2017年12月05日

フードコートでトリュフ料理


そしてメルカートの上の階にあるフードコートへ🍴

前回はこんなのをいただきましたが、今回は...

まずは一通りぐるっと回った後、やっぱり気になったのはこのお店

buonoita17 (109).jpg



そう、トリュフ屋さんですね

白トリュフも思いっきりあって...

buonoita17 (110).jpg



ほとんど一番乗りで白トリュフのリゾットを注文

「 10 分ちょっとしたらできるから...」

って言われて、10 分ちょっとしたら、まさに作ってる最中

リゾットの上にこれでもかってくらい、白トリュフをかけてくれていました




ここまでかけてくれると気持ちいいですね。

buonoita17 (112).jpg



はい

buonoita17 (114).jpg



なんか見ようによっては鰹節のようにも見えなくもないですが...

正真正銘の白トリュフのリゾットです。

これで、€49ってかなりのお値段になりましたが、みんなで取り分けたらそれほどでもないんですよ。

これ全部一人で食べるとさすがに飽きてきそうですが、みんなで取り分けで、一口・二口くらいであればちょうどいい感じになります。

で、せっかくなので白トリュフのもうひと品目

buonoita17 (113).jpg



白トリュフのタリオリーニ

こちらはプロモーション価格で、€29

って、破格の値段やん

これもみんなで分けて。

このお店、フィレンツェ市内にレストランもあるから、ゆっくりと食事するときはそっちでね

ちなみにここにトリュフの模型があったんですが、20017 年 11 月 27 日、オークションで、
世界一高い値段で落札されたんだそうです。

その重さ、約 1.3kg

落札価格、US$ 330,000

だって

ほら

buonoita17 (111).jpg



そのトリュフ模型の写真も撮ったんですが、うまく撮れなかったので次回ゆっくりと撮ってみますよ。

さて、お昼はトリュフ料理だけではなく、こちらの豚肉のグリル

これめちゃ美味しかったんですよ

buonoita17 (116).jpg



ちょうどお店を探していたら、新規オープンしたお店がありました。

一カ月前に来たときにはなかったので、ほんとつい最近なんですね

その店の前で何があるのかなと眺めていたら、中から店員さんが

「 試食どうぞ 」

って豚肉のローストを出してくれたので、いただいたら、

「 んま

なので購入しました

それと、その横のいい香りをしていたやつも試食させてもらったら、

「 これまた、んまっ

ということでお買い上げ

それが、この牛ほほ肉の煮込み

buonoita17 (116).jpg



それと、これもずーっと気になっていた、

キャニーナのハンバーガー

buonoita17 (118).jpg



みんなで食べるから、4つに分けて切ってってお願いしたら、快く切ってくれました

これが肉肉しくってジューシーでサイコー

みんなで取り分けてワイワイと楽しみながらランチをいただきました。

それにしてもここのフードコートはレベル高いですよ


にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村








posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | イタリアの食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月04日

晩秋のメルカート@フィレンツェ


前回のメルカートから一か月後のメルカート。

前回は、トリュフやポルチーニなどのキノコ類が満載でしたが、今回は全くなく、でも乾燥ポルチーニがたくさん出ていました

buonoita17 (82).jpg



乾燥ポルチーニといってもいろいろな種類があるようで、香りのとってもいいものや肉厚の物など。

乾燥ポルチーニは一年中手には入りますが、この時期でないとなかなか手に入らないようなものもそろっていて、かなり見ごたえがありました

そしてこちら。

buonoita17 (80).jpg



そうですね

昨夜、天ぷらと生サラダでいただいたアーティチョークです。

これも瓶詰になったりして一年中あるんですが、この時期が旬なんですよ

で、旬でないとなかなか生ではいただけないので、とっても貴重です

その時期ならではの食材を探すのであれば、メルカートが一番ですね

最近、日本人の店員さんもいらっしゃるところもあるので、いろいろとアドバイスしてくれますよ

また、宅急便なんてのぼりを立てているお店もあって、ワインとか買ったら日本まで送ってくれるみたい

どういう手続きなのか、また今度行ったら聞いてみますね。

で、こちらは日本ではあまり見かけない豚さん

buonoita17 (79).jpg



日本人は哺乳類の頭がドーンってあると引いてしまいますが、お魚は大丈夫ですよね。

逆に欧米人はお魚の頭がドーンとあると、ぎょっとするみたいです。





おあとがよろしいようで...💧


にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村








posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | イタリアの食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月03日

フィレンツェの町をぶらぶら


そんなわけで、フィレンツェの旧市街、もうちょっと行ってみましょう

ヴェッキオ橋からだと次の有名スポットは、ウフィッツィ美術館

こちらのことはおいといて...💧

そのお隣にある、ヴェッキオ宮殿

buonoita17 (75).jpg



1299 〜 1314 年にかけて建設され、かつてのフィレンツェ共和国の中央政庁がおかれていた宮殿で、現在は市庁舎となっており、様々な行事にも使われています。

buonoita17 (107).jpg



ここでちょっと前まで日本人の間でも有名だったのが、
この市庁舎で結婚式を挙げることです

騎士や貴族に囲まれた伝統的なフィレンツェ風の結婚式が挙げられ、フィレンツェ市公認の婚姻証明書を発行してもらえます。

そして、
そのまま馬車に乗ってフィレンツェの名所を巡って記念写真を撮る...

そんなことが結構流行っていて、僕もちょこちょこ目にしたことありますが、最近は日本人はめっきり少なくなって、代わりにアジアの他の国の方々がウェディングドレス姿で、記念写真をたくさん撮ってる姿を目撃するようになりました。


この宮殿のシンボルにもなっている時計塔ですが、アルノルフォの塔と言って高さ 95m あります。

buonoita17 (108).jpg



その昔は、ここにコジモ・デ・メディチや、殉教者サヴォナローラが監禁されていたらしいです。

そのため塔の内部は容易に脱出できないような作りになってるみたいです。

そしてもう少し歩いていくと、ドゥオーモが登場

buonoita17 (93).jpg



花の都フィレンツェにふさわしい巨大た建物ですね

なんかこのアングル、いつもと同じような気がするんですが...

こちらは、洗礼堂・大聖堂・鐘楼の三点セット

buonoita17 (76).jpg



そしてここからもう少し入っていくと、観光客の姿がちょっと減ってくるんですが、でも有名なメディチ家の霊廟がある、サン・ロレンツォ教会があります。

buonoita17 (77).jpg



正面入り口は何となくのっぺらぼうのような感じですが、これ、ミケランジェロに設計をお願いしようとしたんですが、未完成に終わったとされています。

建物全体はブルネレスキ、内部装飾はドナテッロがメインに設計したということで、正面以外は素晴らしい建物ですよ

そしてそのわきの路地には、たくさんの屋台が出ていて...

buonoita17 (78).jpg



この先にはサン・ロレンツォの中央市場があります。


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村


  






posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする