2017年01月08日

本格派ギリシャコーヒーです


ギリシャコーヒーは 「 フィルターしていないエスプレッソ 」 なんてよく言われたりするくらい濃いコーヒーですが...

エスプレッソよりも細かく挽いた豆を一人前小さじに山盛り一杯くらいを 「 ブリキ 」 と呼ばれる銅製の小なべに入れます。

砂糖を入れるタイミングに特徴があるのですが、
飲むときにではなくコーヒーを作るときに入れます

その時の砂糖の量の違いによって、

そんなに甘くない “ スケト ”

普通の甘さの “ メットゥリオ ”

しっかりとした甘さの “ グリコ ”

の 3 種類の呼び名となります

作り方は、まず水とコーヒーの粉と砂糖をブリキにいれてよくかき混ぜます。

その後ブリキを火にかけるのですが、ここが神経の一番の使うところ

コーヒーが沸騰して周辺から泡立って来るのですが、

「 ふつふつ泡立ってきたら火から離すを 3 回繰り返したら火からおろす 」

というのが定番らしいですが、1 回沸騰させて出来上がりというパターンもあります。

このあたりのタイミングがとても大切で、もしも煮立たせすぎたら、
焦げ付いたりして味も苦くなり香りも飛んでしまうので気を使いますね

ブリキからカップにコーヒーを注ぐ時は、表面に出来た泡を潰さないように丁寧に注ぎます

この泡がコーヒーの味をより豊かなものにするそうです。

飲むときは勢いよく...ではなくって上澄みだけどすするように飲むんですが、飲んだ感じ、なんとなくの粉っぽさといい、砂糖の甘さといい 「 お汁粉 」 を飲んでるようです

greece16 (52).jpg



このお汁粉コーヒー...20 年ほど前まではギリシャを旅行していて 「 コーヒー 」 と注文するとほとんどがこれで、日本式のコーヒーを飲みたければ 「 ネスカフェ 」 と言ってインスタントコーヒーを飲むしかなかったのですが...


現在ではだんだんとこのギリシャコーヒーを飲む文化も変わってきていて、レストランやカフェでコーヒーというと日本式のフィルターコーヒーかエスプレッソが定番となっています

古臭い...

面倒だ...

飲む人が少ない...


などといったことが原因みたいですね

ギリシャコーヒーがあったとしても機械式で入れているので、どうしても本来の味と香りは楽しめなくなってしまいます

本格的に出してくれるお店が少なくなっているのが寂しくも感じますね。


ちなみにこういったコーヒー文化はトルコと共通していることもあり、
トルコでコーヒーを注文してもこのような形で出てきます

ギリシャが独立する前まではともに同じ国でしたからね。

そしてコーヒーを飲んだ後のカップに残った豆の残りの模様で占いをする、コーヒー占いも昔からの伝統です

最も今回いただいた喫茶店では、そこまではしてませんでしたけどね。


にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村


  






posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ギリシャの食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月21日

アテネ最後の食事は夜景とともに


メテオラからアテネまで、約 6 時間のドライブバスダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)

そしてそのまま夕食のレストランへ。

今回のヨーロッパ旅行ギリシャポーションの最後は、
アテネでパルテノン神殿のライトアップを見ながらのディナーです。

DIONYSOS BY THE ACROPOLIS

アクロポリスの丘に行く駐車場の近くにあり、アクロポリス側は全面ガラス張りの長細いレストラン。

店内からはこんな感じでパルテノン神殿が見られますぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

CIMG4697.jpg



人物も入れたりして...わーい(嬉しい顔)

CIMG4696.jpg



なんか、パンフレットのような写真に見えません...?わーい(嬉しい顔)

というわけで、テーブルセット。

CIMG4695.jpg



おーっとぉexclamation×2

早速シャンペンが注がれていますねバーわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

ではまず、

Fava from Santorini islands with prawn, cherry tomatoes and basil oil

サントリーニ島産ソラマメのスープ エビ、チェリートマト、バジルオイルとともに

CIMG4698.jpg



豆のスープにありがちなざらざら感はなく、とっても滑らかな口当たりでしたるんるん

いくらでもいけそうですね。

そして、

Variety of fresh salad with lettuce, endive, rocket, cherry tomatoes and citrus vinaigrette

レタス、エンダイブ、ルッコラ、チェリートマトのサラダ シトラスのドレッシングをかけて

CIMG4699.jpg



さっぱりといただけましたね。

メインは、

Grille fillet of fresh fish with caper and herbs

本日の魚のグリル ケッパーとハーブとともに

CIMG4701.jpg



というわけで、本日の魚はツナ ( マグロ ) でした。

ま、これはこんなもんかな?

デザートは、

Mastic mousse with red cherries

マスティックムースとさくらんぼのジャム

CIMG4703.jpg



マスティックってのはエーゲ海に浮かぶヒオス島に原生している木の樹液で、古代ギリシャ時代からこれをそのまま口に入れて噛む習慣があったそうです。

特にご婦人たちに人気が高くて、歯を輝かせ丈夫にするほか、口臭を甘い香りに変えてくれるとたいへん評判のいいものであったそうです。

胃の痛いときにこの樹液を噛むと何故か胃の痛みが消えると信じられていました。

現代ではこの樹液が、胃の中のピロリ菌の除菌に有効とか、虫歯や歯周病の予防にもいいとかで、これを使用したガムや歯磨き粉、化粧品といった日常ものから、外科用の手術用品にまで幅広く使われています。

そんな樹液を使ったムース...

って言われないとごく普通のムースに感じるようなデザートでした。

どれくらい入ってたのかな...?

というわけで、最後の夕食を楽しんだ後、車に戻る前にもう一度パルテノン神殿を眺めて...

CIMG4708.jpg

CIMG4705.jpg


そしてホテルに戻りましたわーい(嬉しい顔)


お店
名前 : DIONYSOS BY THE ACROPOLIS
住所 : 43, Rovertou Galli St. 11742 Athens, Greece
TEL  : +30 210 9231936
営業時間 : 12:00 〜 1:00 【 年中無休 】
URL  : 
http://www.dionysoszonars.gr/eng/restaurant/about-us


アクロポリスの丘のふもとのレストラン。
店内ほぼ全席からパルテノン神殿が眺められる。
特に夜は高級な雰囲気に変わり、ロマンチックなライトアップを見ながらギリシャ料理を楽しめます。



にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村


  





posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ギリシャの食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月20日

メテオラの山を下りてランチ


修道院観光の後は、山を下りてカランバカの町に入り、そこのレストランでランチ。

O KIPOS TOU ILIA

CIMG4694.jpg



テラス席と店内の席があって、なかなか小ぎれいなレストランですよるんるん

こちらもギリシャ料理で、まずは

野菜のグリル

CIMG4687.jpg



トマトの肉詰めとロールキャベツ

CIMG4689.jpg



中身はこんな感じでしたわーい(嬉しい顔)

CIMG4690.jpg



お肉とライスが入っていて、おいしかったですよるんるん

そしてサラダ

CIMG4691.jpg



とこのあたりをビールやワインと一緒にいただいた後、メインはミックスグリル

CIMG4692.jpg



芳ばしい匂いで食欲がそそられますよ。

ほんと、素朴な料理や家庭料理的なもので、それがまたなかなかいけるんですよね。

ゆっくりと時間をかけてワイワイといただいた後は、デザートでしめ

CIMG4693.jpg



ちなみにここ、結構な有名人も訪れているみたいですよ。

入り口に写真とサイン & コメントが貼ってありました。

どっかで見た顔も結構ありましたよ。

日本の芸能人も何人か来たことがあるみたいです。

星 由里子 さんとか、河井 我聞 さん、恩田 千沙子 さんなどなどですね。


お店
名前 : O KIPOS TOU ILIA - Elias' Garden Restaurant
住所 : 149, Trikalon Str. Kalampaka (Meteora) 42200 Greece
TEL  : +30 ( 24320 ) 23218
URL  :
 http://www.gardenrestaurant.gr

カランバカの町にあるギリシャ郷土料理のレストラン。
日本人の口にも合う優しい味付けで我々を楽しませてくれます。
店内もギリシャの田舎らしい雰囲気で、店員さんもフレンドリー。
楽しくお食事できますよ。



にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村


  






posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ギリシャの食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする