2016年12月20日

洞窟のクリスマスマーケット


ドイツのケルンから車で 1 時間半 🚌 💨

国境を越えてオランダに入り、マーストリヒトのすぐ近くにある小さな町に立ち寄りました。

ファルケンブルクという町は、かわいらしい小さな町。

そこで近年とっても有名になりつつあるのが、
世界でも珍しい洞窟のクリスマスマーケット です。

ローマ時代から町の建設のために、石灰質と泥質の混ざったマール岩を採掘していた岩盤にできた洞窟を 30 年ほど前から冬の一時期のみクリスマスマーケットに改装したところです

町の中心地からちょっと外れたところ...といっても町自体が小さいので、外れといっても数百メートル...

洞窟はそこ辺りに
ヘメーンテ洞窟 Gemeentegrot

フリュウェーレン洞窟 Fluweelengrot
との 2 ヵ所があるんですが、そのうちの一つ、フリュウェーレン洞窟に行ってみました

ヴァルケンブルクの洞窟クリスマスマーケット、
数年前には世界の 10 大クリスマスマーケットにも選ばれたとかで、いやー期待に胸が膨らみますねぇ

町の中心地から入り口に向かうと、まず共通切符売り場に長蛇の列...

そのあと、へーメンテ洞窟の入場のための長蛇の列...

こちらはヨーロッパでもっとも古く、訪れる観光客もとっても多いとのことですが。

その先に、目的のフリュウェーレン洞窟入場のための長蛇の列...

土曜日ということもあったので、かなりの列は覚悟していたんですが...

そんなわけで、行列に並んで...約...1 時間

xmas16 (30).jpg



こんなに並んでたんですよ。

xmas16 (31).jpg



切符を買ってようやく入り口にたどり着きました。

xmas16 (29).jpg



ここでちょっとしたことをして、合法的に...列を飛ばさせていただき、10 分ほどは短縮できたかな?


洞窟に入るといろいろな展示物から始まり、

xmas16 (11).jpg



ショップも。

xmas16 (12).jpg



迷路のような洞窟で、昔はヴァルケンブルク城からの脱出ルートでもあったとかで、一旦入ると迷子になる...ことはなく、洞窟内は一方通行で、他の場所は行けない仕組みになっています。

なので、迷子になるってことはないのですが、自分がどの辺を歩いていて、あとどれくらいあるのかは全然わからなかったですね。

洞窟だけあって、壁にも天井にも様々な装飾が

xmas16 (15).jpg



中はクリスマスグッズを扱う店はあったんですが、あんまり関係のないかばん屋さんとか、何かの実演販売とかが半分くらい占めてましたね

こちらはアロマのグッズ屋さん。

xmas16 (20).jpg



こちらはクリスマスグッズを売ってるお店。

xmas16 (21).jpg



何となくいい感じですね。

こちらはクリスマスにはあんまり関係のない、レトロな看板を売ってるお店。

xmas16 (22).jpg



でも洞窟の両側にはお店が並んでいますよ。

xmas16 (18).jpg



基本フラットで坂もほとんどないので、歩きやすいです。

こちらはおなじみイエス誕生のシーンですね。

xmas16 (25).jpg



中にはトイレ 🚻 ( 50¢ 有料です ) やカフェ なんかもありました。

xmas16 (26).jpg



だいたいカフェで半分くらいですね。

目安にしてみてください。

この後もどんどん続いて...

xmas16 (28).jpg



出口となりました。


この洞窟、第二次世界大戦の終わりごろ、ドイツに攻め込まれたファルケンブルクの住民たちは、解放軍のアメリカ兵の到着を待つ間、約 600 人は洞窟に避難し、6 日間ここで過ごしたそうです。

そんな歴史もあるファルケンブルクの洞窟クリスマスマーケット、一度いらっしゃってみてくださいね。

ただし超人気なので、週末は避けた方がいいかもしれませんね。


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村


  






posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | オランダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月06日

国立公園でプチサイクリング


アムステルダムから帰国する日。

ドイツとの国境近くにある、クレラーミュラー美術館にちょっと立ち寄りました。

ここでは印象派の絵がたくさん展示されていますが、中でもゴッホの絵が充実しているんですよね

前回行ったときにその辺のことはちょっと書きましたので、こちらからね。

国立クレラー=ミュラー美術館へ

ゴッホの作品を中心に見学


ここの美術館は、オランダ最大といわれている、
デ・ホーヘ・フェルウェ国立公園の中にあります。

この公園は、5500 ㏊ という広大な敷地で、原生林と古代に植林された森林が混在しており、鹿やイノシシなどの野生生物などもたまに出てくるそうですよ。

今回もまた美術館を見学した後、そのままデュッセルドルフに抜けて帰国する予定なんですが、まだまだ時間があったのと、とっても天気が良かったので、自転車でちょっと公園内を走ってみることにしました

この公園内には、1700 台の無料貸自転車があり、園内数カ所に貸出所があります。

ちょうど美術館の近くにもあったので、乗ってみました

もう、無人なので、勝手に乗って行っていいみたいですよ

で、別の自転車置き場に勝手に置きっぱなしにしておいてもいいみたいです。

公園内には自転車道が整備されていて、車の心配がなく楽に走れます

森の中を走るのは気持ちがいいですね




一応右側通行は守ってくださいね。

もう一つ気をつけないといけないのが、この自転車ハンドブレーキがついてなくて、ペダルを逆回転させて止める、コースターブレーキになっています。

微妙なブレーキコントロールのコツをつかむまではちょっと変な感覚ですが、慣れるとそうでもないですよ。

もっともそんなに飛ばして運転しませんからね。

でも、癖でペダルを逆回転とかたまにするので、その辺はすぐのすぐには慣れませんけどね 💧


ま、ここにきて時間があったらちょっとサイクリングするのもいいかもしれませんよ


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村


  






posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | オランダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月04日

アムステルダムの街角より


以前はアムステルダムの町のシンボル的な建物、中央駅をちょっと記事にしましたが、今回もそちらから...

CIMG8117.jpg



ま、駅のこと、町のことは前の記事を見てくださいね

というわけで、今回も同じようなところを歩いてみましたが、こちらが市内中心地のダム広場

CIMG8116.jpg



の近くに、オランダの国民的ファストフードとも呼べるコロッケの...

自動販売機がありました

CIMG8118.jpg



アツアツのコロッケが € 1.60

割と大きいですよ

でも、この機械はおつりが出ないので注意してくださいね

というわけでぶらぶら歩いて...

こちらはちょっと外れたところにある、アンネ・フランクの家

CIMG8119.jpg



アンネの日記で有名なこの家。

昔はもっともっと普通の家の建物で、もっとリアル感があったのですが、今は入り口だけですがこんなに立派な建物になってしまいました...

もちろん中に入ったら、当時の様子が見られるそうなんですが、何かねぇ...

それに予約を取らないとものすごい長蛇の列なので、最近はちょっと見学が難しいですよ

そしてまだまだぶらぶらと歩いて...

工事がとても多いアムステルダムの町ですが、やっぱり運河が流れていて昔ながらの建物が多くて...

CIMG8120.jpg



絵になりますねぇ...


ちなみにアムステルダム近郊は干拓地や埋め立て地が多く、ほとんどフラットなので、自転車が発達しています。

また、石が取れないので、建物は他のヨーロッパの石造りの建物とは違い、
レンガ造りの建物がほとんどです。

そのあたりも、ちょっと他の町とも違って異国情緒 ⁉ 漂いますね。


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村


  






posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | オランダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする