営業時間 : ( ランチ ) 11:30 〜 16:00 【 月 〜 金 】
( ディナー ) 16:00 〜 22:00 【 日 〜 木 】
16:00 〜 23:00 【 金・土 】
( ブランチ ) 11:00 〜 15:00 【 土・日 】
( ハッピーアワー ) 16:00 〜 18:00 【 月 〜 金 】
終日 【 土・日 】
年中無休
URL  :
https://www.lbsteak.com/


高級ブランドやデパートなんかが集中しているショッピングエリア、サンタナ・ロウにあるステーキハウス。
シェフのローランド・パソット氏は、フランスの美食の町リヨンで、弱冠 15 歳の時に料理のキャリアをスタートさせました。その後、何人かの有名シェフたちから伝統的な料理の手ほどきを受け、最終的には巨匠ジャン=ポール・ラコンブ の下で副料理長の助手を務めたほどの腕前です。自然の中でのびのびと育てられた、アメリカのブランドであるアンガス牛のステーキをはじめ、和牛も取り揃えており、新鮮な有機栽培の野菜とともに提供されるお料理は地元の人たちにも大人気です。必ず予約をしてきてください。




にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村












posted by まいど! at 06:00| Comment(1) | アメリカの食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月12日

シカゴ名物を何とか空港で


ピザといえばイタリアですが、アメリカでも超巨大なピザの切り売り、有名ですね

ま、イタリアではピッツァって発音してますが、今回はアメリカということで、ピザと書きますが。

そのピザ、アメリカではここシカゴが発祥らしいです。

アメリカに移住したイタリア人が広めたそうなんですが、どちらかというと、ピザというより、パイという感じ。

昔は、「 トマトパイ 」 なんて呼んでいたそうです。

イタリアのピッツァは薄いので有名ですが、あのナポリのは分厚いといってもドテが分厚いだけで、真ん中はそうでもないんですよ。

でもシカゴのピザはキッシュのような、ケーキのような分厚さがあります

そんなシカゴピザの起源は 1943 年、UNO というピザ屋の当時の料理長、Rudy Malnati 氏がアメリカ人用にアレンジして生み出されたと言われています。

そしてその Malnati 氏が独立したお店が Lou Malnati、さらにこれを真似て彼のスタイルのピザを提供する店が増えていくようになりました。

分厚い中には、挽肉やチーズがこれでもかと詰め込まれており、
ほんと当時のアメリカ人が好きそうなものですね。

このピザ、

Dip Deep Dish Pizza
とか、
STUFFED PIZZA PIES
や、
Deep Dish Dutch Oven Pizza

何て呼ばれたりしています。

シカゴ市内にも有名店が数多くあって、いずれも注文が入ってから焼いたりするので結構時間かかるみたいなんですよ。

B 級グルメなのにね

もちろん屋台でも切り売りで購入できるので、滞在中に食べたかったのですが...

なかなか機会がなくて、半ばあきらめていたんですが、ここで最後のチャンス。

帰国日のシカゴオヘア空港のフードコートに...

専門店のような分厚いものではなかったのですが、それらしきものがあったのでとりあえず注文

iusopen17 (79).jpg



いただきまーす

iusopen17 (78).jpg



ま、っぽいっていえばっぽいっかな?

こういうピザとコーラ、めちゃ合います


そんなこんなで、初めてのミルウォーキーと久々のシカゴ

ちょうどいい季節に行った後は、帰国の途に就きました。

iusopen17 (77).jpg



羽田空港には夜到着

iusopen17 (80).jpg



ここから家に帰るのが大変でした...


にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村


  






ラベル:ピザ シカゴ
posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカの食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月09日

本場 !? ドイツビールと料理


ミルウォーキーでは数々の名所があり、どれも行ってみたいところばっかりだったのですが、なかなか時間が取れなくて...

ミルウォーキーに本社があるハーレーダビッドソンのミュージアム

ミラークアーズビールの工場見学 🍺

カラトラヴァが建築したミルウォーキー美術館 🎨

ミラーパークでの MLB 観戦

とかね。

この日の長いミルウォーキーで、朝は日の出前後からホテルを出発して、夜は日没前後に帰ってくるので、どこも閉まってる...

結局どこも行けずじまい...

ま、お仕事ですからね。

そんなわけで、せめて食事だけでもと思ったんですが、これがまた夜早く閉まるんですよ。

21:00 過ぎにはラストオーダーってお店がほとんどで、それ以降開いているところは、いわゆる 「 飲み屋 」 ってところがほとんどです。

なんて健全な町なんだ...

そんなわけで、この日も夜遅くなったので、でもせっかくなのでドイツ人の入植者が多いと聞いていたので、本場のドイツビール 料理でも食べに行こうと、ホテルを出てぶらぶらと。

歩いて 10 分くらい言ったところが、オールドワールドサードストリートといって、石畳の両側には 19 世紀の古い建物が並んでいる地区があります。

そこに目的のお店がありました

お店の写真は撮ってなかったけど、
ミュンヘンの懐かしいホフブロイハウスのロゴが見えて...

Old German Beer Hall

本場のミュンヘンの味をバイエルン州のお料理とともに提供

というコンセプトなので、ちょっと楽しみですね

というわけで店内へ。

21:00 頃はいったのですが、店内はガラガラ。

iusopen17 (83).jpg



長細いお店で、入り口にカウンターと 2 人掛けのテーブル、そして奥にはちょっとした団体さんが入れるような造りになっています。

iusopen17 (84).jpg



週末とかはここの小さな舞台でちょっとした音楽 もやってくれるそうです。

それにしてもミュンヘンっぽいですよね。

iusopen17 (88).jpg



ビールはホフブロイ一色

iusopen17 (89).jpg



ここはやっぱりオリジナルラガーでしょ

それも標準サイズで。

iusopen17 (85).jpg



お食事もいろいろあったけど、やっぱりソーセージの盛り合わせを。

iusopen17 (86).jpg



ビールにソーセージ...

iusopen17 (87).jpg



何も遠いミルウォーキーに来てまで...という人もいましたが、ちょっとドイツ人の入植の歴史を思いながらビールをいただいてきました。

お味もよかったですよ。

ここは夜遅くまでやってるので、便利です

そんなわけで、ミルウォーキーでドイツ料理を堪能させていただきました。


お店
名前 : Old German Beer Hall
住所 : 1009 N Old World 3rd St, Milwaukee, WI 53203-1301
TEL  : 414-226-2728
営業時間 : 11:00 〜 2:00 【 月 〜 金 】
       10:00 〜 2:00 【 土・日曜日 】
年中無休
URL  : 
http://www.oldgermanbeerhall.com/


ミルウォーキーのドイツ人が初めに住み着いた場所の一角にあり、現在は昔ながらの街並みが残っていてお洒落で小さな店が立ち並ぶ一角にあるバイエルン料理のビアホール兼レストラン。
本場バイエルンの食事が本場の雰囲気の中で楽しめます。
現在、ランチタイムはビールを一杯頼んだらソーセージプレートが付いてくるというものや、土日の 8:00 から時差の関係でバイエルンミュンヘンの試合があるときはオープンして朝食をサービスしたりというキャンペーンもやっているので、チェックして行ってみてください。





関連ランキング:洋食・欧風料理(その他) | オヘア空港(ORD)周辺





にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村


  






posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカの食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする