2014年12月06日

最後はみんなでイタリアン


さて、最終日、スルジ山に上った後、ドブロブニクの旧市街でちょっとお買い物なんかをして、その後数人で軽くお昼を食べようと。

以前、というかちょうど 4 年前に一人でランチを食べたところをちょっと探して行ってみることにしました。

旧市街のメインストリートである、プラツァ通りからちょっと入った路地にあることは覚えていたんですが、後は前回行った時のお店のテーブルの写真を頼りにちょこっと探してみました。

というのも、大事なお客さんと食べるときは、あまり冒険せず ( たまに冒険しますけどねわーい(嬉しい顔) )、
実際、自分自身で食べたことがあり満足したレストランにやっぱり案内しますよね。

お店の名前も正確な場所も覚えてなかったのですが、全体的な漠然とした記憶と、写真に写っていた一部のテーブルクロスの柄から判断して見つけました手(チョキ)

Mea Culpa

CIMG4565.jpg



そうそう、こんな感じだったね。

細い路地にまでテーブルがぎっしり。

CIMG4566.jpg



そういえば、ドブロブニクは、アドリア海を渡ったらイタリアと、非常にイタリアに近いので、イタリアの文化も結構入ってきています。

というわけで、超ばかでかいピッツァを注文。

CIMG4563.jpg



そしてスパゲティ―も。

CIMG4561.jpg



このお店教えてもらったのは、「 町で一番のピッツェリア 」 ということだったのですが、確かにとてもおいしくいただけました。

本場イタリアとほとんど変わりのない、ピッツァでしたよぴかぴか(新しい)

ま、
他のドブロブニクのお店でピッツァ食べてないので比較しようがありませんが...たらーっ(汗)

で、パスタもそこそこおいしかったわーい(嬉しい顔)

イタリア以外ではかなりの高レベルだと思いまするんるん

一皿の量が多いので、数人で行ってシェアするのがちょうどいいかもしれませんね。

最後にお店に、トリップアドバイザーのステッカーが貼ってあって、後でホームページ見たらどれもこれも高評価。

納得ですね手(チョキ)


食事の後は空港に行って、フランクフルト経由で帰国。

こちらが、その時の飛行機。

飛行中コックピットが開きっぱなしだったので、思わず写真撮ってみましたわーい(嬉しい顔)カメラ

CIMG4567.jpg



平和ですねわーい(嬉しい顔)


お店
名前 : Pizzeria Mea Culpa
住所 : Za Rokom 3, Dubrovnik 20000, Croatia
TEL  : +385 20 323430
URL  :
 http://www.meaculpa-pizzeria.com/

ドブロブニクの旧市街メインストリートから一本入ったところにあるカジュアルイタリアン。
店内もそうですが、夏場のテラスで気持ちいい風に吹かれて食事するのも雰囲気があっていいです。
手軽にイタリアンをいただけるのと、一皿の量が多めですので、数人で行ってシェアするのがいいかもしれませんね。
ちなみに、Dubrovnik Card を持っていると 10% 引きになるそうですよ。



にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村


  





posted by まいど! at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | クロアチアの食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月03日

ドブロブニク最後のディナー


ドブロブニクの最後は、高級レストランるんるんNAUTIKA へ。

って、ここ、ドブロブニクの高級レストランの代名詞的存在になっているんですが、オーナーさんが売りに出していて、今までのナウティカはこれが最後かな?

今年の 11 月に新しいオーナーさんになるらしくって、それ以降のサービスはわからないけど、ま、今回がおそらく最後のナウティカということで行ってみました。

あ、新しいオーナーさんになったら、サービスや味がどうなるかは分かりませんよ。

良くなるのかそうじゃなくなるのか...

それはこれからのお楽しみ...わーい(嬉しい顔)

ということで、今回も個室で。

CIMG4541.jpg



まず皆さんそろって、クロアチアのスパークリングワインで乾杯。

CIMG4546.jpg



せっかくなので、TOMAC のロゼにしてみました。

珍しいですからね手(チョキ)

以前行ったときにあったので、目星をつけていたんですぴかぴか(新しい)

今宵のメニューは、
前・前ローマ法王のヨハネ = パウロ二世がいらっしゃったときに召し上がったという、

ローマ法王メニューなるもの。

これをちょっくらアレンジしたものだそうです。

というのも、本物のローマ法王メニューってのは

「 メインのゆで魚があんまりおいしくないと結構不評だよ 」

と事前にレストランから連絡があり、

「 我々が思うにグリルにしたほうが全然おいしいと思うけど、どう?」

って言われたので、それじゃぁ、お勧めの方でということで、そっちに変えたというわけです。

というわけでメニュー、いってみましょうわーい(嬉しい顔)るんるん

まずは前菜で、

Lobster Medaliaons Korcula Style
ロブスターのメダリオン コルチュラ島スタイル

CIMG4547.jpg



コルチュラ島ってところは、ダルマチア地方のアドリア海に浮かぶ島で、
かのマルコ = ポーロが生まれた町としても有名です。

ここの料理の特徴は、やっぱりイタリア料理に近いということと、アドリア海の新鮮な魚介類とオリーブオイルを使っているということらしいですね。

こちらもそんなに量も多くなく、おいしくいただけました。

って言うか、たまたまですがスパークリングワインにもヒットしましたよわーい(嬉しい顔)

そしてお次。

Fish Consomme
魚のコンソメスープ

CIMG4549.jpg



写真に撮ったらジミーな感じなんですが、魚介類のエキス豊富でおいしくいただけました。

ええ仕事してますなぁ...わーい(嬉しい顔)

なんて言いながら手(チョキ)

それから、

Scampi Tails Dubrovnik style
手長海老のむき身 ドブロブニクスタイル

CIMG4550.jpg



ドブロブニクスタイルというか、この店のオリジナルというか。

手長海老本来の甘みが口の中に広がってきましたよ。

ここら辺までは白ワインで攻めていました。

CIMG4548.jpg



お店の人お勧めのワインで、よくわかんなかったけど、ダルマチア地方のマルバジア主体のワインです。

さっぱりとはしていましたが、程よく濃くもあり、シーフードの濃厚さにも負けず、またさっぱりとした食事にもあいました。

そしてメインです。

シーフードグリル

CIMG4551.jpg



おしゃれに盛ってきましたねぇるんるんるんるんるんるん

こちらが、そうです。
お店の人が、茹でたのよりグリルしたほうが全然おいしいよ、とアドバイスしてくれたお料理です。

お魚はタラのような感じでしたが、やっぱりこっちの方が正解でしたね。

量的にもちょうどよく、完食手(チョキ)

そしてデザートが、

Konavle Cake

CIMG4552.jpg



Konavle っていうところはドブロブニクよりちょっと南の地名で、ワインもよく取れるところらしいです。

そこのトラディショナルケーキ、見た目はこれも地味ですが、いやらしい甘さは無く、フルコースを食べた後でもしっかりと食べられました。

そんなこんなで、最後の夕食にふさわしい、ゆったりと豪勢なディナーでした。

最後、ちょっと夜景を見てからホテルへ帰りましたわーい(嬉しい顔)るんるん

CIMG4542.jpg

CIMG4545.jpg



夜景も綺麗ですね夜


お店
名前 : NAUTIKA
住所 : Brsalje 3, 20000 Dubrovnik
TEL  : +385 20 44 25 26
営業時間 : 12:00 〜 24:00
URL  :
 http://www.esculap-teo.hr/restaurant_nautika_jp.html (日本語)

ドブロブニク旧市街入口のピレ門の外、アドリア海に面した断崖の上にある超高級レストラン。
アドリア海の食材を使ったシーフード料理はとても定評があります。
室内は 20 人くらい収容の小部屋に分かれていて、それぞれ内装が違います。
また、夏場の昼間は、是非テラス席でアドリア海やそこに浮かぶ砦などを見ながらのお食事はとても雰囲気がいいでしょう。

昔は前ローマ法王のヨハネ=パウロ二世や、小泉元総理大臣も訪れたこともある、
VIP御用達の由緒正しい、正統派レストランです。



にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村


  





posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | クロアチアの食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月25日

ドブロブニクの旧市街で夕食


サラエボの観光が、思いのほか押して、押して、押して...

第一次世界大戦前後のお話というかレクチャーがすばらしくて、時間がかなりたってしまい、次の目的地である、クロアチアのドブロブニクでは、先にチェックインしてから改めて食事に行きたかったけど、とてもそんなわけには行かなくなり、直接レストランへ。

夕食は旧市街の中にある、1886 年創業のレストラン、Proto です。

CIMG4534.jpg



旧市街のメインストリートにあって観光の途中なんかにも便利ですよ。

シーフードのとっても有名なレストランです。

2階はテラスにもなっていて、夏場は気持ちいいですよ。

結構有名なレストランで、6年ほど前、女優の菅○美穂さんも訪れたそうですよ。

そんな場所で今回いただいたのは、

Cold Platter “ Proto ”
“ プロト ” スタイル前菜盛り合わせ

CIMG4489.jpg



このお店オリジナルの前菜盛り合わせでした。

ダルマシアのハムやらアンチョビやら、白ワインに最っ高ですよ。

で、ワインは、もちろん始めはで、

CIMG4490.jpg



Kunjas Pošip 2012

Pošip っていう、クロアチア原産のブドウを用いて造ったワインは、ダルマチアを代表する品種です。

さっぱりとしているんですが飲み応えもあり、シーフードにも最適ですね。

有名なマルヴァッジアよりかは全体的に濃い目で、濃い味付けの魚料理なんかによく合いそうですよ。

そして次にでてきたのは、

Clear Fish Soup en Tasse
シーフードコンソメスープ

CIMG4492.jpg



クリアなんですが、濃厚な魚介類のエキスがたっぷりってところでした手(チョキ)

続いて、

Shrimp in Saffron Sauce
小エビのサフランソース

CIMG4493.jpg



海老がとっても美味ぴかぴか(新しい)

ここまでは白ワインにばっちりでしたね。

そしてメイン

Tenderloin Steak “ Libertas ”
テンダーロインステーキ

CIMG4494.jpg



なぜここで肉になったのかは不明ですが...

これにはやっぱり赤ワインでしょうわーい(嬉しい顔)

CIMG4491.jpg



Plavac Mali というブドウはダルマチア地方で広く栽培されている赤ワイン用のブドウで、アメリカのジンファンデルと同じ種類だといわれています。

濃厚で薫り高いワインは、肉にもすごく合いますね。

肉はちょっとパサパサっぽかったけど...

そしてデザートは

Fruit Salad with Ice Cream
フルーツサラダとアイスクリーム

CIMG4495.jpg



そして最後に

Cheese from The Island of Pag
パグ島産のチーズ

CIMG4496.jpg



パグ島ってのは、イストラ半島のちょっと南にある島で、ここの特産品がチーズらしいですよ。

潮風にさらされた牧草を食べた羊のチーズは、独特な豊かな味わいがあることでも有名です。

羊自体も特産品なんですが、なんか、フランス・ノルマンディーの 「 プレ・サレ 」 に似てるような...
ま、羊肉の方は食べたことないので何とも言えませんけどね。

というわけで、たっぷりと食事を食べた後、ホテルに向かいました。


お店
名前 : PROTO
住所 : Široka no. 1, 20 000 Dubrovnik
TEL  : +385 20-32-32-34
営業時間 : 11:00 〜 23:00
URL  :
 http://www.esculaprestaurants.com/?proto=dubrovnik&dubrovnik=restaurant

ドブロブニク旧市街のメインストリートから少し入ったところにあるシーフードレストラン。
新鮮な魚介類を使った伝統的な料理を提供してくれます。
日本のガイドブックにも載っている、メジャーなレストランです。
ランチ特別メニューは 11:00 〜 16:00 まで提供しており、こちらはカジュアルに食べられます。
素材のよさを十分に引き出した料理は、十分満足できることでしょう。
ちょっとお洒落に食べるには良いレストランです。



にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村


  




posted by まいど! at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | クロアチアの食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする