2016年09月21日

ピラトゥスの山岳ホテルへ


今回の最終宿泊ホテルはピラトゥス山のてっぺん、標高約 2100m のところにある、
Hotel Pilatus-Kulm へ。

歴史的建造物に認定されているこのホテルは、1890 年創業の由緒ある山岳ホテルです

1999 年から州の保全指定建造物になっているんですが、でも、2010 年に最新設備を完備したスタイリッシュな客室やテラスに完全リニューアルし、古臭さは全くなかったですね。

もう、山小屋...山のホテル...というよりもシティーホテルといった方がいいくらいのホテルになっていました。

そんな由緒ある建物をここまで大改装していいのかな...なんてちょっと思ったりもしましたが、ま、主要な部分は残しつつモダンな感じに仕立てたんだと思いますけどね

スィートルーム 3 室を含む 全 30 室からなっているこのホテルは、ピラトゥス鉄道の駅から直結しています。

んで、ここに来るには二通りの方法があり、一つがルェルンの町はずれにあるクリーンスという町から
ロープウェイを乗り継いで登る方法です。

こちらはなんといってもルツェルンの町から近いってのと、早く登れるってので人気が高いですね。

そしてもう一つは、アルプナハシュタットって町から登山電車で登る方法があります。

今回は、ルツェルンからアルプナハシュタットまで湖のクルーズをしたので、そのままそこから登山電車に乗って山頂まで。

suiss16 (402).jpg



この登山電車は、世界一急こう配を上る電車ということで有名です。

傾斜度最大 480‰ という世界一急勾配となるラックレール登山鉄道です。

suiss16 (413).jpg



48‰ って言ったら、1m 進むのに 48cm 上るってことですね。

角度でいうと 25.8°

ちょうどエスカレーターをそのまま坂道にして上っていくような感じです。

ちなみに JR の最大勾配は、飯田線赤木 − 沢渡間に 40‰、約 2.3°の勾配があり、最急勾配です。

というといかにこの角度が無茶なのかがわかりますね。

んで、この勾配を上っていく登山電車の方式は、
世界で唯一のロッヒャー式のラックレールです。

はい、出てきましたね、新方式

ロッヒャー式ラックレールの画像は残念ながら撮れませんでしたが、ギアが水平についているんですよ。

19 世紀に技術者ロッヒャーって人がピラトゥス山頂へ鉄道を敷くという計画を発表した時は、ほとんどの人が実現不可能と考えていました。

しかし、1889 年のパリ万博に彼自身が考案した、歯車を2つ噛み合わせた革新的なラックレールシステムにより、同年には総距離 4618m の路線を敷設することができました。

他の方式は垂直ですが、こちらはラックレールのギザギザが一本のレールの左右についていて、それをピニオンがはさんで上るってことで、この急こう配を上っていくことができます

suiss16 (403).jpg



まるでケーブルカーのような斜面を登っていくんですが、自力で登ってるんですよ。

車内も階段になっていて、ケーブルカーそのものですがね。

そして到着したところが展望台にもなっていて、絶景が見渡せます

swiss16 (128).jpg



反対側にはルツェルンの町がきれいにね。

suiss16 (405).jpg



ピラトゥス山はいくつかのピークがあって、一番高いのがトムリスホルン2132m です。

この展望台からもいくつかの簡単なルートがあって、それぞれのピークに行けます。

suiss16 (407).jpg



ピラトゥスって名前は、イエスに処刑の判決を下したとされる古代ローマの総督、ポンティウス・ピラトゥス ( ピラト ) にちなんでおり、ピラトゥスの亡霊がたどり着いたという伝説があります。

そのため、中世はこの山に登ることは禁じられていたそうです。

また、別の伝説によると、この山に大昔に竜が住んでいて、人々や家畜を焼き尽くしたとか、また遭難した人を助けたというものもあり、竜はピラトゥス山のシンボルマークとなっています。


そんなわけで、ホテルチェックインしてちょっとそのあたりを散歩して...👟 👟 👟

こちらはホテルの部屋から上ってくる電車を撮ってみました 🎥




そして、終電や終ロープウェイが終わって人が少なくなったころ、ホテルが準備してくれたウェルカムドリンクタイムとなりました


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村


  






posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月20日

ルェルンの旧市街のお散歩


続いてルツェルンの旧市街を少し歩いて 👟 👟 👟 みました

旧市街で目立つのは噴水がたくさんあること。

旧市街広場にもいっぱいありました

そのうちの一つを撮ってみたのですが、こちらはフリッチの噴水

suiss16 (397).jpg



1918 年に作られた、ネオ・ルネッサンス様式の噴水です。

なんでも 15 世紀の謝肉祭の盛り上がりを表しているとか...


そして、ルツェルンの旧市街にある建物の特徴の一つに、
建物の壁に絵が描かれているのが目立ちます 🎨

こんなのとか、

suiss16 (390).jpg



こんなのも。

suiss16 (394).jpg


まだまだたくさんありますので、探してみてくださいね

こういう壁画は、よくガイドブックなんかにはフレスコ画なんて書かれていますが、広義でいうと、フレスコ画かもしれませんが、漆喰を塗った上に直ぐに描く技法だと、とてもじゃないけどこんな外に描いたら、もたないです。

これは、セッコという技法で、簡単に言うと、壁に接着剤入り絵の具で直接描いたものです。

なので、フレスコのような繊細で細かな絵は描けませんが、屋外仕様の溶剤を用いることで、風雨に耐えることのできる絵を描くことができます。

ということで、こういった絵を見ながらお散歩するのも、ルツェルン旧市街散策の醍醐味ですね。


そんなこんなでお散歩した後お昼ご飯を食べて、クルーズに乗りました

suiss16 (376).jpg



にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村


  





posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月19日

ルツェルン旧市街のカぺル橋


ルツェルンの町にやってきました

天気予報を見ると、10:00 〜 14:00 のみ であとは ...

ユングフラウエリアから移動中に雨も降ってきたりして、
いよいよ今日は雨なのかな... 🌂 も手元に用意。

しかし、ルェルンに着くころ ( 10:30 頃 ) には雨も上がり、
今回は天気予報が当たってよかった...

この日の旅の予定は、ルツェルンの湖の遊覧 🚢 とその後ピラトゥスの山に登ってそこのホテルに宿泊

はい、ラストの山岳ホテル宿泊に向けての移動です。

湖のクルーズまでちょっと時間があったので、ルェルンの町をちょっと歩いてみました

まずは有名なカぺル橋ですね

ルツェルンのカペル橋といえば、旧市街のハズレ、ロイス川にかかるルツェルンを象徴する約 200m の歴史的な橋です。

1333 年に作られた屋根付きの橋で、外側にゼラニウムが飾ってあったりなんかして、それがルツェルンの街にぴったりです

suiss16 (374).jpg



というか、この橋がないとルツェルンが成り立たない...
それくらい街に馴染んでいるランドマークです

suiss16 (375).jpg



橋を渡り切ったところからも振り返って撮ってみたんですが、こちらから見ると手前の八角形の塔は、43m の水の塔 ( Wasserturm ) と呼ばれているもので、昔は監獄なんかにも使われていたそうですよ。

suiss16 (379).jpg



この橋は残念ながら、1993 年に火災のとき、ほとんどが焼け落ちてしまいました

その時の絵葉書も売っているくらい、衝撃的な事件でしたよ。

でも、そのあと、ほぼ完璧状態にまで復元しました

コマカーいところを見ると、ちょっと違う...
ってなところもあるんですが、大体以前のとおり復元させました。

橋の中には、ルツェルンの守護聖人の物語が、約 110 枚のパネルで掲げられています。

suiss16 (384).jpg

suiss16 (380).jpg



古い部分と新しい部分とが目立ち、何となくちぐはぐ感もありますが、今後も大切に保存していってほしいですね。


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村


  






posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする